« ごめんなさい。 | トップページ | もう12月ですか・・・。 »

2010年11月30日 (火)

ブリーダー休業!?

大変な事が起り、私自身かなり動揺しておりますが、これは公表するべき事なので事実を申し上げます。

  

この度、1ヶ月前にペットショップから迎えた犬のベリーが『犬小回虫』に感染している事が判明しました。

この回虫は駆除に時間が掛かり、猫にも感染する回虫です。

  

本来の宿主は犬なのですが猫にも感染しますし、本来の宿主で無い為、猫の駆虫には時間を要するものになります。

検便を繰り返し行い、繁殖しない子も含め、猫達の全頭が感染していない事の事実確認が出来るまで、繁殖は控えるべきだと私自身で判断しました。

   

『万が一』の事でも、万が一もあってはならないのがブリーダーであると私自身が思っているだけの事なのかも知れませんが、今後の交配プランなどに変更が出る事は事実です。

もちろん、猫の事じゃないんだから・・・と思う人もいるかも知れません。

けれど、譲渡した子が感染していた場合、オーナーさんが大変な思いをする事だって予測出来ます。
うちから譲渡した子が原因で、先住犬さんが感染する事も安易に予想出来ます。

そんな事も含めての決断なので、ご了承下さると助かります。

  

次の交配で生まれた子を!!・・・と思っていて下さった方には、本当にご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

  

譲渡可能だった陸・海については、来々週に見学の予定が入っています。

けれど、見学に来られる方にも、今の状態を説明しなければいけません。
最悪の場合、譲渡を伸ばす、キャンセルする事も考えなければいけません・・・。

せっかくのご縁を断ち切らなければいけないのは、とっても心苦しい・・・。
だけど、そこは妥協してはいけない問題だと思っています。

  

海くんは犬のいるリビングにいたので、本日、犬と一緒に検便をしましたが、今の所、感染はありませんでした。

2階の猫部屋でケージ内にいる陸に関してはまだ検査をしていません。
12月2日に去勢手術の予定なので、その際に検便もする予定でいます。

  

問題は、犬のサークル内で一緒に寝ていた小次郎です。

先日の記事でも、ベリーと戯れる写真を掲載したのでご承知の範囲だと思いますが、彼は感染の可能性が高いので、明日にでも検査をする予定です。

検査結果がどのように出るか分かりませんが、小次郎の隔離は必須であろうと考えています。

その他、リビングに出ていた玉三郎・金太に関しても、検便をする予定でいます。

犬との接触が無かった(犬を迎えてからリビングに出していない子)に関しては、順を追って検便をし、その結果を公表するつもりでいます。

  

また、女の子に関しては、犬小回虫は胎盤感染するので、間違いなく感染していない事実が判明するまでは、交配を考えていません。

  

犬の寄生虫であっても、人間にも感染します。
回虫は『人畜共通の寄生虫』に指定されています。

人糞を使って野菜を栽培していた時期には、人間の感染率も高かったと聞きます。
その様な事から、人間である私達の検便などもしていくつもりでいます。

   

ベリーの駆虫をし、何度かの検便をし、全ての検査が終わって駆虫も完璧に終わり、
感染の有無が確認出来て安心出来るまで、ブリードはしばらくお休みします。

  

いつになるかは分かりませんが、『もう大丈夫!!』と胸を張って言えるまで、
体力も必要だし、気力も必要だし、根性の見せどころでもありますが、
せっかく始めたブリードを辞めたくはありません。

迎えたばかりの子もいるのに、今更諦めたくもありません。

本来だったら諦めるべき!と言う意見を持つ方もいらっしゃると思いますが、
駆除出来る物は完璧に駆除する気持ちでいますし、
今後のブリードへの知識向上の為にも、
今回の問題は、私の手腕の問われる事態だと思っています。

  

もし、猫に感染して駆除出来ない事態になった場合は、ブリーダーを廃業する事も視野に入れていますが、それにはまだ時期早々であるとの指摘を戴きました。
今は、その前にやるべき事、出来うる限りの事をしようと思っています。

  

今後、この寄生虫についての記事が増えると思います。

犬が吐きだした物の中に寄生虫の成虫がいましたので、写真で掲載する事も考えましたが、今回は控えておきます。
(だって、見たくないでしょ???笑)

  

内緒にしてれば済む事ですが、内緒にしているのは心苦しい。
それを公表しないブリーダーは、私がオーナーだったら信頼出来ないと思うので、
思い切ってこの記事を書く事にしました。

  

いろいろな意見があるとは思います。

その意見を、コメント欄でも良いのでお教え下さい。
私の勉強にもなりますし、今後の対策にも繋がります。

もちろん、犬と猫を飼うオーナーさんの知識向上にもなると思っています。

  

私がブログを始めた理由は、
『自分が知った知識はどんどん記事にして、みんなにも知って貰って、みんなが動物との生活を快適に、楽しくする為の情報版になる様なブログにしよう!』
が目標でした。

そんな事なので、ブリーダーとしての重大な問題でも、隠す事なく、どんどん記事にして行こうと思っています。

    

犬を迎えた直後に検便しておけばよかっただけの事を、
私は、目に見えるだけの状態だけで健康だと信じ、
ペットショップの『駆虫もしています』の言葉を信じました。

ブリーダーとして浅はかな行動だったと反省しています。

信頼出来る方から譲って頂いた子ならいざ知らず、
今まで120%信用していなかったペットショップから迎えた子を、
検査もせずに家に入れた事は、ブリーダとして改善していかなければいけない、
もっとも重要な部分だと思いました。

   

だけど、それでも言わせて下さい。

感染が分かった後に連絡をしたペットショップの対応には、もの凄く反感を持ちました。

『駆虫薬の投薬はしています』とは言われました。
『その後にウンチを見て、虫がいない場合は感染していないと判断しています』
と言われました。

と言う事は、獣医師の診断ではなく、何の知識もない、顕微鏡での検査もしていない状態での『感染していない』と言う判断。
信頼してはいけない言葉だった訳です。

それを信じた私が悪いのですが、同じ生体販売者として、とても不信感を持ちました。

  

だからこそ、言わせて下さい。

  

  

 

こんなんだからペットショップは大嫌い!!

あの時一緒に販売されてた犬達の飼い主に
この事は連絡したんでしょうね!?

連絡してなかったら、保健所に通告してやるぅ~!

『今後も良いお付き合いが出来たら…云々』

『お買い物にもいらして下さい・・・云々』

『トリミングのサービスも考えていますので・・・云々』

良いお付き合いなんか出来るかぁ~!!
絶対に、二度と行きません!!!!

  

  

   

あぁ・・・すっきり・・・(笑)

  

頑張ります。どんなことしても駆虫してやります。

感染していた犬だって、我が家の可愛い子ちゃんには変わりありませんし、手放す気も、誰かにあげちゃう気も更々ありません。

猫だって、感染してても手放す気はありません。
ブリーダーを廃業する事になっても、今いる子達を手放す気もありません。
どんなことしても、この苦難に立ち向かって克服してやります!!

犬小回虫に宣戦布告だぁ~!!!!(笑)

   

更新の励みに・・・
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ  
お帰りの際に応援のポチっとをよろしくお願い致します。

今回の件は反省しつつも、ペットショップにも自分にも憤慨しています。
同じ生体販売者として、売ったら終わりのペットショップの現状を身を持って経験するとは・・・。
でも結果はどうであれ、これも良い経験です。これも糧にしてやるつもりでいます。
絶対に駆除して、必ずブリーダーへ復帰してやる・・・。
それで・・・、これって、お店の名前も含めてツイッターで呟くのはありですか?(笑)

|

« ごめんなさい。 | トップページ | もう12月ですか・・・。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

大変なことが起こりましたね!

この経験は、ある意味ブリーダーとして
糧になることと思います。
今は大変でしょうが頑張って下さい。

しばらくの間、小次郎くんは
色々とお手数をかけると思いますが、
宜しくお願い致しますm(__)m

投稿: orciid | 2010年11月30日 (火) 13時21分

orciidさま
コジ君ですが、我が家にとって、彼の役割は本当に大きいです。
そんなコジ君に、こんな経験をさせてしまって、本当に後悔しても後悔しきれません。
でも、どんな事があっても頑張ります!
これからもよろしくお願いします!

投稿: 執事:ねぇさん。 | 2010年11月30日 (火) 16時38分

初めまして。
犬猫(主に猫)の保護のボランティアをしております。子猫を保護した時、検便は必須です。
お金には代えられません。

19800円の何ヶ月もペットショップにいた犬。

生体を売る職業をされているのであれば、もっと慎重になってあげて下さい。

この事でウェスティちゃんも猫ちゃん達もストレスがかからないよう、ベリーちゃんはお散歩もしてあげて下さい。
食糞してると回虫治りませんので、お気をつけ下さい。
ウェスティは、これからアレルギーでてくる可能性高いです。犬は猫よりお金かかります。覚悟して一生大切にしてあげて下さい。女の子ならば、どうか早めに避妊手術してあげて下さい。子宮の病気犬は凄く多いですから。

犬猫のブリーダー崩壊も何件か知っており、心配でつい余計な事を失礼致しました。

投稿: 犬も猫も心配です。 | 2010年12月 1日 (水) 16時19分

犬も猫も心配です 様
はじめまして。コメントありがとうございます。
ボランティアさんの苦労は、保護・譲渡会の活動のお手伝いをさせて頂いた際に垣間見て、本当に大変な内容で、現実を知らなかった私は圧倒される事ばかりでした。

ベリーの避妊手術は日程は決まっているのですが、今回の件で延期になりました。(;-ω-)
ヒートが来る前の避妊手術を望んでいたのですが、駆虫薬の影響や、寄生されていた期間が長く、出血も伴っていたので貧血も心配ですし、体力の回復を待っての手術になりましたが、その前にヒートが来そうな気がしていて微妙な所です。

標準よりもかなり小型のウエスティです。これも寄生虫のせいなのかな・・・。

ブリーダー崩壊は私も知っていますが、我が家はそれだけはありません!と、胸を張って言えますのでご安心を!
と言うのも、繁殖を辞めたら今いる子達は私の専属ペットになるだけなんです。
専属ペットになると、もれなく私と一緒に寝室で寝れるお役目が待っています(笑)

ご心配下さってありがとうございます。
絶対に克服する、打倒犬小回虫!なので、長い目で見守って下さい。

投稿: 執事:ねぇさん。 | 2010年12月 2日 (木) 02時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/50164883

この記事へのトラックバック一覧です: ブリーダー休業!?:

« ごめんなさい。 | トップページ | もう12月ですか・・・。 »