« 1番下のドア。 | トップページ | キャットケージの板。 »

2007年5月 2日 (水)

中段・上段。

で、引き続きキャットケージのドア作成。

中段・上段はお猫様が寛いだり遊んだりする場所なので、別に隠さなくても良いからペットサークルを使ってみました。

   

市販されているペットサークル(組み立て式)のドアの部分だけを4枚購入。

ドアのサイズは600×600なので、その中に納まればいいのですが、木材で枠を作りたかったので、535×850と言うサイズのドア付ペットサークルをWEBで購入。

で・・・、

    

木材に加工をします。

その際に、トリマーと言う機械を購入しました。

木材に溝を掘ったり、木材の角に模様を入れながら面取りが出来ると言う、日曜大工好きにはもってこい!!な機械。

今回買ったのは、RYOBIのトリマーです。
ホームセンターで¥8,800-でご購入致しました。

    

木材に8mmのストレートビットで深さ約2cmの溝を掘ると、ペットサークルが確り入ってガタつきもなく収まります。
ただし!!
ペットサークルのメーカーによっては厚みが違うので、確認してから溝を掘って下さいね。

ちなみに今回使ったペットサークルはアイリスと言うメーカです。

   

で、木材に溝を掘ったら、ドア枠に合わせてペットサークルをぶった切ります。

その際、番線カッターなる物を使いました。

うちは商売柄番線カッターなんて代物がありましたが、普通のお宅では無いと思います。
なので、サンダーでチュイ~ン!!と切るのがお勧めです。

材質に合った歯を使えばなんでも切れるので、サンダーはお勧めです。

   

で、ドア枠を組みながらカットしたペットサークルをはめ込んでいくと・・・

   

070503_14311

こぉ~んな感じのドアが出来上がると・・・。

簡単・簡略・簡潔な説明でごめんなさい。

でもね、これ、私が自分で考えて、自分で悩んで、何度も設計図描いて、何度も計画を練って作ったの。

だから、細かい所は企業秘密。(笑)

   

ちなみに、このキャットケージは1800×1200のサイズです。

どんだけデカイんだ!!と思われるかも知れませんが、何しろ、ここに入るべきお猫様がデカイので、デカクなきゃ~ダメなんです。

もちろん、人間だって入れちゃいます。

   

で、

070503_14261

中はこんな感じ。

今の所、中板は留めてありません。
お猫様が来てから、お猫様の様子に合わせて留めたり加工したりします。

でも、お猫様の成長段階に合わせて板を動かせる様にしたいので、板のサイズは400×600を4枚用意しました。

大きくなって移動が自由に出来る様になったら、板に200φの穴を開けて上下に移動出来る様にする予定です。

で、下段・中段・上段の高さは600㎜です。
なので、子猫が上下に移動するには少々無理があります。

なので、途中に300×400の板を下段床から300の高さに取り付け、中段にも下段床から900の高さに取り付けました。

要するに階段だいねぇ~。

   

ちなみに、下段の様子はこんな感じ。

070503_1427

|

« 1番下のドア。 | トップページ | キャットケージの板。 »

キャットケージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1番下のドア。 | トップページ | キャットケージの板。 »