« なんだか不気味です・・・。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »

2011年4月12日 (火)

好きな猫種はメインクーン?

猫にはいろいろな猫種があります。

短毛・長毛・無毛とあって、柄・大きさ・容姿もいろいろ。

執事は今でこそ『メインクーンのブリーダー』ではありますが、
それまでは『単色猫大好きな奇妙な猫好き』でしかありませんでした。

メインクーンのブリードを始めても、単色の猫種はいまだに大好き。

ボンベイもターキッシュアンゴラも、ロシアンも大好きです。

 

それと、ブリーダーとなっても野良ちゃんも好きです。

可愛そうな子を見つければ、即座にお持ち帰りしたい!
捨て猫を見つければ、即座に保護したい!

と思うけど、そんな時も『ブリーダーである』と言う事を前提に
自分の思いと立場を見極めなければなりません。

残念な事に、大概が保護出来ずに終わってしまうんですけどね・・・。

 

昔、執事2号と結婚する前のお話。

仕事帰りに立ち寄った場所で、真っ白な仔猫と遭遇しました。
まだ寒い真冬の時期だったと思います。
多分、大きさからして生後1ヶ月位だったかな・・・。
真っ白な女の子で、建物前の植え込みでミャーミャーと鳴いていました。

『連れて帰ろうか・・・』本気で思いました。

でも、連れて帰っても会社で飼える訳でもない。
毎日8時から夜中まで現場で仕事をしていた執事が飼えるはずもない。
自宅も会社も、猫を飼える環境ではありませんでした。

おまけに、その当時の執事2号は“あんまり猫が好きじゃない人”でした。

そして、二人で出した答えは『連れて帰れない』でした。

 

その後、その子猫がどうなったかは分かりません。

『連れて帰れなかった』 『助けてあげられなかった』
そう思う気持ちがあったので、執事2号ともその猫の話はしませんでした。

でも、つい最近、執事2号がこんな事を言いました。

『あの時の真っ白な子、何で連れて帰って来なかったんだろ・・・。
 良く考えれば、飼えない事無かったのに。
 あれだけは、ずっと気掛かりで、忘れられないんだよねぇ。』と・・・。

あぁ、同じ事を思ってたんだ・・・。
って言うか、あの時はあの時の事情があったんだよ・・・。

そうは思っても、やっぱり後悔はしています。

 

保護したい子は沢山います。

けれど、保護した後の事を考えると保護する事が出来なくなってしまう。

執事はいつも、この矛盾した気持ちに苛まれています。

 

10年程前、知り合いの不動産屋さんから
『○○にちょっと小高い丘の様な、裏山の様な所があってね
 そこが売りに出てるんだ。値段は2万坪で3千万。』

思い切って買って、保護した子達と過ごしたり、
譲渡会みたいな場所に提供したりできれば・・・
『ねぇさんの猫山を作る』なんてのもあり!?

なぁ~んて夢を持った事もあります。(笑)

 

春になって、小さなこにゃんずが自宅前の竹藪で遊んでいます。

未去勢・未避妊なんて当たり前な田舎なので、
この時期を問わず、仔猫は増えるばかりです。

けれど、多くの仔猫が生まれても、大きくなるまで成長出来るのはごく少数。

自身が子供を持つまで成長出来るのは、
兄妹の中で1~2頭いれば良い方です。

その理由は、都会の様に車に惹かれるとかではなく、
カラスやタカ・トンビに捕まる事がほとんどです。

仔猫などは生まれた瞬間から生態系の中に組み込まれている状態です。

その子猫達は、キジやコジョッケのヒナ、カエルや蛇を餌にする
野性味たっぷりな母猫に育てられています。

 

こう見ると、『猫は自然の動物』の様に見えますが
決してそうではありません。

『猫は人が作り出した動物』でしかありません。

野生動物だった頃の習性が多く残っているだけ。

カナリヤや文鳥などの愛鳥が、野生動物だった頃の習性を
多く残している事と同じ意味合いです。

 

我が家の近所の野良猫達は、飼われていると言うよりは
『どこかの家でお世話になっている』と言う方が合っている環境です。

飼われている子も首輪もしていません。
どの子がどのお宅の子なのか、知る由もありません。

だから、保護するべきなのかすら分からない時があります。

 

昨日、前橋で桜が満開になったと言うニュースを耳にしました。

桜が満開になると言う事は、仔猫がチョロチョロ動き出す時期でもあります。

車の運転の際には、仔猫の行動を見極めなければならず、
事故を起こさない様に気を付けなければならない時期でもあります。

 

我が家でも今月末頃には出産があります。

我が家で生まれた子猫は、安全な産室で(当たり前だけど・・・)
スクスクと成長する事が出来るけど、
野良の子達は、成長する事すら儘ならない事が多い。

野良の子と我が家の子と、一体何が違うんでしょうか・・・。

 

同じ猫の子供なのに・・・と思うと、手を差し伸べたくなる気持ちが
心の奥底から沸々と湧きあがって来ます。

けれど、保護しても我が家で飼う事は出来ません。
保護する場所すらない我が家に迎える事は出来ない。

この矛盾した気持ちを持ちつつ、田舎のオラが村でも
去勢・避妊の習慣が根付く事を願っています。

 

先日、廃材で作った花用のラックなんですが、
天気が良かったので、執事2号とペンキ塗りをしました。

昨日も塗り残した部分を塗ろうと思い庭に出たら、
柱の部分に猫の足跡が付いていました。

我が家のお猫様ではないのは確かなので、
近所の野良ちゃんが付けた物だと思います。

綺麗にスタンプされた足跡だったので残そうかと思ったのですが
その形だけを参考にさせて貰って、綺麗に塗り直しました。

 

猫の足跡って『桜模様』とか『梅模様』って言いませんか?

うちの方だけなのかな???

桜の季節に、小さな桜の花のプレゼントをもらった気分でした。

 

毎日の応援、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

昨日、高崎に執事2号とお出掛けしたので、高崎城跡地の桜見物に行きました。
御堀沿いに満開の桜がいっぱいあって、それは見事に咲き誇っていました。
前橋でも満開になった今年の桜。我が家の辺りは8分咲きです。
今年初めに衝動買いした我が家の桜盆栽は、今年のお花見は出来そうにありません。
だって、既に葉芽しか出てないんだもの・・・(泣)
その代わり、3年前に買ったユスラゴの花が満開になりました!
今年もわかちこと『散歩途中のユスラゴ泥棒』が出来そうです。(笑)

|

« なんだか不気味です・・・。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

はじめましてm(__)m

いつもBlog読ませてもらってます。
私はメインクーンが大好きです!
家にもメインクーンがいます。その子は今FIPと闘って頑張っています。
勝手ですが、ねぇさんのBlogを楽しみに&励みにさせてもらってます。

私も群馬県に住んでいるので勝手に親近感がわき、また私の大好きなメインクーンのブリーダー様だったのでコメントさせてもらいました。
これからも応援してます!

投稿: SAYA | 2011年4月12日 (火) 16時20分

SAYAさま
初めまして&コメントありがとうございます♪(o^-^o)
FIPとの戦いは長期戦ですもの大変でしょうね・・・。
毎日のお世話の苦労を考えると、何と励ましたら良いのか分かりませんが
きまぐれな我が家のブログが誰かの励みになっているとは、
なんとも!とぉ~っても嬉しいです!o(*^▽^*)o

同じ群馬のメインクーン好き同士、これからもよろしくお願いします♪

投稿: 管理人:ねぇさん。 | 2011年4月12日 (火) 17時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/51341223

この記事へのトラックバック一覧です: 好きな猫種はメインクーン?:

« なんだか不気味です・・・。 | トップページ | お誕生日おめでとう。 »