« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

人間語の理解能力。

こんにちわ。久々に御猫様の記事をば・・・。(笑)

   

御猫様と生活するにあたって、人間との共同生活ですから、犬と同じく 『躾け』 は大切な事ですが、昔から 『御猫様には躾けは無理』 と言う風潮がありまする。

しかしですね、御猫様にも躾けは出来ます。

   

犬の様には行きませんが、御猫様の性格・性質を利用すれば簡単で御座います。

   

まず、これをされると結構困る事案として上げられるのが

『テーブルの上に乗る』 と言う行動。

   

しかしながら、御猫様の性質上、高い所に上るのは本能で御座います。

御猫様を飼うにあたって飼育者が考慮するべき点は、

『平面積よりも高低差』

だと私は思っております。

犬は高い所を好みません。なので平面積が必要になります。

しかし、御猫様の性質としては

『強者が高い所の好位置をテリトリーとする』

のが性質なので、ほんの少しでも高い所に上がるのは本能なのです。

   

これをふまえると・・・

『御猫様がテーブルの上に登る』

と言う行動の意味が理解出来ます。

    

テーブルの上に上る際、そこには何がありますか?

もしかしたら、御猫様を引き付ける何かがあるからこそ上るのではないでしょうか。

    

『夕飯の時に良く上るのであれば、食事に興味があるから上がる。』

『テーブルクロスの端にジャレていて上がる。』

『人がそこで何かの作業をしているので、撫でて欲しくて上がる。』

等など・・・。

御猫様には御猫様の理由があってテーブルに上がる訳です。

   

では、それを阻止出来るのか!?と言えば、阻止出来ます。

   

そこで必要なのは

『御猫様の人間語の理解能力』

   

特殊でも何でもありません。

名前を呼ばれると 『ン~?』 でも 『ニャーン』 でも 『尻尾をクネクネ』 でも、何かしらの反応をするならば、人間語の理解能力有りだと私は思ってます。

   

なので、テーブルに上がったら 『ダメ!』 でも 『降りて!』 でも 『やめて』 でも良いので、普段よりキツイ言い方をしながら降りる様に仕向けます。

   

我家の方法としては、降りる方向に向かってお尻を軽く押しながら 『降りて』 と言いながら催促するのですが、玉三郎さんはこれで完全に降りてくれます。

小次郎はまだまだ理解能力が玉三郎よりは無いので失敗する事もありますが、それでもご飯の時以外は成功します。

   

で、これを繰り返しやっていると、

『降りて』

と言うだけで降りる様になります。

   

『ホントかよ~!?』

と思われる方もいると思いますが、先代の黒猫“あんちゃん”は、この一言でテーブルからでも、膝の上からでも、ベットの上からでも、木の上からでも、どこからでも降りてくれました。

で、『降りて』 と言う言葉を覚えた後に、どこかに上がろうとしているタイミングで 『ダメ』 と言う言葉を発しながら、鼻先に手の平を差し出す行動で御猫様の行動を阻止し続けると、『ダメ』 の言葉1つで、やろうとしていた行動を阻止出来る様になりました。

お陰で、娘1・2番目が産まれた時にも“あんちゃん”は健在だったのですが、子供の布団に寝る事もなく、子供に乱暴をする事もなく、子供の食事に手を出す事もありませんでした。

   

しかしながら、御猫様の本能を全て阻止していると、御猫様にはかなりのストレスになります。

なので、御猫様の性質を考慮した対応を人間は取らなければなりません。

   

例えば・・・

『日当たりの良い出窓を御猫様が気に入っていれば、そこだけは上がって良い場所として人間様が譲る』 とか、

『御猫様の性質を考慮してキャットタワーを設置する』 とか、

『御猫様が気に入る場所で、人間が問題ない場所を作る』 とか・・・。

    

『御猫様は平面積よりも高低差』 の法則をふまえて考えると、自ずと問題行動の解決策は見つかります。

    

難しく考えずに、

『御猫様は高い所が好き。だから上がって良い高い所を増やしてみる。』

ってだけで良いんです。

   

例えそれが、ダンボールを2段積み上げた天辺でも、本棚の中の一部でも、テレビの上でも、何でも良いんです。

    

『でもでも~、うちの子ずっと言ってても聞いてくれなぁ~い!!』

って時は、最終手段です。

   

我家の玉三郎さんも、小次郎さんも、先代の“あんちゃん”でさえも、最終手段は食らっておりまする・・・。

   

それはね・・・

   

    

    

『デコピン』

   

   

   

体罰はいけないです。

叩く、殴る、蹴飛ばす、は絶対にしないで下さい。

   

けどね、デコピンは効きます。

   

例えば、テーブルの上にお刺身があったとしましょう。

御猫様は一目散に飛んで来ます。

もちろん、目の前のお刺身に一点集中している御猫様に

『降りて』 だの 『ダメ』 だのと言う言葉は届いてません。

でも、お刺身は御猫様の事を考え、人間の心理からして譲れません。

そんな時に繰り出されるのが

『デコピン』

   

   

だからと言って、子供の頃の様な 『魂を込めた一発』 をお見舞いしてはいけません。

   

『ダメ!!』 と言いながら、鼻先に軽ぅ~く一発、入れてみて下さい。

御猫様は目を細めながら、『や、やめて・・・』 と言う顔をするはずです。

その時に、何時もよりもキツイ言い方で

『降・り・て』

と言いながらお尻を押して降りる方向に催促します。

そうすると御猫様は、お刺身に一点集中していた気持ちを抑制してテーブルから避難します。

   

ここで、アフターフォローを忘れない様に。

缶詰をあげるとか、ご飯をあげるとか、お刺身とは別の方向に気持ちを持って行ってあげて下さい。

もちろん、少量のお刺身を、何時も食事をする場所であげても良いです。

とにかく、人間の意見を通した後は 『御猫様の意見も通す』 事を繰り返していれば、御猫様の躾けは必ず出来ます。

   

   

我家の玉三郎さんはそうでもないのですが、小次郎さんは 『缶詰を開けた音』 に無茶苦茶反応します。

その反応たるや、『己を制止出来ない興奮で、右も左もない錯乱状態』 と思える程の状態に陥ります。

なので、食事の用意をするテーブルで缶詰をお皿に出す時は、小次郎さんはパニック状態です。

缶詰を開けるとテーブルには飛び乗るし、お皿に取り分ける際には、お皿の周りでウロウロしてお皿をひっくり返すし、こぼしてしまっても悪びれないし、こぼした缶詰の中身に飛びついて体中缶詰だらけになるし、オチオチ取り分ける事すら出来ませんでした。

なので、私の 『デコピン』 が炸裂しました。

   

おかげで、今でも缶詰を開ける音に過剰反応はしますが、取り分けている手元に来る事はなくなり、テーブルに上がらずに、椅子の上で背伸びしてテーブルの上を覗きながら

『缶詰ぇ~!早くソレちょうだぁ~い!!わぁ~い♪わぁ~い!!♪彡』

と鳴いて踊って騒いでおります。

   

その姿は・・・、

『3~4歳の子供が、大好きなプリンをおやつに用意している母親の足元で、スプーンを持って喜びながら歓喜の踊りを披露している』

かの様な状態です。(爆)

   

玉三郎さんも 『デコピン』 は食らっておりますが、食事に対しての反応が穏やかな玉三郎さんは、違う意味で食らいました。

   

それはね・・・

   

   

   

   

『成長期真っ盛りである生後半年位の時に、自分がこの家のボスになろうとして勇猛果敢に私に勝負を挑んで来た時、“お前にボスの座は譲らん!”とばかりに繰り出した一発』

で御座いました。(笑)

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑ブログへのご訪問、ありがとう御座います。
 今日も『ポチッとな♪彡』を宜しくお願いします。
 あなたのひと押しが、更新の励みになってます!

※~※ P・S ※~※
私の体調が優れず、更新の出来ない時でもご訪問下さっている方が沢山いて、
『一日でも早く記事が書きたぁ~い!!』と言う気持ちでいっぱいです。o
(^-^)v
これからもブログの応援・ご意見、宜しくお願いします。m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

・・・(汗)

こ、こんにちわぁ・・・・・・・・・・・。

   

お、おひ・・・、おひさし・・・、、、、、

   

お久しぶりぃ・・・・・・・・・・・・。

   

   

あは、あはははは・・・。

   

   

   

全然更新出来なくてごめんなさい!!

   

   

   

実は、つわりが酷くてですね、ここ2週間ほど

『自宅のベットの上でひきこもり』

しておりましてですね、PCの前に座る事すらなかったので御座います。

   

おまけに、玉三郎さんと小次郎さんのお世話は

すべてお父ちゃんにお任せ♪彡

しておりまして、私はと言えば・・・

   

   

『2~3日に1回、撫で撫で♪彡スリスリ★彡しにくるだけ』

   

   

と言う生活をしておりました・・・。トホホホ・・・。

   

   

しかしですね、それではやはり間に合わず、シャンプーも全然やってないし、ブラッシングも大してやってない御猫様連中は、既に・・・

   

『ワレワレのボサボサの野良クーン』

   

に降格しておる訳です。

   

この現状を打開するには、私が奮い立たねばならない訳でして、本日の復活に至ったと言う訳です。

   

    

でもねぇ~、御猫様連中をシャンプーするにしてもねぇ~、

    

『自宅が嵐が過ぎ去ったかの様な悲劇的な惨状』

    

では、どうする事も出来ませんので、まずは自宅の掃除からでしょうかねぇ・・・(汗)

   

    

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑結構サボってしまいましたが、
 これからもポチッと宜しくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

ぎょえぇ~!!

ちょ、ちょまてよ。

キムタクですか???

   

そうじゃなくて、いつの間にか・・・

   

   

   

カウンターが3000超えてるしっっっ!!

   

   

   

何処の何方だったんでしょうか・・・。

管理者の私にも判らず・・・。

   

   

こぉ~言うところがちょっと足りない感じのココログよねぇ~。

   

   

   

    

でも・・・

   

   

   

   

   

   

プレゼント作らずに済んじゃったかも・・・(^m^)

   

つわりが結構酷くって、今はご勘弁だったので助かった感もあるけど、誰だったんだろうなぁ・・・。

   

   

   

あと、あとぉ~!!

   

ブログランキング・にほんブログ村へでのランキングが10位台に入りました!!

これもひとえに、私の気儘な記事ばかりのこのブログに訪問して下さる方々のおかげです!

   

本当にありがとうございます。m(_ _)m

   

これからも御猫様との私生活を暴露しながら、御猫様談義に花を咲かせて行きたいと思っております。o(^▽^)o

    

そして、そして・・・

   

Img_1557_1_4

Sbsh0006_6

この2匹の可愛い息子達も宜しくお願い致します。(^0^)ノ

   

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑誰が踏んだか知らないが、3000人ものお客様に我家の
 玉三郎と小次郎をお披露目出来て、飼い主(?)冥利に尽きます!
 これからもポチポチ♪っと応援宜しくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

猫のシャンプーについて。

世の為人の為にならない人生を送って来たワタクシねぇさんですが・・・
(いや、これホントの話なのよ、奥さん・・・。)

ここいらで人生の転機を図る為、趣味でもあり・人生の一環でもあり・切っては切れない御猫様とのご縁について、ブログ等と言う媒体を使ってノンベンダラリと申し上げている訳ですが・・・

    

御猫様のシャンプーについて、少々語らせて頂きましょうかねぇ・・・。

   

時は猿事・・・

   

ウッキー!!

   

    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    

ま、まぁ、お約束と言う事で・・・(笑)

   

カレコレ15、いや、20年前。ワタクシねぇさんが、まだまだうら若き乙女の頃。
(そんな時期があったのか!と言う突っ込みは削除。)

友人の兄上が拾って来た黒猫を貰う所から、ワタクシの御猫様とのご縁が始まる訳です。

その御猫様、名を 『ポチ』 と申しまして、赫々云々・・・ありまして、飼い主が修学旅行中に 『あんちゃん』 と変名。眼光鋭く金色に瞬くその瞳と、黒々とした毛艶の良い毛並みは、まさに 『黒豹』 を思わすかの様なお姿。

その御猫様に惚れ込んだ私は、『お前は死ぬまで私と一緒だぁ~!』 と言い聞かせ、丸13年と半年、一緒に住んでおった訳です。

  

で、そのあんちゃん。

シャンプー等と言う事は、貰われて来た時に全身ノミだらけでワタクシが悲鳴を上げた時と、その後予防の意味を兼ねて洗った時の2度しかした事がなく、あまりにもホコリだらけになると濡れタオルでゴシゴシ拭くとか、時々土路箒でサッササッサ♪彡と玄関タイルと共に掃く位しかした事ありませんでした。

それでもセルフグルーミングで綺麗なもんでした。

外猫の御猫様はいくらシャンプーしても、乾いて外に出れば路地裏で 『ゴロ~ンゴロ~ン』 とのた打ち回るのが関の山ですから、洗う手間と労力と苦労を考えると、洗う必要はそんなに無いのかな?と思いますが、完全室内飼いの御猫様となると、そうは問屋が卸さない話でしょうねぇ・・・。

時期が来れば毛も抜けますし、毎日一緒に寝起きしていれば、匂いも汚れも気になるでしょう。

そんな悩みを解決してくれるのが 『シャンプー』 と言う手段だとは判っていても、いざ洗うとなるとどうすれば良いものか・・・と考え悩むのが 『御猫様好きたる所以』 でしょう。

    

で、ペットショップでもホームセンターでも御猫様のシャンプーはあるものの、品揃えは如何なものか・・・と思う程に少ない。匂いばっかりの物もあるし、一番肝心な汚れ落ちがイマイチな物もある。

   

これ、台所洗剤より落ちない・・・なんて品物もあるから驚きっす!

   

我家の御猫様の様に 『血統書』 なんてシロモノがおまけに付いて来ちゃう御猫様ですと、大体が 『御猫様飼育のプロ』 が控えておる訳でして、その方々にシャンプーの方法等を聞くと、色々と教えて下さる訳です。

   

がっっっ!!

   

ここで1つ肝心な事が御座います。

俗に言うシャンプーには 『ペットで飼う場合のシャンプー』 と 『ショーに出す為のシャンプー』 があるのです。

    

ペットで飼う場合のシャンプーとしては・・・

1、汚れや匂いが気になる。
2、皮膚の状態を健康に保つ為。
3、抜け毛の軽減。
等が理由でシャンプーを行う訳ですが・・・

ショーに出す為のシャンプーはと言うと・・・

1、猫の見た目を良くする為。
2、被毛のコンディションを上げる為。
3、ショーキャットとしての価値を上げる為。
等の理由で、『飼い主の理由で洗う』 と言うよりも 『他人からの見た目を良くする』 意味合いの方が高くなる訳です。

もちろんペットで飼う場合の意味合いを含んでいるので、ショーに出ない時期にもシャンプーはしますが、その場合のシャンプーはペットと同じ範囲での 『汚れ落とし』 をメインにしている方が多いみたいです。

    

しかしですね、ペットで飼われる御猫様がショーの時みたいなシャンプー(犬の世界ではショーグルーミングなんて言い方もします。)が必要なのか?と言われれば、『そこまでしなくても・・・』 と言うのがプロのご意見。

だって、ショーグルーミング用のシャンプーを揃えるのは高価な買い物にもなるし、御猫様にも結構なストレスにもなる事をわざわざする事はないと思うのです。

   

でね、玉三郎と小次郎は去勢してもショーに出す為、私が四苦八苦しながら各御猫様に合うグルーミング方法をあみ出してる訳なので、いろんなシャンプーを購入してる訳です。

でも、ショーに出すのは年に数回。

じゃぁ、その他の時期はどうするの!?

と言うと、ペットと同じシャンプー(汚れと匂い落とし)程度のシャンプーしかしません。

    

   

ちなみに、玉三郎のショーグルーミングは、スタッドテイル落しからドライアップ(乾燥)までで正味2時間を要します。

   

そんなの、2週間に1回とか毎週とか、ぜってー無理っっっ!!

おまけに、計画を立てて数週間前からショーグルーミングを完成させるなんて・・・

   

    

    

貴様ぁ~!何奴っっっ!!

と、いくら愛する我家の御猫様と言えども言いたくなる訳ですよ・・・(泣)

   

トライアルセットにその他の物を含めて数万円は掛かっているグルーミング用品。

これがフルボトルとなるといくらになるんだか・・・と、しみじみ考えながらシャンプーをしているねぇさんでした・・・(泣)

   

   

御猫様を綺麗にしたいのは飼い主の性ですが、お財布と家計に響かない程度に・・・。

   

ご利用は計画的に。ですよぉ~!!!!!

   

   

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑ねぇさんのショーグルーミングが成功する様に、
 シャンプーへの投資金が水の泡と消えない様に、
 (我乍ら巧い事を言うなぁ・・・)
 応援の1ポチッ♪をお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

執事のご意見。②

今回も 『誹謗・中傷・反対論』 をおっしゃらない様にお願いします。(笑)

   

御猫様は 『私の趣味の一環』 であるのは全開お話しましたが、では・・・

『我家の御猫様をショーに出す』

と言うのは何なのか。

そこんとこをお話してみましょう。

   

まず、CATSHOWとは何なのか。

そこんとこをお話しないとご理解頂けないと思うのですが、ここでお話するのは

『あくまでも私の考えであって、どっかの団体の考えではないのでご了承下さい。』

   

私の考えるCATSHOWと言うのは、単なる御猫様自慢ではなく・・・

『その猫種のスタンダードを固定化する為の、繁殖者による人間様の意識改革を踏まえた懇談会』

だと思ってる訳です。

『安易な考えでの繁殖をすると、こぉ~んなスンバラシイ御猫様にはならないのよぉ~』 
と、ブリーダーさん達が行動と態度で見せ付けている面もあると私は思ってます。

   

健全なブリーダーと言われている方々は、繁殖する時に真剣に考えてますよ。

我家で言ったら、玉三郎のブリーダーさんも、小次郎のブリーダーさんも、可愛いだけで繁殖している訳じゃないし、儲かると思って繁殖してる訳じゃない。

だってさぁ、私が譲って頂いた金額で儲かる訳ないじゃん。

    

御猫様の出産後にどんだけ時間を費やしてると思うのよ。

どんだけ神経使って世話してると思う?

   

儲かると思ってる方々は、御猫様の出産に付き合って徹也なんてしないから・・・。

   

それに、プレミアムフードなんてあげないし、引渡しの日に色んなおまけなんて付けてくれる訳ないじゃん!!

   

儲け主義の人は、いいとこ 『100円のネズチュー1個』 付ければいいモンでしょ。

それすらない人だっているはずだ!!

   

   

で、話を戻しまして、我家の御猫様をショーに出す理由。

それはね・・・

   

   

『私の飼育方法が間違っていないか確かめる為』

でもあり・・・、譲って頂いたブリーダーさんに

『あなたの家で産まれた仔猫はこんな子に育ったんですよ~。』

と見て貰って、『あの子は今でも元気かしら・・・。ちゃんとお世話して貰ってるかしら・・・』 なんて心配しないで安心して貰いたい為。

   

それと、『自分ちの御猫様を、“どぉ~だぁ~。カッコいいだろぉ~”』 と、見せビラビラかしたい為。(笑)

   

でもね、玉三郎さんはいい顔してるんですよ。

親馬鹿と言われてもいいです。

   

   

『うちの子はカッコいいんだっ!!』←断言。(笑)

   

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑こぉ~んな親馬鹿なねぇさんに、
 愛のポチッとな♪をよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

執事のご意見。

えぇ~、ワタクシねぇさんのご意見を述べさせて頂くのですがね、あくまでも

『私の考え』

でしかないので、あまり 『誹謗・中傷・反対論』 をおっしゃらない様にお願いします。(笑)

   

   

我家の御猫様 【玉三郎】 と 【小次郎】 ですが、この御猫様方は、私のペットでもあり家族でもあります。

『ペット』 と言うカテゴリーをどの様に思うかはその人次第だと思うのですが、私の中での 『ペット』 と言うものはですね・・・

『人間の趣味の一環』 だと思っている訳です。

   

その人の趣味となれば尚更の事、好きな人もいれば嫌いな人もいる訳でして、それを 『優しくない』 だの 『薄情だの』 と申すのは如何なものかと思う訳です。

   

ちなみに、我母は大の御猫様嫌いでした。

おまけに、義母も御猫様嫌いだったようです。

   

しかしながら、我母は先代の黒猫【あんちゃん】 にて、御猫様嫌いを克服。
と言うか、自ら御猫様を入手して可愛がるまでの御猫様好きに変身。

義母は、玉三郎に会えば 『玉!玉っ!!ほれ、こっちこい!!』 と、追い掛け回す。
と言うか、ムンズと捕まえて抱っこするまでに変貌。

   

その2人に 『猫嫌いじゃないの???』 と質問すると、有り得ないお返事が・・・。

   

   

『自分ちの猫は可愛いのよ。それに、猫は犬みたいに吠えないし、匂いもないし、抱っこして撫でると、気持ちよさそうにしてるでしょ?あれ見ると、やっぱり可愛いなぁ~と思うのよ。』

  

   

『猫嫌い』 って何なんでしょうか・・・。

   

『あの目が嫌い』 だの 『性格がどう猛』 だのと言って、私が御猫様を飼う事すら反対していた母2人だったのに、

『自分ちの猫は可愛い』

って・・・

   

   

   

     

もう・・・

   

   

   

    

   

どんだけぇ~!?┐(´~`)┌

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

シャンプーの結果。

秋だねぇ・・・。

   

栗、美味いよねぇ・・・。

   

シャンプーの話だよねぇ・・・。

   

    

食欲が勝るよねぇ・・・。(笑)

   

   

と言うのは嘘です。

つわりで柿も栗も食いたくないっつ~の!!(泣)

   

でも、玉三郎さんのシャンプーはやりました。

   

新しいシャンプーの結果はねぇ・・・。

   

   

   

いいかもしんない。 (*´ノд`){コッソリ・・・

    

   

あのねぇ、何て言うのかなぁ・・・。

ドライアップが終わった途端、『玉さん、毛質変わった???』 と思う位フワフワになった。

   

おまけに、スタッドテイルもスッキリ♪”・サッパリ★彡落ちた。

   

   

先日、小次郎のブリーダーさんから 『シャンプーの裏技的な事』 を教えて貰ったのですが、今回はあくまで 『基本に忠実』 をモットーにシャンプーの使用方法通りに洗ってみたんですが、それでもラファン・・・よりはショー向きなのかな?と思う様ないい感じ♪

   

やっぱ、ショーで使う人が多いのは何となく判る。

   

スタッドテイルの汚れ落ちもいい様に感じたし、使用方法や希釈によってはどんな風合いにも出来そうだし、匂いもキツクないし、何しろ・・・

   

『高い物だから飼い主の気分がイイ!!』(爆)

   

   

前々から、ショーに出てるお猫様の様子からして、他の方々のシャンプー方法をネットで見たりして思っていた事は・・・

『ちゃんとフワフワしてるのに重そうには見えない。』

『同じ様にしてるはずなのに、何で見た目にも重くなるんだ???』

って事。

   

で、今回、希釈方法は最大にして(要するに目一杯薄くして)、説明書通りに洗ってみたら、ラファン・・・の時よりも洗い上がりの感覚としては 『キシキシ』 してる様に感じたのです。

で、ドライアップしてみたら、サラサラしてるのに絡まない&落ち着いてるのに重くなくてフワフワ。

おまけに、毛の取り扱いが楽♪♪♪

玉三郎の尻尾はコームで梳かしながらドライアップするんですが、逆毛に梳かしても絡まない。

   

これは大分楽だぞぉ~。

   

   

という事で、今回の新シャンプーの使い心地は

『100点中85点の高得点!』

って感じです♪♪♪

   

残りの15点は、使用方法とか希釈方法によって変化する訳ですし、他の方の感想がどうなのか・・・って事もあるし、本当の結果はショーで出ると思うので、あえて残しておきましょう。(笑)

   

でも、私はこの出来上がりには満足です。

   

Img_1578_1
見え辛いと思いますが、耳の後ろもベタベタになる玉三郎でも、これだけスッキリ落ちてます。

   

Img_1583_1
また、尻尾の付け根もこれだけサラサラになるのは、ちょっと凄いかも・・・。

   

Img_1581_1
もちろん、落ち着いて見えるのにサラサラ・フワフワは文句なし!

   

   

   

   

   

   

Img_15561_1_1
僕はシャンプーなんて嫌いだ・・・(嘘泣)

   

   

   

な、泣くなよ・・・(汗)

   

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑どんなに“つわり”で辛くとも、お猫様の事になると
 元気100倍★彡になってしまうねぇさんに、
 愛の“ひとポチッ♪”をお願いしま~す!(^▽^)ノ”

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

小次郎参上!!

来たよ、来た来たっ!!

我家にもう1匹のメインクーンがっっっ!!

   

   

    

    

Photo_2
あのぉ・・・、後姿ですよ???

   

それじゃ~何処の誰だか判らないじゃないっすか・・・。

   

   

   

   

では、改めまして・・・。おっほん・・・。

   

   

小次郎くぅ~ん!!

   

   

    

    

     

     

     

Img_16051_1_1
あぁ~い♪小次郎で~ちゅ★彡

   

    

    

玉三郎お兄ちゃんと比べると・・・

   

   

   

   

   

   

Img_15481_1_1
こんなに違うんでしゅ~。

   

   

   

   

でも、元気だけは玉三郎お兄ちゃんにも負けてないでしゅ~★彡

   

   

   

   

Img_15691_1
えへへへへ♪   

   

お兄ちゃんも手こずるワンパク小僧で御座います。(笑)

    

   

小次郎は、玉三郎からみたら 『甥っ子』 って関係です。

要するに、小次郎の母ちゃんは、玉三郎と同じ父ちゃん&母ちゃんから、1腹前に生まれた姉ちゃんで、小次郎の爺ちゃん&婆ちゃんは、玉三郎の父ちゃん&母ちゃんになる訳です。

判りますかね???(汗)

   

   

なので、血縁関係で御座います。

   

   

我家に迎え入れたいお猫様は 『メインクーンのソリッドの雄』 限定でして、玉三郎の養育にも慣れて来たし、『飼うなら2~3匹飼いたい!』 と、玉三郎を飼う前から人間のお父ちゃんとは話していたので、玉三郎のブリーダーさんであるpekoさんにお願いして、ソリッドの仔猫を探して貰った訳です。

   

そしたらぁ~。    あ、そぉ~!!!(若干時代遅れ?)

   

   

『同腹の子供にブルーの雄がいます。甥っ子ですね~。』

と連絡有り。

   

しゃ、写真で良いから、み、見たい・・・。( ̄人 ̄)

とお願いしましたら、写真を送ってくれて、見学に行って・・・

   

   

   

決めてしまいました。イヒッ♪彡

   

   

  

今後は、小次郎もよろしくお願い致します。m(_ _)m

   

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
↑初めは怒ってたけど、翌日には面倒見の良いお兄ちゃんになった玉三郎と
 お兄ちゃんの姿が見えなくなると、クルクル~ン♪と呼んで探す小次郎の
 これからの応援をよろしくお願いします!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »