« 出産準備、完了です! | トップページ | 小夏Babyの誕生。 »

2011年4月29日 (金)

諺って色々だよね・・・。

『猫が出て来ることわざ』って知ってますか?

『窮鼠猫を噛む』とか『猫に小判』とか、色々ありますよね~。

その中に『猫の手も借りたい』って物もありますが、
あれは『嘘だ』と思っている執事です。

 

だって、猫の手も借りたいほど忙しくても、
我が家のお猫様は、忙しくトイレの掃除をしているのに、
私の横で、トイレの砂をおもちゃにして遊んでるんだもん・・・。

確かに、間違いなく猫の手は借りてるけど、
明らかに散らかってる様に見えるのは気のせいか?

おまけに、本当に猫の手を貸してくれるならば、
トイレの掃除は自らやってくれても良いと思うのは執事だけか?(笑)

 

それと、『猫の尻尾』ってことわざ。

あれも『嘘だ』と思うのです。

 

猫の尻尾=無くても構わない事の例え

なんだそうですが、猫の尻尾がなかったら、
猫好き執事としては『とっても物足りない!』と思うのですが・・・。

短くても、かぎ尻尾でも、長くても、毛が短かろうと長かろうと・・・

尻尾のない猫なんて猫じゃない!
尻尾こそ、猫の特徴・個性の表れなのに!

と思うのですが、皆さんはどうですか?

 

ことわざの中に出て来る『猫』は
どうみても『悪者』として扱われていますが、
猫ほど可愛い物はないと思っている執事。

 

猫を飼っていて、トイレや食事に問題が発生したら、
『猫を追うより皿を引け』だと思います。

この意味はね・・・

『元を正す事が大事である』って言う意味です。

要するに『基本が間違ってないか確かめろ』って事。

 

トイレを移動してから問題があるなら、
トイレを元の場所に戻せば良い。

引っ越しをした途端に猫の習性に問題が現れたら、
まずは猫の気持ちになって考えてみる事。

布団でオシッコするの!ってなったら、
布団のある場所に猫を入れない様にする。

毛玉を吐いて・・・って思うなら、毛玉も下から出る様に餌を変える。

高い所に登って悪戯をする!って思ったら、
猫が昇っても良い高い所を作ってあげる。

 

何事も『基本に戻る』のが大切なのです。

 

あ・・・、耳が痛い・・・(爆)

 

執事の家には『キャットタワー』が無いと言いましたが、
お猫様が高い所に登らない訳ではありません。

登っても気にしないし、登って欲しくない所は登れない様にしてあります。

 

玉三郎と小次郎だけしか出来ない『物干し竿渡り』は
始まっても好き勝手させています。

本棚の上に登るのも勝手にやってるし、
食事を作っている時の玉三郎・小次郎の定位置は・・・

 

Dvc00095_1

キッチンカウンターの上ざます。( ̄。 ̄;)

ここで執事の作る人間用の食事を監督しています。(笑)

野菜や肉を切っていれば包丁の動きを見つめ、
味見をしていれば『俺にも・・・』と前足で催促し、
好きな食材(主に鳥肉)が出て来ると盗み食いするチャンスを伺い、
生の牛肉の時は泥棒猫の如く盗みを働いて
スタコラサッサ~と逃げて行きます。(笑)

(生食用だったらあげちゃうけど、そうじゃない時は取り上げます。)

玉三郎と小次郎とクロちゃんは、
執事の完璧なる愛猫(ペット特別枠)なので、
どこのお宅とも変わらない飼い方をしています。

ブリーダーの家に飼われている子であろうとも、
どこのお宅とも、なぁ~んにも変わらないのです。

 

だって、彼らは『猫』だもの・・・。

食パンが好きだったり、缶詰の開く音に敏感だったり、
お刺身を欲しがって前足でチョイチョイしながら盗もうとしたり、
怒られると『ウニャンッ!』って文句を言いながら逃げて行ったり、
誉められてると優越感に浸った顔で寝た振りしてたり・・・(笑)

まぁ、普通のお家と何にも変わりません。

 

猫が出て来ることわざには反論したくなる事が多々ありますが
お猫様のする事には反論出来ない執事なのでした。(笑)

 

毎日ポチっとしてくれて、本当にありがとう!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 
お帰りの際にポチっとよろしくお願いします。

我が家には黒猫が3頭おりますが、最近、特に見分けがつかなくなりました。
この3頭、お父さんが同じ兄妹でして、目付きなんかの特徴が同じなんです。
おまけに、ラフ(首周りの飾り毛)がみぃ~んな伸びてみぃ~んなボーボー。
名前を呼んで振り向かれても、誰が誰だか分からないのです(笑)
現在、お猫様部屋には男の子と小次郎・クロちゃんがおります。
そこに玉三郎が入っていきました。・・・と思ったら、何とそいつは春ちゃん!?
兄妹の金太もいるのに何事!?と大慌てで春ちゃんを確保ぉ~!!
『ダメじゃない!』と言ってみたら、玉三郎でした・・・。
で、クロちゃんだと思ってたのが春ちゃんで、クロちゃんが脱走してました。
執事と黒猫を1頭ずつ抱っこして『これ誰?』『それ誰?』と聞くのは毎度の事です。
そして『あそこにいるのが○○だね』と言う確認作業がしょっちゅうです。
もし我が家に遊びに来る事があったら、黒猫パズルが出来ますよ。(笑)

|

« 出産準備、完了です! | トップページ | 小夏Babyの誕生。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出産準備、完了です! | トップページ | 小夏Babyの誕生。 »