« あれま! | トップページ | お名前は? »

2007年4月10日 (火)

嫌いなの。

雷が大嫌いな我実家の『ちろさん』。

雷が鳴ると全身を震わせて『怖いの・・・(泣)』と言う目で必死に訴える。

そして『△?¥…◆♯※○!♭』と言う、スサマジイ泣き声と共に近所の倉庫の中まで脱走する。

     

夏は夕立のオカゲで脱走してばかりで近所に迷惑掛けるし、どっか行っちゃっても困るし・・・と言う事から、雷が鳴ると玄関の中に避難する事にしています。

    

でもって、玄関の中ではまだまだ怖いらしく、繋がれたリードを目一杯伸ばし、そのままだと自ら首吊りするよ?と思われる程、リビングの近くまで近寄り、前足で顔を隠しながら震えているので・・・

『仕方なくリビングまでお招きする』事になるのですが・・・

     

その後が面倒くさい。

     

Photo_6

この画像が何を言わんとしているのか、広い世の中ですから、お分かりになられる方もいらっしゃる事でしょう・・・。

   

   

   

    

Image018_3

撫でろってね。

はいはい。撫でればいいのね、撫でれば。

    

でもね、雷の事、気にしてないの?

   

鳴ってるってば、今。

    

そうなんです。

    

雷が鳴っていようとも、『人が側にいる=撫でて貰える』と言う策略図がちろさんの頭の中で出来上がっている以上、頭の上の手を止める・撫でるのを辞めると、この様に前足で催促が入ります。

    

『撫でろってば。』とでも言いたそうに・・・。

    

それでも無視します。

すると・・・

    

鼻先で手を掘り返す様にし、自分の頭を手の下へ入れ、『撫でろよ。』と言う目で見つめます。

    

それでも無視すると・・・

    

膝の上に乗って、背中を向け、振り返りながら

『どうよ?この体勢だと撫でたくならねぇ?何かほれ、可愛いべ?』

と言う目で見つめます。

     

これが雷が鳴って家の中にいる間、ずぅ~~~~~~~っと・・・。

    

疲れんだよね、お前、重いし・・・。

|

« あれま! | トップページ | お名前は? »

ちろさん。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれま! | トップページ | お名前は? »