« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月29日 (金)

順調に回復中です。

我が家に起きた大旋風。

龍くんの緊急入院&手術と言う一大事も、
日に日に元気を取り戻す姿を見て、
執事はひっじょぉ~~~に安堵しています。(o^-^o)

生後3ヶ月にもならない小さな仔猫にも拘らず、
その生命力の強さに、ただただ感謝する事しか出来ない執事です。

 

今の龍くんは、120×60cmのサークルの中でしか生活出来ません。

傷口は5cm位だけど、龍くんは子猫。
その体の大きさを人に例えれば、結構な大きさだよね・・・( ̄Д ̄;

傷口の化膿が1番怖いので、毎日サークル内を消毒をして
衛生面の管理を100%出来る範囲に置いておく事が最優先です。

 

そんな龍くんですが、ご飯もしっかり食べれるようになり、
激減した体重も時間を追う毎に増えて行っています。

1日2回の投薬は、抗生物質だけなのですが、
その薬すら速攻で飲み込み、ご飯の催促に真剣です。

今の食事はa/d缶を1日に1缶半。半缶ずつ日に3回の食事です。

 

我が家の場合、カリカリは常時食べられる環境なのですが、
龍くんは食事量の管理と、カリカリをそのままでは食べられないので、
管理のし易い&消化と栄養価の高いa/d缶のみのお食事です。

徐々に食事量を増やしてはいますが、満腹感は得られていない様で、
消化の良過ぎる状態が続いている模様です。

でも、あまり負担の掛かる食事は与えられないので、
せめてあと3日は今の食事メニューで行くつもりです。

手術から1週間が立てば、カリカリも初めて行こうと思いますが、
一気に食べて吐く事だけは避けたいので、
a/d缶の後に少量のカリカリ、と言うメニューになる事でしょう。

 

それにしても、術後の龍くんは変わりました。(・_・)エッ....?

『三途の川の手前で何があったの?(´-д-`)』って思う位、
人が変わったと言うか・・・、性格が変わりました。

今までの龍くん、産まれてこの方食事の催促をした事がありませんでした。

缶詰をあげても無反応だったし、カリカリをあげても興味なし。
食事に対しての欲求がかなり低い子でした。

『兄妹がいない支障ってこういう所にも出るのか・・・』
執事がそんな風に思ってた位、食事に興味を持ちませんでした。

執事がキッチンに立って缶詰を開ける音がすれば、
大人猫達はどこで寝ていても我先に駆けつけて来るのに、
龍くんはお皿の前に連れて行っても、
舐める事すらせずにどこかに行ってしまうのが普通でした。

 

でも、手術後は全く正反対。

缶詰を開ければ鳴いて文句を言い続け、
お皿に出している数秒の時間すら待てないかの様に、
お皿に首を突っ込んでガツガツ食べる始末。Σ(・ω・ノ)ノ!

1週間の放浪の末に保護された仔猫かの様に、
今の龍の食事をする姿は『食って生き延びてやる!(`◇´*)』
って言う感情が溢れている様な感じなのです。

『龍くんさ、三途の川の向こうに誰かいたの?』
って聞いても勿論答えてくれないし、
『ねぇ、中身が誰かと変わってない?』って思う位、
食事に対する性格が180度変わったんです。(@Д@;

 

なもんだから、退院直後に1.42gだった体重も、
今朝の時点で、体調を崩す前の体重1.60kgに戻りました。

術後5日でこの回復力。
素晴らしいとしか言いようがありません。

執事としては、この『1.60kg』と言うのは、
龍くんの成長のスタート地点に戻ったと言う認識です。

なので、ここからが本当の勝負。

今後、龍くんがメインクーンの男の子らしくなれるかどうかは、
『執事のお世話次第!!』だと思っています。

明らかに大きくなるだろう・・・と思っていた龍くんです。
この一大事を物ともせず、メインクーンの男の子らしく、
大きく、優しく育ってくれたら・・・と思っています。

 

まだ背骨がゴツゴツという感触な激痩状態の龍。
その大きさからして、体重は2.5kg位で丁度良い感じです。

手術前の成長予想と照らし合わせてみると、今の体重との差は1kg。
この差を埋めるには、どんな事しても3ヶ月を要します。

一般的な標準から2ヶ月程度遅れているけど、
龍くんの猫生はまだまだ始まったばかり。

焦る事なく、順調に成長してくれる事を祈っています。

 

でもね、サークルの中にいる龍くんは、退屈でしょうがないご様子。

同じ位の月ちゃんが、サークルの側で付きっきりなのですが、
龍が暇になると、月ちゃんが近付いて行って、
サークルの網越しに仲良く遊んでいます。

がしかしだね・・・

大きな傷のあるお腹を出して、『逆立ち』しながら遊ぶのは
流石の執事も、どうかと思うよ・・・。(笑)

 

元気になってくれるのは本当に嬉しいけど、
執事的には、まだまだ不安要素がたっぷりある状態なのに、
そんな事は知らぬ存ぜぬ状態の龍くん。

『お願いだから大人しくしててくれ~!!』と言う、
“人間勝手なお願い”は、大きなお耳には届かない模様です・・・(ノ_-。)

 

龍くんの未来はどんなんだろう・・・
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

“そんなに食べて平気?” “もっとゆっくり食べなよ・・・”
って言いながら、龍くんの食事の間は付きっきりの執事。
1日に3回も同じ事を繰り返しているので、側にいるわかちこも同じ事を言い出す始末。
でも、こうやって動物を飼うと言う事を学んでいるわかちこは、
龍くんがサークルから出ちゃうと“おかーしゃん!龍くんがぁ~!”って大騒ぎするけど、
絶対に抱っこしようとしたり、無理やり捕まえる事をしません。
で、サークルに戻すと『お腹イタイイタイなんだから、だめっしょぉ~!』って怒ってます。
おまけに、文句を言った後に『まったくぅ~』の一言。
全て私が悪いのよ・・・。でも、そんなとこまで似ないで下さい・・・orz
でも、龍くんはわかちこと遊ぶのが大好きなので、
わかちこに追い掛けられると、大喜びでおおはしゃぎ!
そのおおはしゃぎが日に日に激化しているのを見ているので、
日に日に元気を取り戻してくれてると安心できています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月26日 (火)

龍、退院しました。

一時はどうなるかと心配していた龍ですが、
本日15時、無事に退院する事が出来ました。

お腹の毛はすっかり綺麗に無くなっちゃったし、
可愛いおへそがあった所には5cm程の切開跡が出来ちゃったけど、
すっかり『元気印の龍』に戻って帰って来てくれました。

 

よかったぁ・・・。゜゜(´□`。)°゜。

 

先生が言うには、

『入院して来た時の様子で心配してたんだけど、
 麻酔から覚めたら違う猫になってたよ。(笑)』

だそうです。

要するに、手術が終わった途端に元気を取り戻す事が出来たんだねぇ・・・。

若いっていいねぇ・・・(笑)

 

昨日、病院にお見舞いに行った時も、
病院に入って、わかちこが『龍くんは~?』と言った途端、
奥の治療室からドデカイ声で鳴く仔猫の声が・・・。

『元気だよ~。術後すぐの子じゃない鳴きかたしてるよ~(笑)』

の仰せの通り、治療室から出て来た龍は、
鳴く・文句垂れる・すり寄る・甘える・遊ぶ
の全てをいっぺんにしてるかの様に元気一杯でした。

ただ、微熱があるから退院は翌日に持ち越し。

で、本日午後3時、無事に退院と相成りました。

 

お腹の中から出て来た毛玉は、20cm程の長さがあって、
先の方だけが固い、太くはない毛玉でした。

でも、『生後3ヶ月の子猫がこんなにも毛を食べてるんだ!!』
って、本気で驚く程の量でした。

これが成猫だったら・・・って思うと、驚かずにはいられない量だった・・・。

 

ブラッシングだけではどうにもならない抜け毛。

毛玉が出来るのは怖いけど、だからって
『セルフグルーミングをするな!』とは言えないし、
どうしたものか・・・と、執事の悩みはまた増えました。

 

退院して来た龍くんですが、変わった事が1つだけあります。

それは、あれだけ嫌いだったa/d缶が大好きになった事。

驚いちゃう位、a/d缶にくびったけheart01(笑)

 

お腹を切って、腸まで切開しているので、
当分の間は固形物は禁止なので、
『消化の良い、ペースト状の物をあげて下さいね。
 フードをミルクでふやかしたりね~』
と言う仰せに、『a/d缶でも良いの?』と聞いたら・・・

『ねぇさん(もちろん苗字だよ)の家はa/d缶があるの!?

って驚かれちゃった・・・Σ(;・∀・)

『仔猫の離乳食でも使うし、成猫も良く食べてますよ』って言ったら

『まぁ~!うちなんて滅多にあげないよ~!
 うちの場合は“風邪を引いた時の桃”と一緒だね~(笑)』
って・・・。

 

うちの猫って、贅沢してんだなぁ・・・(´-д-`)

 

とは言え、龍は当分の間はa/d缶オンリー。
今まで食べてたカリカリに戻れるのは、1週間後位なのかなぁ・・・。

 

毎日2回の投与はあるけど、傷の消毒もいらないし、
『ねぇさんなら患部の異常にも即座に気付くだろうから
 抜糸しなくていい様になってるからね~』
っていう事なので、抜糸もナシ!

で、手術したから半月は開けなくちゃいけない
『龍くん、2回目の予防接種』があるので、
2週間後に1度ご拝謁にお伺いしまして、
問題なければ2週間後に予防接種と言う事だそうです。

まぁ、その頃には月ちゃんの2回目の予防接種にも行く予定だし、
お盆前には愛犬の避妊手術も予定してるし、
来月も病院通いは続きそうです。

 

でね、同じメインクーンを飼っている方々に聞いたら、
我が家の主治医である動物病院、手術費用も破格値らしいです。

とは言っても、決してケチくさい手術はしないし、
腕だって確かな先生なんだよねぇ・・・。

金額で決める訳じゃないけど、
そこは安い方が飼い主の術後の生活に優しいのは言うまでも無いし、
同じ内容の手術なのに、何でこんなに安いんだろう???
って思う程、安かったのです。

 

龍くんは23日の土曜日に入院。即日手術。本日火曜日に退院。
と言う事は、3泊4日の入院だった訳です。
それも、手術もしてる訳です。

なのに、お会計は7万以下・・・。
お釣りで2日間の人間の食費が賄えちゃったの・・・。

や、安くないですか・・・?これが普通なの???

月ちゃんのお里のママに聞いても、
ブリーダー仲間のコヤギちゃんに聞いても、
もちろん私の親ブリーダーであるpekoさんに聞いても、
『安いっ!!』って返事しか返って来ないんだけど・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

腕が確かで明朗会計。おまけに破格値なのに丁寧な病院。

執事が求めている病院だったと言う事なんだろうね~。

良い病院を見っけたなぁ・・・。

 

おまけに、過剰診療が絶対にない病院です。
薬の量もね、すっごい少ないの。

整腸剤1つとっても、与え過ぎは良くない訳で、
おまけに、動物の体内は人間よりもデリケート。

お腹を壊して整腸剤っていうのは良くある話だけど、
その役目は『整腸作用を“促す為に使う”薬剤』っていう事なんだって。

だから、整腸剤の投与を続けていると、
整腸剤ナシではお腹の調子が整わなくなる場合もあるんだそうな。

となると、『整腸剤を辞めると下痢になって、飲むと治る』
ってな事を繰り返す様な症状に陥る事もあるんだって。

 

だから、何かあれば薬を出してはくれるけど
『調子が良くなったら、投与量を半分にして良いですよ~』
って言う先生なのです。

おまけに、その薬の大半が漢方なの。

 

人間の病院でも見習って貰いたいもんです。(笑)

 

帰宅した龍くんは、数日間はケージでの生活です。

でも、帰宅直後にa/d缶をたいらげ、
傷口を気にする事も無く、愛用のベットでスヤスヤ寝ています。

一時は1.6kgまで増えた体重が1.42kgまで落ちました。
すっかり痩せ細って、正直ガリガリです。

たった3日で150g以上の体重の激減だもん、そこはしょうがないよね・・・。

 

でも、食欲も戻っているし、a/d缶も食べてくれるようになった。

サークル越しに月ちゃんとも遊んでるし、
お母さんにもしっかり甘えられる位の元気っぷり。

食べる量は制限しなきゃいけないけど、
徐々に食べれる様になれば、体重もきっと戻るよね・・・。

 

とにもかくにも、生きて帰って来てくれただけで、
執事はもう、十分過ぎる位に大満足です。

龍くんをお迎えしたい!って言ってくれていたAさんには
本当に申し訳ないけれど、龍は我が家に居残り決定です。

今回の手術の影響が、これからどんな風に出て来るのか、
こればっかりは大きくなってみなければ分かりません。

何も出ないかもしれないし、大変な事態になる事だってある。

でも、今の状況ではどちらか分からないからこそ、
龍の譲渡はしないと決めました。

『安心してお渡し出来る子でなければ譲渡はしない』と、
ブリーダーになると決めた時に自分自身に誓ったし、
せっかくメインクーンとの生活を楽しみにしている方に、
不安要素がある子は、間違ってもお渡し出来ない。

まぁね、執事が悪徳ブリーダーなら、
手術した事すら隠して売っちゃうだろうけどねぇ~(爆)

 

龍はこのまま我が家に居残り。

ブリードに参入するかは、100%未定です。
と言うのも、嫁もいないからね。(笑)

健康に問題がなくて、手術の影響が全くなければ、
1回位はお父さんになるチャンスがあるかも知れないけど、
そんな事は1年後の話です。

鬼が笑いそうな話なので、まぁ、夢の1つにしておきます。

 

さぁ~て、龍くんが寝ている間に、他の子の面倒も見なくっちゃ・・・。

龍くんの調子が悪くなってからと言うもの、
他の子の事をほったらかしておるのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2階のお猫様部屋の人達が怖いよぅ・・・( ̄◆ ̄;)

 

龍くんは、甘ったれ男子に変身中!ぐへへへ~♪
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

毛を多く飲み込む原因は、グルーミングが増えた事が最大の原因だと思われるので、
グルーミングが増えない様に対策を練ろうと思います。
第一に、お風呂場に入れない様にする。
お猫様の水遊びが甚大なので、我が家のリビング組の水飲み場は
いつも決まってお風呂の洗い場と決まっていました。
でも、人間の入浴後なんかだと、明らかにコートが濡れる訳だから、
これがグルーミングの増える原因ではないかと・・・。
で、循環式給水器設置考案、再議論中であります。
ドーム型は掃除が大変で懲りたし、大型の物は水遊びが怖い・・・。
ん~、2L程度だったら、こぼされても我慢出来るかなぁ~?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月25日 (月)

龍、頑張れ!

実は、先週の土曜日、今年の4月に我が家で生まれた龍が、
生後3ヶ月を前にして、緊急手術をしました。

数日前から『んんん・・・???』と思っていたのですが、
手術になるとは思ってなくて、ご報告が遅れてしまいました。

 

龍の様子がおかしくなったのは、1週間前。

海の日の連休が終わる月曜日の夜に、龍がいきなり嘔吐を始めました。

その時は『また変なもん食べたんでしょ~!』っていう位で、
『こりゃ~猫じゃらしの羽でも食べちゃったのかな・・・』
と思いつつ、吐きだす物を逐一確認していました。

翌日の火曜日、朝は元気に月ちゃんと遊んでいて、
ご飯もいつも通りに食べてるし、トイレも快調~♪

『うん、大丈夫そうだね~』と安心していました。

 

でも、また夕方になって嘔吐が始まり、
吐きだした物の中に、ビニールを発見。

『これはゴミ箱に入ってたゴミじゃん!』と思いつき、
急いでゴミ箱の中身を点検。

どうやらお菓子の包装を開ける時に出る、
ビニールのピロ~ンって部分を食べちゃった様でした。

 

毛玉を吐く時に猫草を食べたりして嘔吐するのは良くある事ですが、
仔猫の場合、それが食べて良いものではなくても口にする事があるので

仔猫の誤飲は、注意していないとかなり危険です。

何にでも興味があるから、何でも口にしてしまう。
人間の子供と同じです。

でも、龍の場合はそれだけじゃない様な気がしました。

 

20日の午後、かかり付けの動物病院に行き、とりあえずレントゲン撮影。

レントゲンの結果は、どうやらお腹の中に
毛玉らしき物が詰まっている様なレントゲン。

金属製の物や、人工的な物は写っていませんでした。

『緊急を要する様な症状はまだ出ていないし、
 毛玉であれば自然に出て来るのを待った方が負担が少ない』

と言う事になり、一時様子見になりました。

 

その後、隔離生活を初めて食欲やトイレの状況を徹底的に観察。

21日の朝は、ご飯もちょっとだけど食べて、
玩具でも遊んだり、月ちゃんとも仲良くしてましたが、
朝ご飯の後は、一気に食欲が減少。

吐く事は無かったし、お水だけはしっかり飲んでいて、
栄養補給と称した猫用ミルクもちょっとだけ飲んでくれました。

 

でも、日に日に食欲が細くなり、22日の夜11時の時には
お水以外は受け付けなくなりました。

何かしら口に入れれば胃も腸も動く。
腸が少しでも
動けば、不要物は排泄される。

だからこそ食べて欲しいのに、龍は何も食べてくれない・・・。

仕方ないので、猫用のミルクを強制的に飲ませましたが、
翌日23日の朝に出たウンチは、1cm程の物が2個だけ。

体重を計ったら、19日に計測した時よりも100gも減ってる・・・。

 

もう駄目だ。これ以上待っていたら、龍は死ぬ。

 

これが私の出した結論でした。

 

23日の朝9時。龍は緊急入院。

その日の午後、緊急手術となりました。

 

お腹の中から出て来たのは、毛玉だけ。

誤飲した人工物の様な物は何一つなかったそうです。

23日の夕方、手術が終わった後に獣医師さんから連絡がありました。

手術は無事に済み、後は回復してくれれば月曜日に退院出来ると・・・。

 

昨日の日曜日は、所属クラブの会議があったので、
私は朝9時から横浜まで出掛けていました。

『何かあったら携帯へ連絡します』と言う獣医師さんの言葉に、

『電話よ鳴るな・・・。鳴ってくれるな・・・。』と願いながら、
夕方6時には自宅に帰宅し出来ました。

 

今になっても寝れなくて、この記事を書いているのは3時です。

でも、病院のケージの中で、たった3ヶ月の子猫が一人でいる。

それを考えたら、何をしても寝れなそうです。

でも、明日の朝には病院に行きたい。

 

『手術さえ無事に済めば月曜日には退院出来からね。』

と言う獣医師さんの言葉を信じて、

『何かあったら夜中でも電話するから』

と言う言葉に怯えつつも、

今日の朝には、無事に龍が退院して来る事を祈っています。

 

3匹の兄妹の中で、唯一この世に生を受けた龍を、
今更連れて帰ってくれるな、神様。

朝には、あと6時間後には
『龍くん、元気になったからお迎えに来て下さ~い』
っていう電話が来る事を、本気で祈っています。

 

万が一、龍を連れて帰ったりしたら、
後にあなたの元へ私が行ったあかつきには、
固いのを一発、お見舞いしてやるからね・・・。

龍だけは、絶対に連れていかせません!

 

龍は何も悪くないのに・・・、何で・・・。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

仔猫の誤飲は良くある事です。
玩具に興味があるからこそ口に入れてしまう。
注意しなくちゃいけないのに、どこかに『大丈夫』という過信があった。
最近の執事、こんな事を繰り返してばかりです。
結果的には何もお腹には入ってなかった訳だけど、
もうちょっと早く気付いていれば、手術をさせずに済んだかもしれない。
他に手立てがあったかもしれない。
でも、今はとにかく、龍が無事に帰って来てくれる事だけを祈ります。
お願いだから、生きて帰って来て、龍くん。

 

追記 (AM11:00)

先程、龍の入院する病院から電話がありました。
『えらい元気でさ~、食欲もあるから帰せるんだけど、
 ちょっと微熱があるから、退院は明日かなぁ~。
 でも、良く食べてオシッコもウンチも出たから心配ないよ~。
』との事でした。
でも、これから龍のお見舞いに行ってきます。
明日退院出来るんだろうけど、元気もあるんだろうけど、
やっぱり顔を見ないと気持ちが落ち着かないし・・・。
では、今からパラボラ龍の様子を見に行って参ります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

すっかり通り過ぎた誕生日。

先日の後記で書きましたが、今月、誕生日を迎えたお方がおります。

誕生日から10日も経ってしまいましたが・・・( ̄◆ ̄;)

 

我が家の二枚看板の片割でもある銀二君。

2010年7月10日生まれ。

誕生日に計測した体重は7.8kg。
メインクーンの男の子らしく、それはそれは立派な男子に成長しました。

がしかし、身形はデカイがまだまだお子ちゃま。
めでたく1歳の誕生日を迎えました。

 

Img_7469_2

この時、風ちゃん8ヶ月、銀二5ヶ月。
男の子の大きさと言うよりは、銀二が明らかに大きいだけです。

 

銀ちゃんは、滋賀県から来た、我が家のひこにゃん。(笑)

お迎えした直後は、水の張ってある湯船に自ら入り、
執事が掃除してる最中に、掃除機の上に乗り
『お馬さんごっこ』をして遊ぶ事を覚え(笑)
わかちこすら恐れず、誰も恐れる事のないのんびりさん。

まぁ、今でも十分、のんびりさんですけどね・・・(;´▽`A``

体の大きさからは想像出来ない程、おつむの回転はゆっくりですが、
『銀二!』って呼ぶと『ナァー』って返事してくれる、
何とも可愛いヤツなのです。

 

男の子部屋で、金ちゃんと折り合いのつかない時もあるけど、
どっちかと言うと『みんな仲良く』精神が強い男の子らしく、
女の子に興味があっても、怒られると近寄れない銀二くんです。

金ちゃんとは、けん制しつつも仲が良くて、
女の子にヒートが来てなきゃ~喧嘩はありません。

本当なら、男の子1頭に1部屋構えたいのが執事の希望だけど、
まぁ、今の住宅事情では少々無理なので、
これからの対策を練って、銀二君と金ちゃんはいつかは別居でしょう。

 

Img_7629_2

とにかく長くて、とにかくデッカイ銀二君。

少々間違ってる部分があるのは、過去にもご紹介しましたが、
8kg近くなった今でも、お腹を出して寝る姿は変わりません。

おっきいし、重いし、流石に手の平には乗らなくなったけど、
私が『悩殺されたお姿』は、今も健在です。

 

Img_7620_1

どぉよ。この姿・・・。

この悩殺ポーズに執事はやられちまったのさ・・・ふ・・・。

 

今ではコートがヨレヨレで、毛玉お化けになってしまいましたが、
ブラッシングは嫌いじゃない銀二君なので、
執事の手が治り次第、コームが持てる様になったら、
綺麗にシャンプーしてあげたいと思います。

なので、最近の写真はそれまで待って下さいね。

 

我が家に来て8ヶ月。

その存在感は他の子に劣らないけど、
おつむはちょっと劣っている、愛嬌のある銀二君。

お誕生日には、出血大サービスして、
アニモンダに生の馬肉添えて ~夏バテ防止も兼ねて~
でお祝いしました。(笑)

 

今年の暮れ辺りには、銀二もお父さんになる予定。

あくまでも予定だけど、立派なイクメンになってくれる事を期待しつつ、
今日は毛玉取りに挑戦してみようと思います。

 

毎日の応援、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

銀ちゃんは本当に優しい男の子です。
とあるモノがなければ、女の子と間違える位の優しい性格。
仔猫をみた銀ちゃんは、一緒に遊ぶと言うよりは、遊ばせることに夢中。
ボールを転がして誘ったり、玩具を運んで遊び方を教えてみたり・・・。
子猫達が遊ぶようになれば、側に座って見守ってる男の子です。
大きな体で優しいからか、子猫達からは絶大な人気者。
喧嘩ごっこも思いっきり手加減するから、子猫達の方がやりたい放題!
仔猫に引っ掻かれて鼻の頭に傷を作ってる男の子って一体・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

元気になって参りました。

海の日の三連休、皆さんは如何お過ごしでしたか?

家族サービスに忙しかったパパさん。
世の中は休みなのに、普段と変わらない、
いや、普段以上に忙しかったりしたママさん。
ご苦労さまでした。

執事一家は、執事2号は仕事。
執事はいつもの様・・・とはいかず、連休最終日に、
愛車がオーバーヒートしてディーラー通い。(ノ_-。)
娘1号は仕事。娘2号は中体連の支部大会でございました。

で、連休が終わっても、その後にやって来る大型連休。
魔の夏休みが来ますねぇ・・・(;´д`)トホホ…

 

月ちゃん、執事の手を噛む事件から6日目を迎えました。

普段、ザックリ切った切り傷すら1週間もあれば完治しちゃう
『自己治癒能力の高い野生児執事』なので、
今回の傷も、引っ掻かれた傷は既にカサブタも取れました。

軽く噛まれた傷は、既に何事も無かったかの様な状態です。

左手の人差し指は1ヵ所。 右手は2か所。

これだけが結構深い傷だったらしく、連日の猛暑のせいでしょうか、
流石に化膿してしまい、連日の様に消毒に通院中でした。

まぁ、連休中は病院も休みだから、通院もお休みでしたけどね。

 

で・・・

 

噛まれた事なんて全く気にしていない執事ですが、
消毒に通うのだけは 『もうイヤァ~~~~!!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。』

だって、消毒の時には膿を出さなくちゃいけないらしくてさ、
先生がピンセットで『ピッ!』って皮を剥いでさ、
腫れて痛い患部をさ、ピンセットとガーゼでグリグリしてさ、
膿をギューってしてさ、絞り出すんだもん・・・。

おまけにさ、仔猫の牙だから小さいのに、患部をピンセットで開いてさ、
消毒薬塗りつけてさ、ガーゼを突っ込んで消毒するんだもん。

 

『いてぇ~んだよ!いてぇ~っていってんだろぉ~がっ!!』

って言いたくたって、んなこたぁ~絶対言えないし、
そこは化膿してんだから堪えなくちゃいけないんだろうから、
耐え忍ぶ音声のみで耐えております。

『こんなに痛いのはイヤァ~!!!!!!!』

って思ったので、二度と噛まれない様に気をつけます・・・(笑)

 

でも、お休み中に熱心に消毒してた甲斐があったのか、
通院も今日で終わりそうです。

イタイショウドクヨ、サヨーナラー (_´Д`)ノ~~

 

一人っ子だった龍くんにも、同じ位のお友達が出来た訳だし、
今まで兄妹と遊んでいた月ちゃんにしてみれば、
兄妹と同じ様に遊べる仲間がいる訳で、

これはどっちにも良い環境だと思われます。

 

でもね・・・、あのね・・・・・・、

 

二人で執事の両足に齧りつきながら遊ぶの、
やめて欲しいんだぁ・・・(;´▽`A``

お手手をチョイチョイ出して、相手の手に触ると興奮して、
執事の足に『ガバッ!』っと抱き付くのは、子猫だから何となく分かる。

でも、そこでどうして、相手の目をみながら、
抱きついた執事の足を、蹴りながら噛んでるんでしょうか???

で、本気で噛むのやめませんか?結構痛いんですよね・・・。

 

小さい牙だから、たいした事ないと思うでしょ?

とぉ~~~んでも八分。(笑)

メインクーンの大きさは、子猫でもデカイ。

実家で保護したにゃんこも龍&月と同じ位の月齢だけど、
大きさはほぼ『半分』しかない。

野良ちゃんと比べたら、倍の大きさがあると思ってもいいです。

牙だって倍の大きさだもの、噛まれれば痛い。
痛いだけなら良いけど、時々血が出る事もある訳です。

 

で、この頃から、執事の『人間からの躾け』も始まります。

が、大きな手で叩いちゃダメよ。

執事がするのは、かるぅ~い『デコピン』です。

我が家のお猫様は、怒っても辞めないと『デコピン』
最近は『デコピンポーズ』するだけで辞めてくれます。(笑)

なので、龍&月にも、同じ様に覚えて頂いております。

 

が、この時期の子猫は『反抗的』
デコピンが痛いって分かっても、勇猛果敢に挑んで来ます。

おまけに、龍くんは『ワニさん』 ( ̄皿 ̄)ガオー

興奮すると、口を開けたまま向かって来るので
『ワニ龍』とも呼ばれてるんですが、
デコピンポーズに、大きな口を開けたまま挑んで来ます。

でもまぁ、最期はデングリ返ししながら、
お腹を出して『参った!』しますけどね。(笑)

今まで、一緒に遊べるサイズの仲間がいなかったから、
噛んだりする力が『成猫に対しての力加減』でしたが
月ちゃんと遊ぶようになれば、加減を覚えてくれるかもしれません。

 

さて、二人で走り始めてカレコレ30分が経過。

いまだに『トタトタ~!』 『バタバタ~!!』と言う
仔猫特有の効果音が鳴り響いていますが、そろそろ電池が切れるかな?

一緒に遊び回って、一緒にお昼寝。
すっかり兄妹の様に仲良しさんな龍&月コンビ。

人間がお出掛けする時は、2匹で仲良くお見送り。
帰って来れば、これまた仲良く2匹でお出迎え。

玄関の框に2匹で『ちょこぉ~ん』と座ってる姿は、
クソ暑い 猛暑の外に出る気を奪って行きますが、
可愛い子達に見送られ、出迎えられるのは、何とも気持ちが良いもんです。

 

今日は台風の影響で、朝から雨の降る天気ですが、
農作物にとってみれば、この台風は恵みの雨。
先週1週間、ゲリラ豪雨もなく、雨の少ない日が多かったからなぁ・・・。

人間がせっせとあげる水なんて、雨に比べたら何とも無力。

自然は自然が管理している訳で、
その自然に住まう人間も、ただの動物でしかないんだよね~

と、雨雲をみながら思う執事でした。

 

毎日の応援、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします!

バナーの人が、エライ事になっております。
子供のコートがこの暑さでバッサリ抜け、抜け毛がそれはそれは大量・・・。
おまけに、お腹やお尻に、け、け、毛玉が・・・orz
バリカンコースでサッパリと行きたいんですが、実は彼、まだ1歳。(笑)
お誕生日記念の記事をすっかり忘れちゃいましたが、1歳なのです。
9月のショーに出そうか悩んでいる執事なので、バリカンに手が伸びないのです。
どうしようかな・・・。思いきっちゃおうかなぁ・・・。
でもぉ・・・、まだプロフォト撮ってないんだよぉ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

月ちゃんのご紹介です。

我が家に迎えて1週間が過ぎました。

お腹が緩くなっちゃったり、くしゃみが出て病院通いもしましたが、
もうすっかり元気になった月ちゃんです。

 

Img_8374_1_2 

写真は先週撮った物なので、まだまだ慣れてない雰囲気ですが、
今日辺りは、すっかり龍くんと仲良しになってます。

二匹で仲良く駆け回る姿は、本当に可愛いです。

 

我が家で生まれた龍くんとは、誕生日が4日違い。

4月25日生まれのシルバーのお嬢さんです。

 

龍くんと月ちゃん
同じシルバーなので見分けが付きにくいんですが、
龍くんは背中が明るい色で月ちゃんより大きいし、
月ちゃんは真っ黒なシルバーちゃんなので、
執事は見分けがつく様になりました。

おまけに、同じメインクーンでも顔付きが違うので、
顔さえ見れば、家族全員、見分けが付きます。

ちなみに、私と同じ様に間違えないのがわかちこ。

背後からだろうが、暗い部屋だろうが、
抱っこさえすれば誰だか判別出来てるんだよねぇ~。

おまけに、持ち方がわかちこ流メインクーン持ち・・・。
習慣ってすごいね。(笑)

 

Img_8391_1

月ちゃんは、小夏と同じお里からやって来ました。

もちろん、小夏とはパパもママも違います。
でも、パパの方には小夏のパパと兄妹のお婆ちゃんがいます。

 

ちなみに、お父さんはブルータビーなので、
月ちゃんにはダイリュート因子が入ってます。

我が家の銀ちゃんにお嫁入りすると、生まれる子の4分の3が
ダイリュートカラーになる恐れあり・・・(笑)

ソリッドは、出るのかしら?
月ちゃんの兄妹だかにブラックがいるらしいので、
まぁ、確率は高いのかしらぁ~?(゚m゚*)ムフッ

 

Img_8395_1

お転婆で、物怖じしない性格の月ちゃん。

小夏のお里に伺った際、聞き慣れないわかちこの声に
誰もがみんな警戒して隠れてたのに、
月ちゃんだけは、わかちこと一緒に遊んでました。

わかちこを恐れる様子も無かったので、
我が家に来ても、誰も恐れません。

まぁ、初日はドデカイみんなからの『ご拝謁』があったので、
流石にその時は『ビクビク・・・シャー!!』とは言ってたけど、
翌日からは、自ら近付いてってた位です。

病院でも、診察の時は普通にしてました。
さすがに、3本目では逃げ出したけどね・・・(笑)

 

あ、ちなみに、犬も平気です。

小夏のお里に犬はいなかったのに、『なんだこれ?』って興味深々です。

 

昨日から、サークル生活が終わってリビング組に参入した月ちゃん。

出て来た途端に龍くんと遊びだし、
それからは、遊ぶ・寝る・食べる・トイレ、全て龍くんと一緒。

龍くんが一生懸命、月ちゃんに教えてくれてる様で、
そんな姿を見た小夏母さんは、月ちゃんまでお世話してくれてます。

 

ここだけの話、龍くんはまだおっぱい飲んでるの・・・。

回数にしたら1日1回位なんだけどね。

でね、龍くんがおっぱいに吸い付いてるのに、
『クルクル・・・』って、子猫を呼ぶ鳴き方をしてるから、
『だって龍くんいるじゃん?』って思ったんだけど、
どうやら、呼んでたのは月ちゃんだったらしいです。

その姿を見た月ちゃんまでもが、
小夏のおっぱい飲んでるの・・・( ´艸`)プププ

小夏母さん、月ちゃんまで『我が子』と思いこんじゃったのかな?

 

でも、おかげさまで月ちゃんはすっかり家族に仲間入り。

玉三郎おじちゃんの尻尾にジャレタリもするし、
お春おばちゃんには、ここぞ!って言う時にお世話になってるし、
小夏&風ちゃんは、我が子の様に世話してくれてるし。

何よりも、龍くんの遊び相手になってくれているのは、
執事としては、本当に感謝してます。

 

月ちゃんは5匹兄妹で、4姉妹の女の子。

兄妹の中の男の子は、ブリーダーさんちに行くらしいし、
姉妹の中のブラウンちゃんは、お父さんのお里へ戻ります。

もしかしたら、3頭がショー会場の審査ケージで
仲良く(?)並ぶ姿を見れる日が来るかも知れません。

 

今も龍くんと一遊びして、窓辺で仲良くグルーミング中です。

その姿は、本当の兄妹みたいで、
『慣れてくれるのかな・・・。仲が悪くなったら・・・』
って言う、無駄な執事の心配も吹っ飛びましたとさ。

 

只今、龍&月は湯船の中を探索中~(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

月ちゃんに噛まれた傷も、5日目にして完治の兆し。
傷口も閉じて、既にカサブタ状態です。
噛んだ本人は、執事の指を見る度に舐めてくれてます。
彼女なりの陳謝の姿なのかな?なんて、勝手に思っております。(笑)
我が家に馴染み、お猫様部屋の男軍団にも既に挨拶済み。
8kgクラスのドデカイ男の子が、1kgちょっとの子猫を見て怯え、
高い所にスタコラサッサ~と逃げまわっておりますが、
『君達の未来のお嫁さんなんだけど?』って説明しても
分かってくれてる感じは受け取れません。
なでしこJapanも優勝して、今の時代、女が強いのはしょうがないのか・・・(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月15日 (金)

やられちまったい!

『窮鼠猫を噛む』

弱い者でも絶体絶命の窮地に追いつめられると、
強い者に逆襲することがあるというたとえで、
追いつめられた鼠が、逆に必死で猫に噛み付くという意味から。
「窮鼠反って猫を噛む」ともいう。

これを例にして、昨日の事件を捉えると・・・

 

『月ちゃん、執事の手を噛む』

どんなに可愛い顔をしていても、嫌だと思ったら命懸けなんだから、
例え相手が子猫だったり、普段はどんなに大人しい子だとしても、
病院で注射する時は、口の届かない所をしっかり持って気をつけましょう。

と言う事になります。(笑)

 

久々に噛まれてしまいました。

動物病院で月ちゃんの注射をする前に、
先生に私の手の応急処置をして貰う羽目に・・・(@Д@;

 

お迎えしてからと言うもの、慣れない場所でのストレスで
くしゃみが出る様になってしまった月ちゃん。

検温してみたら、お熱も39°台とちょっと高め・・・。

お腹が緩いのは止まったのですが、
『こりゃ~病院に連れてがなきゃ・・・』と言う事になり、
昨日の午後、月ちゃんを病院まで連れて行きました。

 

で、一通りの診察をして、注射するぞ~までは良かったの。

注射の数は全部で3本。
執事が前方、看護師さんが後方を保定して、
1ぽぉ~ん、2ほぉ~ん・・・までは良かった。

さぁ~最後の3本目。これでおしまいだよ~。

って時に、月ちゃん、全力で逃げる算段に出た訳です。

 

で、看護師さんには逃げて頂き、執事が捕獲。

で噛まれたと・・・。

 

とりあえず、注射は後にして執事の手を応急処置して貰って、
しょうがないので、バスタオルで保定して最後の注射。

で、キャリーに入れたら『ミューンミューン』と
それはそれは天使の様なか細い鳴き声。

『可愛い声で鳴いてるけど、あなた思いっきり噛んだでしょ・・・』

って愚痴を一言。(笑)

 

獣医師さんや看護師さんの方が驚いちゃってましたが、
執事は至って平気でした。

看護師さんは大丈夫?って方が気になった・・・(笑)

 

今、我が家に居る子の中で、よっぽどの事があって、
執事に噛みついた子はほとんどいません。

と言うか、今回の月ちゃんを入れても2回目です。

大抵の子が『噛む』より『逃げる』 もしくは『隠れる』(笑)

 

噛まれた2回の内、どちらもお猫様にして見れば
『追い詰められた時』になります。

けれど、長い間、一緒に生活をしていると、
お猫様にしてみれば『追い詰められた』と思いたくなる場面もあります。

それが病院での注射だったり、
シャンプーの後のドライヤーだったり、
お尻に出来たデッカイ毛玉を取る場面だったり・・・

そんな時に、お猫様は先制パンチを繰り出しますが、
それでも執事にとっては辞められない場面も出て来て、
そんな時にこそ、お猫様は『追い詰められた』と感じる訳です。

で、噛むと・・・

 

思いっきり、遠慮なく噛んで来る時もあれば、
遠慮がちに『辞めてってば~!』って噛む時もありますが、
それでも、猫にしてみれば『自己表現』でしかないし、
執事にしてみれば『執事の心、猫知らず!』って訳です。(笑)

 

まぁ、こればっかりはしょうがない。

執事の『どんな事があってもやってやる!』って言う欲と
お猫様の『絶対に阻止してやる!』って意気込みがぶつかると、
こぉ~んな事件も起きる訳ですよ。

だからって、途中で辞める訳にはいかないのが人間側の理由。

『どんなに嫌だって言っても、これはしなきゃ駄目なの!』
『ニ゛ャ~~~~~~~!!』
『文句言っても、母ちゃんは辞めません!』
『ニャオォーーーーー!!』
『母ちゃんを噛んでもいいから我慢せいっ!』
『・・・・・・・・・・・・・・』

これ、執事が『お猫様が嫌う事をする際に言うセリフ』です。

もちろん、噛まれる事は滅多にありません。

やる事が初めての時か、2回目に大反抗される時に
最大限の抵抗を見せる可能性が高いかな?

んでもね・・・

 

噛まれたぁ~って、蹴られたぁ~って、引っ掻かれたぁ~ってぇ~
これは大事、成せばならぬよ、猫の為なんだぁ~

(手の平を太陽に のサビの部分に当てはめてどうぞ~)

と、歌ってごまかすしかない。(笑)

 

でも、おかげさまで月ちゃんの症状は良くなりました。
くしゃみも
鼻水も止まったし、涙目だったお目目も良くなりました。

何より、食欲が増した・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

と言うより、うちに来た時から『よく食うなぁ・・・』って思ったんですが、
それよりも増して、よく食っております。

『その量の飯がどこに入るんだ?どこに・・・』って位・・・(笑)

 

熱も計ったけど、37℃6分まで下がりました。
やっぱさ、薬って効くんだね~。

噛まれはしたものの、注射して貰って良かったです。

 

物怖じしない子ほど、噛む時は遠慮なし。

これ、改めて肝に銘じました。

で、執事は昨日の夕方に外科へ行き、
めでたく執事も『破傷風』の予防接種をして頂きました。

『4~6週以内に2回目の予防接種を受けて下さい』だそうです。

で、消毒されて薬を塗られてこんな感じ。

Img_8396_1Img_8398_1_2 
お風呂にも入れましぇぇ~ん(笑)

で、昨夜は庭で使用する、使い捨てのビニール手袋をして、
手首にはサランラップをグルグル巻きにして防水加工。

で、執事2号に『三助さん』をして頂きました。

今朝は少々の痛みはあるものの、そんなに腫れてもいない。

かなり深く噛んだ場所もあるので、傷がある分の腫れはあるけど、
慣れてるのか、薬が効いてるのか、
『猫ひっかき病』とまではいかなそうです。

 

普段、執事は病院にお世話になる事が滅多にないので、
こういったケガの時に、どこに行っていいのか分かりませんでした。

獣医師さんに『腫れが出たらすぐ医者に行ってね』と言われ、
『それって内科?』って聞いた位。(笑)

帰宅しても『別にこの位のケガで医者に行くのはねぇ・・・』
って思ってたんですが・・・
よく考えてみたら、両手が使えないのはちょっと困りもの。

過去に腫れた時は、1週間は使いものにならなかったので、
『それは困るわよ!』と思って医者に行きました。

 

でもね、行った方がいんだって。

軽く引っ掻かれた程度なら医者に行く必要はないらしいけど、
がっつり噛まれた時は、医者に行くのが良いらしいです。

これは犬の場合も同じだそうですよ。

 

包帯を使った事すら10年ぶり位なので、
何だかとっても『大げさな気分』なんですが、
『まぁ、痛いんだからしょうがないか・・・』と思いつつ、
不便ながらも、やらなきゃいけない事はある訳で、
その度に、あっちゃこっちゃに手をぶつけ、
『ぐぁ~!!』だの『うおぉ~~~!!』だの『・・・・!!!!』
と言う断末魔をあげている執事でした。

 

んでも、月ちゃんが元気になって良かったっす!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

こういった事故が起きると、飼い主さんの中には猫を叱る人がいます。
でもね、猫にしてみれば『嫌な事をされた』と言う認識しかないのです。
注射の意味が理解出来ないんだもん、猫にしてみれば最大限の反抗なだけ。
別の言い方をすれば『噛まれる方が悪い』とも言えます。
もちろん、こういった事故を防ぐ方法もちゃんとあって、
今回の事故は、執事の『大丈夫』と言う過信が生んだ事故です。
保定をしっかりするか、もしは洗濯ネットなどに入れてから注射をする。
これだけも事故は未然に防げるのです。
『噛んだ猫が悪い』のではなく『噛まれる様な保定をしてた執事が悪い』
と言う事を念頭お置いて、今回の事をご理解下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月14日 (木)

洗う派 or 洗わない派

猫のシャンプーに関する記事を何度か書いていますが、
玉三郎を飼うまでの執事にとって、
『猫のシャンプーは特別な時にする物』でした。

その『特別な時』がどんな時かと言うと
『ノミがいた』とか『皮膚病だ』とか『お尻にウンチが!』とか・・・

だって、それまでの執事は
『室内飼育したくても、させて貰えない実家住まい』
だったんだもの・・・。

まぁ、要するに『緊急事態』の時がほとんどでした。

 

本来の目的である『綺麗にする』の次元が
『キャットショーの為』になったのは、玉三郎を飼い始めてから。

それまでは『猫のお風呂は一生に数回程度』って思ってた執事です。

 

で、『猫を洗うって、そもそも良い事なのか?』って
猫を洗う派の人も、洗わない派の人も、疑問に思いませんか?

『水が嫌い』と言われる猫を洗うんですから、
濡らすとなれば抵抗されるし、鳴き叫ぶ時だってある訳です。

洗わない派の人にしてみれば
『そこまでして洗う必要があるの?』って思うだろうし、
洗う派の人にしてみれば
『それでも洗わないといけない』って思いがあると思うのです。

 

で、そもそも『猫は水が嫌い』って言われてる理由はご存知ですか?

猫の祖先は・・・大元は犬と一緒と言うのはよく知られていますが、
家猫の祖先は砂漠のある地域で発生したと言われています。

皆まで言わずともお分かりですね。

水の少ない地域で発生した家猫だからこそ、
水が嫌いと言われる理由になっている訳です。

 

でも『そもそも本当に水は嫌いなの?』って思いません?

あたしゃ~ここんとこを本気で悩んだ経験があるよ・・・(笑)

執事が見ている限りで言うのであれば、
猫の水嫌いは『喰わず嫌い』と一緒だと思ってます。

要するに『どういう物なのかを知らないからこそ怖がる』ので、
『何なのかが分かれば無意味に怖がらない』と思えます。

 

では、比較対象の的にされている犬の場合はと言うと・・・

犬だって洗われるのは嫌いです。これホント。

水が大好き!と言われるラブラドールレトリバーがおりますが、
あれだって『水に飛び込むのは大好き!』だけど
『シャンプーされるのは嫌い』です。断言します。(笑)

でも、慣れれば平気って言う犬は沢山いますよね。

トリミングサロンを怖がっていた犬も、数回通う事で慣れて来るし、
そこにご褒美が出てくれば『これはいいぞ!』と言う事で
サロン通いを喜んでくれちゃったりもする。

猫の場合もこれと同じで、いい事があると思い込めば
『イソイソとお風呂場に通う猫』に育てる事も可能です。

 

執事の実家で飼っていた野良は『疥癬』と言う皮膚病でした。
拾った直後から全身を痒がり、所々ハゲもありました。

症状で『疥癬』だとすぐに分かったので、
動物病院に行き、毎日2回の薬浴を命じられました。

でも、その薬が一向に効かない。

おまけに人間様まで疥癬に感染してしまい、
一家全員が『痒ぅ~い!』と言う最悪の事態。

苦肉の策で考案したのが『群馬の草津の湯』に入れる事。
要するに『硫黄風呂』です。
その当時販売されていた『六十ハップ』と言う物を使用して、
朝はタライで、夜は人間のお風呂に投入して湯船に浸かってました。

1週間程度で痒みは無くなり、猫も痒がる事が少なくなり、
2週間後には1日1回の薬浴に変え、
1ヶ月後にはそれはそれは綺麗な子に変身しました。

動物病院でも『この短期間で、よく頑張ったね!』と言われる程、
疥癬に対しては効果は抜群でした。

 

がしかし、その『支障』は思わぬ所に出ます。

その猫、すっかりお風呂好きに変身してしまったんです。

実家の母がお風呂に入ると、浴槽の縁に後ろ向きに座り、
母に掴まりながら、後ろ足からゆっくりと湯船に入って行くのです。

母がいない時も入ろうとするし、入っているのが誰でも入ろうとするので、
疥癬が治った後、1日に何度もお風呂に入っている猫に変身しました。

で、お風呂に入れないとどうなるか・・・

 

うっさい。(笑)

 

鳴くし、喚くし、喧嘩腰になるし、それはそれは凶暴化するのです。

なので、1日に1回の入浴は1年以上続きました。

その後、新しい飼い主さんの元へ貰われて行ったのですが、
いまだにお風呂には入ってるそうです。(笑)

 

こんな例もあるので、『猫は水嫌い』と言うのは『通説』でしかない訳です。

中には好きな奴だっている。
と言う事は、犬と同じ位の感覚と思って良いと思うのです。

現に、我が家の銀二も自ら湯船に入りますからねぇ・・・(笑)

 

では、『何で洗うのか』ですよね~。

キャットショーに行くのであれば洗うのは当然の事なのですが、
一般のお宅の猫ちゃん(完全室内飼育)を洗う理由は何でしょう?

完全なる室内飼育であれば、汚れる率はかなり低いですし、
ノミやダニにも、皮膚病にもそうそうは感染しません。

なのに何で洗うのでしょうか?

 

例えば、ペルシャ系の猫ちゃんを飼っている方であれば
『洗わないと毛玉お化けになる』って言う人もいますよね。

メインクーンの場合はスタッドテイルと言う症状があるので、
皮膚病を阻止する為にもシャンプーをする場合があります。

長毛種であれば、定期的なシャンプーをするのは
『正しい飼育方法』でしかない訳ですが、では短毛種は?

洗う必要ないよね~?

 

と思うのが間違い。

短毛種だって抜け毛はある。
換毛期には大量の毛が抜け落ちるのは、短毛種も一緒です。

そこで登場するのが『抜け毛を一掃するシャンプー』な訳です。

それに、高齢になると突然皮膚病を発症する事も少なくありません。

その時に、いきなり経験した事のない薬浴を・・・ってなったら、
病気よりもストレスで健康に害が出る場合だってあります。

そう言う事も考えて、若いうち、順応性の高い時期から
シャンプーをして馴らしておく事は必要だと思います。

 

それと、猫アレルギーって言う言葉がありますが、
あれは『猫』ではなく『猫のフケ』に対してのアレルギーです。

シャンプーする事でフケを抑えておくと言う場合もありますが、
シャンプーが原因でフケが増える場合もありますので、
洗い方にもコツがあるので注意が必要です。

 

で、なぁ~んでこんな話をするかと言うとね、
私の通う動物病院は2件ありますが、双方違う意見を言う訳です。

一方は『猫は洗わなくても平気』って言うし、
一方は『定期的に洗って馴らす事も必要です』って言う訳です。

『じゃぁ、どっちが正しいのさ!えっ!?!?』

って、執事は思う訳です。

でも、行きつく所は『どっちも正しい』って訳です。

はい結論。

 

うそうそ。(笑)

 

洗う・洗わないは、やっぱり猫種にもよります。

執事がブリードしているメインクーンと言う猫種は、
去勢・避妊してあっても、最低でも1年に1回は洗って欲しいし、
出来る事であれば、3~4ヶ月に1回程度のシャンプーをして貰うと、
抜け毛の軽減やスタッドテイルによる皮膚病を防いだり出来ます。

はい、そこのあなた!
『お前はしてるのか!』って言わない!(笑)

で、長毛種はやっぱり洗ってあげた方が良いです。

毛玉製作の防止にもなるのは当たり前だし、
抜け毛が軽減する事で、毛球症も防げます。

毛玉を吐く事も少なくなるし、何より匂いも軽減出来ます。

猫は綺麗好きだから臭くないって言うのも嘘。
やっぱりね、猫独特の匂いはあるよね・・・。

で、洗うのは良いけど、毛を洗うよりは皮膚を洗う事に専念する事。
汚れた皮膚を濡らして乾かせば、フケが大量発生するのは当然の事。

皮膚を洗う事に専念すれば、必然的にコートも綺麗になるので、
皮膚をマッサージする感覚で洗ってあげると良いですよ。

で、乾燥は完璧を目指しましょう。

タオルドライをしっかりやって、天日干しってのもありだけど、
自然乾燥では、日本の夏はカビの元です。

猫でカビ=皆がよく知る真菌もカビですよね。
これだけはどこにでもいる菌なので、防ぎようがありません。

カビはジメジメして高温の場所が好き。
シャンプー後の猫の皮膚は増殖するのに最適なのです。

なので、ドライヤーが嫌いな子は、扇風機でも良いのです。
風を当てて、コームを使って『皮膚を乾かす』事に専念して下さい。

そこは飼い主の頑張りどころ!
可愛い我がこの為にも、心を鬼にしてでも、
それでも優しく頑張ってみて下さい。

 

と言う事で、私もそろそろ心を鬼にしなければ・・・(笑)

 

先日はショーに行く予定だった風ちゃんを洗いました。
その後、執事が洗面所に行くと、猫がゾロゾロ付いて来ます。
我が家のお猫様達は『シャンプーをされる=愛でて貰える』
と思い込んでるヤツが多いのです。

ブラッシングだってそうです。

コームを持てば逃げるのに、誰かが犠牲になった後、
『良い子だね~』『綺麗になったね~』『可愛くなったね~』
何て言おうものなら、執事の周りに皆が集合。

我先に!とばかり、スリスリ&ゴツンゴツン攻撃が始まります。
自分をアピールして、自分も誉めて貰いたい訳です。

そんな訳なので、愛情独り占めしたい子ほど、洗面所で待機してます。

それでも、洗おうとすると逃げるけどね・・・(笑)

 

現役の男の子は大変。

デカイし、重いし、毛も多いし、おまけにギトギトだしね・・・。

それでも、シャンプー中も誉め讃え、ドライ中も誉め続け、
仕上がった姿をみて『おお~!良い男になったなぁ~!』
なんて誉めようもんなら・・・

『俺ってカッコイイ?そうなの?そんなぁ~』

って顔して、テーブルの上でポーズする奴が多い・・・。

犬もそうですが、猫も誉めて育てるのです。

 

ここだけの話、猫ほどナルシストな動物はいないと執事は思います。

そこら辺を上手く利用すると、風呂好き猫にさせる事が出来ると思います。

 

今年の夏は猛暑。と言うか、ここ数年、猛暑続き。

シャンプー後のドライは、人間にとっては地獄ですが
そこは冷風を利用して頑張って下さいね。

 

って、あたいもな・・・( ̄  ̄;)

 

最近は使用するシャンプーを変えました。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

仔猫を迎えた時からシャンプーに馴らせば、そんな簡単な事はありません。
でも、成猫や保護した子等は、シャンプーは100%大嫌いです。
我が家のシャンプー大嫌い大臣は小次郎。
あ、シャンプーは平気だけど、ドライヤー大嫌い大臣なのです。
もう1頭、クロちゃんはシャンプーも、もちろんドライヤーも大嫌い。
でも、そんな彼らも掃除機は平気。
毎日の様に執事が使ってるからなのか、掃除機を見ても逃げもしません。
馴らすまでが大変だけど、仔猫の内なら慣れるのも早い。
・・・・・・・・・・・・・・・・
あたいも子供に戻りたい・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月13日 (水)

新人さん、いらっしゃぁ~い。

都合の悪い事は、右から左へ受け流していく執事です。

(ネタが古いって言わないで・・・笑)

 

お題の通り、新人さんが増えました。

シルバーの女の子。龍くんとは4日違いのお姉ちゃんです。

呼び名は『月ちゃん』と申します。

 

『女の子は四季の名前が良い』と思っていた執事ですが、
今回迎えた子は『シルバー』と言うカラー。

お春ちゃん、小夏、次に来るのは『秋』

でも、シルバーなのに『秋』
モミジってのも変だし、紅葉でも変。

『ん~どうしようかなぁ・・・』と真剣に悩みましたが、
『秋、私の誕生日頃・・・、中秋の名月!』
と言う事で、お月様にしました。

こうなると『こじ付け』と言われようとも構いません。(笑)

 

で、もっと悩んだのが『血統書の名前』

お春ちゃんは『KASUGA』 小夏は『KONATSU』
このままでいくと『OTSUKISAMA』になり兼ねない・・・(爆)

そ、それだけは避けたかったので、英語にしちゃいました。

とは言え、『MOON』でも『LUNA』でもないよぉ~。

 

正式なお名前は『LUNER MARE』 訳しますと『月の海』ざます。

なぁ~んで『月に海が付くの?』と思ったあなた。

 

するどいっ!

 

でもないしょ。(笑)

 

日曜日にお迎えして、今日で4日目。
お迎えした日から今朝まで、サークルの中で過ごして貰っていました。

お迎えした日の夜から昨日の朝まで、
長距離移動と新しい環境。
プラス、
新人さんへのご訪問客が多くて、ストレスだったのかな。

お腹が緩くなっちゃいまして、サークルでの生活になりました。

でも、昨日の夜頃からはお腹の調子も良くなって、
今朝も良いウンチをしていたので、晴れてリビングへ放牧となりました~。

 

とは言え、このお嬢さん。
かなりの『肝が据わったお嬢様』でございます。

リビングに出されて、まず初めに行ったのが『犬の観察』

その次にしたのが『春日の局様へのご挨拶』

で、トドメが『玉三郎の尻尾にかぶり付き』

我が家に来た子が、間違いなく『避けて通る』事ばかりを
さっさと済ませてしまう所、かなりの
大物と見た!(笑)

 

ちなみに、誰もが避けて通るわかちこ。
ん~なもんは、まぁ~ったく気にしや~しない!

わかちこが遊んでようが、奇声を発しようが、

『んなこたぁ~あたちには関係ないわよ・・・』
とばかりに、爆睡しておるのです。Σ(・ω・ノ)ノ!

 

生まれた時からわかちこの洗礼を受けている龍くん。

彼も同じく、寝てる時にわかちこに触られても、
『ぼくは寝るのでしゅ・・・』とばかりに寝ております。

 

仔猫ってさ、ある意味最強だよね・・・(笑)

 

我が家に迎えられた月ちゃん。

当分の間は一人で寝る事もあるんだろうけど、
きっと、あっという間に誰かのお尻にくっついて寝る事でしょう。

 

月ちゃんの写真はまたあとで!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

月ちゃんが『ミューミュー』って鳴く度に、慌てて飛び起きる小夏。
どうやら龍くんとの区別はついてるのに、仔猫の声には無関心ではいられない様子。
おまけに、お春ちゃんまでもが『どうしたの?』って心配そう・・・。
どうやら、母性本能をくすぐる声の様です。
でも、新しいお家から引っ越したばかり。まだまだお母さんだって恋しいよね・・・。
龍くんなんて、まだ小夏のおっぱいに吸い付いてるんだもんね・・・。
月ちゃんも、ど根性の持ち主なんだろうから、小夏母さんに甘えてもいいと思うよ?
が、わかちこに抱かれて安心して寝ております。
その根性、誰から遺伝して来たの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月12日 (火)

龍くんの予防接種。

え~、書くのが遅くなりましたが、
先週の七夕の日、7月7日に1回目の予防接種が完了しました。

龍くん、病院に行くまで、すごぉ~く

うっさい!!∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

ミーミー、ニャーニャー、アーンアーン

まぁ~良く鳴いてました。

車内で『坊っちゃん、うるさい!運転してるんだから脅かさないで!』
って言う位、時々『ミャオンッ!』て鳴いておりました。

 

で、病院の診察台の上でも小心者なのか・・・

と一抹の不安を抱きながら診察開始。

 

聴診器にじゃれる、かじる。
先生の手に抱き付いて猫キックを披露する。
検温中に看護師さんに撫でられてご満悦。
検便中も先生の手にじゃれる、かじる、抱き付く、キックする・・・

『健康だね。』

はい、太鼓判も頂けました。(笑)

 

体重は1.5kgでした。

昨年の子達と同じ時期の体重を比べてみると、
少々軽めではあるのですが、手足は大きいんだよねぇ・・・。

『君はお名前を戴いた方と同じで、大器晩成型なの?』
って思える位、手足が大きい男の子になりました。

 

正直、虚け者の坊っちゃん系(笑)の龍くんではありますが、
大きな男の子になる要素はあると思います。

で、缶詰嫌いな龍くんを何とかしようと思いまして、
執事はとうとう、夏の風物詩を購入致しました。

『缶詰が駄目なら生肉はどぉ~でや!』作戦。(笑)

鳥に、牛に、馬に・・・

お、お前、人間より良い物買ったんだから食っておくれね・・・(´;ω;`)ウウ・・・

 

予防接種の翌日は、ちょっと微熱があって大人しかったけど、
夕方になったら、いつも通りに元気一杯だった龍くん。

お母さんに甘えて、いまだにおっぱいに吸い付いていますが、
間違いなく、彼は生後2ヶ月半になりました。

そろそろ新しいパパ&ママの所にも行けるのですが、
パパ&ママのご予定もあるので、
去勢出来る頃までは我が家に居る予定です。

でも、もしかしたらそのままうちの子に・・・ってパターンもありそうなので、
まぁ、そこは臨機応変に行こうと思います。

 

次回の予防接種はお盆前。
その時も、またまたウッサイのかしら・・・( ̄◆ ̄;)

 

体力があるのか鳴き声は大きい・・・
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ
お帰りの際にポチっと応援してくれると嬉しいです♪

一人っ子で、みんなに可愛がられて育った龍くんなので
一人にされるのがとぉ~っても大っ嫌い。
キャリーバックの中で喚くけど、隣に大好きな風ちゃんがいる。
それに気付いたら、いきなり大人しくなって寝てました・・・。
でも、次回はお姉ちゃんはいないんだからね!
そろそろ、一人で行動出来る男になって貰わにゃ~困るでぇ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

毎回、心苦しくなる光景。

執事のペットショップ嫌いはナカナカ浸透している様ですが、
『嫌いだ~!』と言って何もしてない訳ではございません。

大嫌いな勉強なんかを、20年ぶりにめちゃくちゃ真剣にして、
せぇ~っかく苦労していろんな団体に入ったんだもん、
出来る事はやろうよ!と言う気持ちにもなるもんです。(笑)

 

動物取扱業の法改正も行われる様なので、
そろそろ思い切って書いちゃいますが・・・

執事が毎回、見る度に心苦しくなる光景があります。

それはね、テレビで放送されているペット番組の内容です。

 

よく、タレントさんがペットショップに行ってる光景があるでしょ?

そこに出て来る子犬や子猫の月齢がね、
『きゃぁ~可愛い~♪』の後に入るナレーション。

『生後1ヶ月になったばかりの○○の赤ちゃんです』

 

ねぇ、ちょっとそこのあなた。どう思う?

生後1ヶ月の子が母親から離されて、狭いケージの、
ミカン箱に気を盛った位のケージに入れられてるんだよ?

犬だって猫だって、生後1カ月って離乳も済んでないんだよ?

まだ離乳食を口にする様になったばかりで、
まだまだおっぱい飲んでてもおかしくない子犬と子猫だよ?

それが『売られてる』事に心苦しくならない訳がない!

 

うちの龍くんなんて、生後2ヶ月になって予防接種だってしたのに、
カリカリだってボリボリ言いながら食べられる様になったのに、
それでもまだ、1日に2回はおっぱいに吸い付いてるんだよ?

それよりも1ヶ月も早い時期に、
母親から離されてるだけだって『おいおい・・・』って思うのに、
競りに掛けられて販売されてる事自体が悲しくなります。

 

今の日本の動物取扱業の法律では
『幼齢の個体の販売を禁止』って言う事になってるんだけど、
生後1ヶ月って間違いなく幼齢じゃないの?

私が見てる限り、明らかに幼齢だと思うんだけど・・・。

『ご飯を食べられるようになったら幼齢じゃない』って考え、
そろそろ法律で規制して欲しいのです。

実際の話、法律では決められてないんだけど、
『離乳の時期(生後4週以降)』って言う前説があるから、
ペットショップブリーダーは、生後4週を迎えた翌日には、
競りに出す人がほとんどです。

要するに、生後29日目の朝には競り市場に居るんだよ・・・。

 

過去にペットショップのバックヤードの電気工事をしたんだけど、
それはそれは『目も当てられない光景』を垣間見ました。

ミカン箱の半分位のダンボールが20個くらい山積みになってて、
その箱の全てから『ミューミュー』『キューンキューン』って鳴き声がする。

箱は『息出来るの!?』って言う位の小さい穴が数個。
それも2cm位の穴が10個くらい開いてるだけで、
全ての箱が上下ともガムテープで封がしてある。

箱に張ってある伝票には、納品日が書かれあったけど、
その納品日は間違いなく昨日の夕方になってる。

けど、執事が仕事をしてたのは、翌日の夕方近く。

その間、生後1ヶ月に満たない子が、
明らかに飲まず食わずの24時間を過ごしてる訳です。

ダンボールの底部分はオシッコで濡れてるのが明らかだし、
中には『ガーガー』って言うかすれた声で鳴いてる子もいる。

で、そのバックヤードにはゴキブリが大量にいる・・・。

仕事を始めてから3時間後にお店が閉店になったんだけど、
その時初めて全ての段ボールが開けられてた。

箱の中を覗いたけど、どう考えてもまだ生後1ヶ月になってない、
『おっぱいに吸い付いてるのが普通でしょ?』
としか思えない大きさの子犬ばっかり。

それを見た店員の一言は今でも忘れない。
と言うか、忘れられない。

 

『やだ!この子まだ歯が生えてないよ!面倒臭いなぁ~。』

 

これから母親になりそうな女性の言う事ではないと思った。

って言うか、歯の生えてない子犬が売られてるって・・・。

  

20個の箱から出て来た子犬・仔猫の頭数は32頭。
その内、死んでいたのが2頭位いたのかな・・・。

そりゃそうだ。
エアコンもない真夏のバックヤード。
Tシャツ1枚で仕事してたって、執事は汗だくだった。

それなのに、水も貰えないんだもんね・・・。

 

その店の管理も悪いんだろうけど、管理さえ出来ない人が店頭に並んで
『この子はすっごく性格の良い子なんですよ~』
って言いながら笑顔で接客してる姿その物が
何とも不思議でなりませんでした。

 

執事の希望としては、法律で規制して欲しい事はただ1つ。

『生後8週齢を過ぎなければ販売してはならない』と言う規制です。

生後8週齢を過ぎる・・・と言うのは、生後56日以上。
それでもまだ2ヶ月には満たない月齢です。

最低でも8週齢が過ぎるまでは販売出来ないとなれば、
『ポイ』される子は少なくなります。

 

もちろん、その支障は購入者に反映されて来ます。

繁殖者は8週齢まで育てなければいけなくなる訳なので、
その分の経費が間違いなく出て来ます。

食費や維持費だって掛かる訳なので、店頭で販売されるとなれば、
今までの値段よりも格段に高くなるのは容易に考えられます。

けれど、この法律になれば、健康なんて関係ない繁殖者や、
短期間で儲かると思って繁殖を始める人には、
間違いなく『抑制効果』があると思っています。

おまけに、生後56日以上育てなければいけないとなると、
管理を怠る事で、個体の成長具合が大きく変わって来ます。

きちんとした管理下に置かなければ、
一目見ただけで『不健康』と分かる様になってしまうのです。

 

店頭販売する際に、購入者は『健康なのか』のチャックは間違いなくします。

他の個体よりも見劣りする子は売れ残り、
毎回同じ様に売れ残る繁殖者からは、
流石にペットショップも購入を見送る様になります。

売れなくなれば繁殖はしない人が多いパピーファームなので、
健康を無視した繁殖が、必然的に出来なくなる。

 

んじゃないかなぁ~?と、執事は思っているのです。

 

自分も同じ『動物取扱業者』ではあるけれど、
決して『同じ業を営む仲間』とは思いたくない人も沢山います。

現行の法律が、かなり厳しくなったとしても、
執事はそれを容易に解決出来ると思っています。

『生後3ヶ月まで販売してはいけません』って言われたら、
逆に喜んじゃうかもしれません。(笑)

 

海外では、ブリードをするのであれば、
『1頭に付き○㎡の飼養施設を自己所有で用意する事』とか、
『店頭陳列販売をしたら刑務所行き』なんて国だってあります。

でも、執事の本心は
『店頭陳列販売が無くなって、他の販売方法を確立したい』
です。

その辺はかなりマニアな話なので、各団体へ『意見』として提出しました。

 

あぁ、これでペットショップから嫌われるんだろうなぁ・・・。

 

でもまぁ、いっか。(笑)

 

ペット先進国のクセに、法改正が遅れている日本。
さっさと法律を厳しくして頂きたい物です。

だってさ、法律が厳しくなればなるほど、購入者になるであろう人は、
ペットとの幸せな時間を共有出来る様になるんだもんね・・・。

『健康で、一生を楽しく過ごせて、最期は病気ではなく老衰で亡くなる子。』

これが飼い主の1番望む、ペットとの生活なんじゃないでしょうか・・・。

 

飼い主の目線に立った繁殖者が増えればいいだけの事なのにね。

 

あぁ・・・今年の主任者講習が怖くなってしまった・・・(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援、よろしくお願いします。

今週末の執事は、小夏の実家までお出掛けして来ます。
執事2号とわかちこは『オスルバン』です。(笑)
小夏の実家には、うちの猫達の大元になったお猫様がいます。
既に12歳になったジージですが、子煩悩で優しいジージです。
行くのにも時間が掛かるので、ジージにはたまにしか会えないけど、
12歳になっても、昔からであろうその風格は衰えてません。
小夏の実家に行く時の楽しみでもあるジージとのご対面。
今回もジージをナデナデしてこようと思います。
あ、猫は13年生きると猫叉になれるんだっけ!?
おぉ~、ジージはあと1年もないのか!!
ん~、ナデナデしたらご利益ありそうじゃない?(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

次世代電球が普及中。

『次世代電球のLED』てなシロモノ、多くの方に知られてきています。

この所、執事2号の会社の仕事では、
LEDを使用した照明を希望なさる方が多くなってきています。

おまけに、最近のお仕事では、
セブンイレブンの照明をLEDに変更する
って言う様なお仕事も舞い込んで来ています。

どうやら、セブンイレブンの全店舗で、
照明をLEDに切り替えるって事らしいです。

 

でね、『LEDのどこがいいのさ!』って思いません?
電気代が安いから?消費電力が少ないから?

でもさ、LED特有のあの青白い色に違和感を持つ方も多くいて
懸念している方もいるのではないでしょうか?

でもね、最近は電球特有の暖色のLEDも普及してますので、
お近くの電球売り場でご確認くださいね。

 

ところがどっこい、電球からLEDに変えると、
明るいはずなのに暗く感じる人も多くいるはず。

ではなんで、同じ照度を保っているのに暗く感じるのか。

知りたくなぁ~いぃ~?(笑)

 

実を言うと、電球直下の明るさは一般電球と変わらないんだけど、
『LEDの明かりは直線的』って言う電球なので、
お部屋全体とか、1個で周囲全体を明るくする能力は、
一般電球にはちょっぴり劣っているLEDなのです。

分かりやすくお絵描きするとですね・・・

Cocolog_oekaki_2011_07_02_19_28

こんな感じ。 にしても下手な絵だ・・・(笑)

照射範囲を詳しく知りたい方は、
各照明器具メーカーのHPに実際の照射範囲を表す写真があるので
その辺を参考に器具選びをすると良いと思います。

 

広範囲を明るくする能力には劣るLEDなので、
照明をLEDだけにした店舗を外から観ると、
何とな~く暗く感じてしまうのは仕方のない事なのです。

がしかし、店内に入って商品をみると、
今までと何ら変わらない様に見えるはずです。

 

でね、LEDの良い所は、紫外線を発生させないのです。

と言う事は・・・、紫外線に集まる蛾などの虫が寄って来ない。
365日、24時間営業のコンビニにとっては、
夏場には、この上ない利点ですよね。

 

そして、LEDは熱の発生が一般電球に比べて飛躍的に少ない。

と言う事は、店内で暖かい空気が溜りやすい上の方、
天井面の温度上昇が抑えられます。

コンビニ等のエアコンは、ほとんどが天井埋め込みです。

上部の温度上昇を抑えると、エアコンが過剰稼働しない。
冷房効率も良くなると言う事になります。

 

と言う様な利点があるので、セブンイレブンは総交換にしたんでしょうね。

おまけに『電力消費を15%抑える』と言う事を考えると、
全店舗の照明をLEDにしたら、どんだけ抑えるかと言うと・・・

消費電力は今までの蛍光灯と比べて2分の1と計算しても、
照明に使用する電気消費量を50%抑えられます。

んでもって、冷房効率まで計算したら、
今までの電気使用量の25~30%程度は抑えられる。

・・・・・・んじゃないかと、執事は予想しております。

 

一般家庭でも、同じ事が言えるとなると、
照明器具代を考慮しても、かなりの節約になる気がします。

一般家庭の照明に使用する電気使用量の比率は、
1ヶ月の消費電力の20%とも言われているので、
その20%が半分になるだけでも、電気料金は1割近くも安くなりますね。

 

で、最近流行りの『LED電球』ですが、
その箱の説明書をよぉ~~~く読むと、
『○規格のダウンライトには使用しないで下さい』
なぁ~~~んて書いてあったりするんだよね~。

で、何で使用しないで下さいなんて書くのかと言うと
『発生した熱を逃がす工夫がなされていない照明器具』だから。

先程、LEDは熱の発生を抑えられるって書きましたが、
まぁ~~~ったくない訳ではないのです。

で、熱がこもって何が問題かと言うと、
『電球の寿命が短くなる』と言う問題がある訳です。

高気密・高断熱のお家では、
それに見合った照明器具が使用されているはずなんですが、
そう言う場合は、LEDの使用を控えて下さい。

なぁ~んて言われたりもする訳です。

 

がしかし、使ったからと言ってこれといった問題は起きません。

火災が起きる様な問題が起きる様な物を、
量販店で陳列販売するはずもない訳です。

唯一起きる問題は『電球の寿命が短くなる』って事くらい。

1度交換すれば10年は交換不要!とうたわれているLEDが、
7~8年で交換しなくちゃいけない
って言う事になるって言う事なのです。

たぁ~だぁ~しぃ~
器具の形状によっては火災が発生する事もありますので、
電球の取扱説明書をきちんと読んでから使用して下さいね。

 

ただ、冒頭に述べた様に
『直下型電球』と言う特徴がある事は忘れてはいけません。

部屋全体を明るくするのは、一般電球の方が勝ります。

ましてやダウンライトに後付けのLED電球を使用する場合、
電球は横面に差し込む器具がかなり多いので、
照射範囲が真下にはならなくなり、暗くなると言う支障が出てきます。

でも、それが狭い部屋のトイレだったり洗面所だったり、
納戸だったり玄関・ポーチだったりして、
尚且つ、電球が真下に向いているとするならば、
決して不便は感じないと思います。

 

もしくは、横面に付けても支障のないタイプのLED電球を選ぶ
と言う事も、念頭に置いて購入して下さいね。

 

それと、直下型と言う事を利点として考えるのであれば、
子供部屋の机の真上にLEDダウンライトを設置します。
これがね、結構見やすくて明るいのです。

そこへリモコンやスイッチで調光機能を付ければ、
主照明の麦球を付けてるよりも電気代は安いのです。

一般電球の時に使用していた調光機はLEDに変えると使用出来なくなります。
LED電球にする場合は、調光機もLED専用に変更しなければいけません。
その点をきちんと把握してから交換して下さいね。

 

どう?使ってみたくなりましたか?

 

我が家の場合、お猫様部屋の照明は紫外線の発生する物を選んでいます。

と言うのは、お猫様のヒートに関係するから。

雌猫のヒートは日照時間と深い関わりがある訳ですが、
日照時間もそうだけど、紫外線量にも関係があるのです。

一般的に、猫の繁殖期は1~8月と言われていますが、
その理由は日照時間が伸びて来る以外に、
紫外線量が増える程、繁殖期が早くなります。

と言う事は、夜間に紫外線を発生させる照明でも、
繁殖期を迎えさせる事が可能なのです。

まぁ、最近は節電に気を付けているので、
夜間のほとんどは電気を消してますけどね・・・(笑)

 

もし、日本中の電気をLEDに変えたら、
どの位の電力消費を抑えられるんだろう・・・

そんな事が最近の執事の大きな疑問です。

 

で、もう1つおまけ。

 

直下型でないLEDも販売されてます。
興味のある方がいましたら、お近くの電気屋さんでお聞きくださいね。
あ、各電気メーカーのHPでも詳しく見れますよ~。

 

そしてこれが最大のポイント。

LED照明を使う場合、直下型と言う事を念頭に置けば・・・

リビングのダウンライトは部屋の四隅よりも中心部。
スポットライトは目線に光が入る位置に設置。
間接的に使いたいのであれば、
なるべく光を反射する壁面に向かって数個まとめて照射。

これで効率よく『光を使用する』事が出来るようになります。

 

我が家も徐々にLED化して行く予定ですが、
今年の夏が終わるまでは今の電球で行こうと思います。

で、その後に交換して、来年の電気料金との比較をしてみようかと・・・。

電気屋の意見と主婦目線の意見を兼ね合わせている執事なので、
その辺を上手に経験して行って、
お施主さん達に上手く説明出来る様に学習中です。

 

本職は電気屋なんだぞぉ~!(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

LEDの消費電力は少ないから、一般電線でなくとも配線が出来る。
なぁ~んて話はマニアな話ですけど、電線の太さの基準もあるんです。
執事が初めて現場に出た時、執事2号に言われました。
『テンロクのニとニロクのサン持って来て~』
『それはどう言った呪文ですか?』って本気で思ったもんです。
『何それ?』と聞き直す執事に、『行けば分かる』と言う2号。
行っても分からないから『分からん!』って戻ったら
『そんなんも分かんね~のに威張るな!』って言われてねぇ・・・。
現場の片隅で『教えてもいねぇ~のに分かるがボケ!』って叫んだっけ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

プロって何でしょ?

執事が『電気屋さんになりたい!』って言いだした時、
執事2号とは結婚してなかったので、
『仕事をするのであればこれだけは肝に銘じておいて下さい』
と言われた事があります。

それは・・・

 電気屋になって1日目で何も分からなくても、
 作業着を着て、腰道具を持って現場に出た以上、

 お施主さんにしてみれば、あなたは間違いなく電気屋です。
 現場初日であっても、他の人からしたらプロでしかありません。

 その電気屋が“ワカンナァ~イ”では済まされません。
 会社の信用にも関る事なので、1日も早く仕事が出来るように
 自分で独立した位の認識で仕事をして下さい。

厳しい様に聞えるかもしれないけど、
これって、どんな職業でも言える事ですよね。

 

執事が今 『メインクーンのブリーダーです』
と言っても、身近な人は『まだまだ駆け出し』と知っています。

けれど、我が家で生まれた子達を迎えたいと思っている
仔猫達のオーナー希望の方達からしてみたら、
間違いなく、執事は『プロの人』な訳です。

 

プロだと思われている以上、きちんとした説明もしなければいけないし、
聞かれた事には適切に返答してあげなくてはいけない。

もちろん、しったかぶる必要はないけど、
分からない事が出来ても、一緒に考える、
問題を解決して行く努力は必要です。

もちろん、数多くの経験をしていれば問題はないけれど、
執事はまだまだ経験不足。

キャットショーだって、ブリードだって、まだまだハンパ者でしかありません。

だからって『プロ意識』を持たない訳にはいかない。

『私はプロなんだから・・・』と言う認識を持つ事によって、
自分が何をすべきなのか、が考えられる訳です。

 

もし今、執事が『まだまだ駆け出しなんだし、このくらいは平気よ』
と言う『ハンパ者でしかない考え方』をしたとしたら、
迷惑を被るのは猫であり、仔猫のオーナーさんです。

もちろん、ブリーダーでない人を蔑んで見る必要もないし、
ブリーダーだからって偉ぶる必要もない。

けれど、ブリーダーだからこその『認識』は
決して忘れてはいけない、忘れる事があってはいけない
と思っております。

 

とまぁ~何やら小難しい事を言ってはおりますが、
一体ゼンタイ何が良いたいかと言いますと・・・

『プロであると言う自負には責任が伴う』って事だけです。(笑)

 

執事、電気屋に復職する決意をしました。

でもね、今まで『ブリーダーが仕事』とは思っておりませんでした。

専業主婦でいるからこそ始めたブリードですけど、
いつまでも専業主婦でいるのは、社会人としての短い人生を
なぁ~んか損してる気分なのです。

でも、本気で電気屋に戻るのは無理な話。

わかちこもお猫様も大量にいる今現在、
朝8時から夕方6時まで現場に詰めるのは無理です。

なので、スポット参戦しようかと思っております。

 

一歩現場に出ると、日焼けする~だの、
汚れる~だのと言った『女の子らしい事』なんて言ってられない。

腕が土方焼けしようが、顔に傷作ろうが、
足場に頭をぶつけて流血しようが(笑)、
そんな事を気にして仕事が出来るものではありません。

あくまでも、現場に出れば私も『職人』と呼ばれる。

ましてや、執事がする事は、人の一生に関る仕事。
その家には人が住まい、人生を歩み、思い出を作る場所です。
そこに加担する以上、半端な仕事は決してする事は出来ない。

『信用』なんてものは、きちんとした仕事をしていれば、
おのずと後から付いて来るものです。

信用して貰えないのであれば、それには必ず原因があるはずです。

 

電気屋として、ブリーダーとして、人として、
誰からも信用して貰える様な人間になれる様に、
日々努力・日々勉強・日々精進して行けたらいいなぁ・・・。

 

って、それは贅沢か・・・(笑)

 

七夕は執事と執事2号の結婚記念日なのですぅ~。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

先日、会社の事務所に行って唖然としました。
事務所の中が泥棒でも入ったかの様に汚いっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)
書類が散乱し、灰皿は煙草で一杯で、机の上面が見えない位の散乱ぶり。
『こんな事務所でまともに仕事が出来るんか!』って思いました。
でもね、現場に出ながら事務所の仕事をするのは結構無理があります。
だからこそ『事務員』って仕事がある位なんですよね・・・。
執事が事務員を辞めてカレコレ3年。
事務所に近付く事すらしなかったんだもん、そりゃぁ~ねぇ・・・。
がしかしだ、これは『しょうがない』では済まされない。
きっと、たぶん、やるのは執事なんだろうけど、執事1人でやっつけられる量でもない・・・。
ん~、見なかった事にしてしまおうかなぁ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 6日 (水)

今日は予防接種の日。

今日はこれから、龍くんと風ちゃんの予防接種に行って参ります。

(追記:午後でいっか!と思ったら午後は休診でした。うそぉ~ん!笑)

龍くんは2ヶ月になってやっとおっぱいを辞めた様なので、
今回が1回目の予防接種です。

すっかり延期しちゃいましたね・・・。

風ちゃんは今年4月に1歳になったし、
交配前の健康診断も兼ねて、予防接種もしてきます。

 

でもね、もう1人いるんだな、予防接種をしなきゃいけない人が・・・。

それはね、今月お誕生日を迎える銀二君です。

 

がしかしだね・・・

1kgちょっとの子猫と4kg程度の成猫のキャリー2個。
これはまだいいんだけど・・・

その上8kgの成猫の3つのキャリーを引っ提げて、
ついでにわかちこのお伴付きでは、流石に私一人では無理ざます!

と言う事で、今回も見事に分割受診です。(;´д`)トホホ…

 

で、この予防接種と健康診断が無事に終わったら、
銀二と風ちゃんの交配をしようかと思っております。

執事の予想ではお盆過ぎ頃に風ちゃんのヒートが来るんじゃないかと・・・。

で、執事はカレンダーを見ながら考えました。

 

『8月末に交配すると、仔猫が生まれるのは11月頃?
 で、3ヶ月頃に譲渡って言うと1月末~2月かぁ・・・』

 

『1月か2月・・・!?!?!譲渡、出来んの!?』
となった訳です。

 

へ?何でって?

だってあなた、うちの辺、その頃に大雪が降るのよ・・・。

 

Img_7703_1

こぉ~んなに降るんだよ?

あ・・・、この時期にこの風景だと、涼しさがお届け出来そうね。(笑)

 

オーナーさんになる人には見学とお迎えに来て貰いたくたって、
こんな雪が降ったら我が家に辿り着けないじゃない!

それはまさに『命懸け』になっちゃうじゃないのっ!!

 

ってなことなんざますよ・・・( ̄◆ ̄;)

 

だからって、仔猫のオーナーさんの条件に
『この雪の中でも来られる根性のある人』って書く訳いかないでしょ?(笑)

 

真夏に真冬の心配してるのって言うのも変な話ですが、
交配してから5ヶ月以上先の事も考えなきゃいけない訳で、
もちろん、生まれた子猫を全頭残せる位の住居スペースが
あればいいけど、そうは問屋が卸さない訳で、
母さん、今年の冬も雪は降るんでしょうか・・・

あ~あ~~~あああああ~あ~(by 北の国から)

 

にしても、あちい・・・(笑)

 

さてな、龍くんと風ちゃんの捕獲しようっかな♪

とは言え、龍くんは只今、キーボードをカチャカチャする執事の手を
獲物の如く噛みついて、小さな穴をポコポコ開けております。

痛いから!

 

 

 

エンターを押すなってばっ!

・・・・・・・・・。、;:jん;えういh;うxctrでrsxzw

 

文字を打つな!(笑)

 

最近の猫はパソコンも使うのか?(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援、よろしくお願いします。

猫が背中を丸めて近付いて、ペン!って叩いて逃げて行く遊びをします。
仔猫が良くやるんですが、我が家では『ピンポンダッシュ』って命名してます。
最近の龍くんのマイブームがピンポンダッシュなんですが、
それがみんなにも流行して、今のリビング組で大人気。
執事の足にピンポンダッシュして、みんなで逃げて行く。
その姿が『だるまさんが転んだ』をしている最中にやる、
『鬼にタッチ!して逃げる』 あのルールみたいでおかしいです。
これを覚えさせるのは簡単だけど、時々追いかけてあげる必要があります。
でも、最近は背後からの奇襲攻撃が多いので、結構危ないっす・・・。
階段でピンポンダッシュする事もあって、結構驚かされてる執事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 2日 (土)

梅雨は終わったの?

最近、民放放送を見ていないので、
今年の梅雨が明けたのかすら知らない執事です。

地デジ化は済んでますが、地デジを観ない日の方が多いので、
今に日本がどうなってるのかすら知らなかったりします。

芸能ニュースなんて冗談抜きで知らないので、
私の中の最新ニュースは『KARAが解散するかも!?』で止まってます。

どんだけ古いんだ!って事が分かったのは、
今朝方、久しぶりに観た目ざましテレビでした。(゚ー゚;

 

で、最近我が家でず~っと観ているのはCS。スカパーってヤツです。

ちょっと古いヤツだけど、アメリカのCFAのキャットショーなんかもやってます。

アニマルプラネットも観てますが、
最近の流行りはディズニーチャンネルで放送している
『フィニアスとファーブ』です。

子供が宇宙船作ったり、裏庭に雪山作ったり、
狭いはずの裏庭にジェットコースターを2回も作ります。

お姉ちゃんっは、弟達のイタズラをお母さんに告げ口するのに必至だし、
カモノハシなのにエージェントだったりするペリーが出てきます。
ペリーの仲間にはチワワがいたりもします。

訳分かんないでしょ?

でもね、結構シュールな笑いを繰り広げてくれるアニメなので、
執事一家はつい『ぷぷぷ・・・』と笑ってしまうのです。

 

で、今月中にはアナログ放送が終わりますね。
皆さんは地デジ化はお済みですか?

アンテナの交換が必要な方もいるでしょうが、
地デジチューナーも安くなって5千円位でも売ってるし、
地デジ対応テレビも安くなりましたよね~。

 

先日、執事2号の会社に来た電材屋さんのチラシには、
『BSアンテナ5台購入頂くと、地デジ対応22型テレビをプレゼント!』
って書いてありました。

2~3年前までは『テレビにBSアンテナが付いてくる』のが主流。
今ではその逆です。

こうなると、どっちの方が高いの?って疑問が出ますが、
22型の地デジ対応テレビも29800で売ってるんだってね・・・。

『地デジ』を売りにしたボーナス時期のセールも、
今年はさぞかし賑やかになる事でしょうね。

 

で、梅雨は終わったの?(笑)

連日の猛暑と言うか、気温的には普通なんだろうけど、
おっもぉ~い空気の原因である湿度はどうにかならないんでしょうか?

つい今しがた、ゲリラ豪雨を告げる警告メールなんかも来てますが、
梅雨は明けたのか!梅雨はっ!!(笑)

 

で、何でまた梅雨が明けたのかを気にしているのかと言いますと、
庭先の工事をね、始めようと思ってる訳ですよ。

でもね、その工事はDIYなもんでね、
コンクリートを一生懸命練ってるのに雨でも降られたら、
枠にも流せないし、困っちゃうんですよ!

だ・か・ら、気にしてるんです。(゚ー゚)

それだけ。(笑)

 

いい加減、夕方のニュースの天気予報位は見た方が良いのかな?
とは思うのですが、その位の時間っていうのは、
執事にとっては貴重な『農作業TIME』でして・・・(笑)

天気予報はインターネットって言うのも、結構困りものです。

やっぱりさ、テレビって必要だね。

 

明日も蒸し暑い日になるのかなぁ。

猫はダレるし、人はバテる。
夏は夏で楽しいけど、やっぱり5月頃の陽気が1番好きな執事です。

でも、今年も流しそうめんやろうかな・・・(笑)

 

今年の流しそうめん、薬味は畑で調達できるど!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

2階の窓をちょっとだけ開けておいたら、何故かお昼頃に全開になってました。
犯人は本日のバナーでもある小次郎なんですが、
この人が鳴く時は、何かしらの不備がある証拠です。
窓辺に座った小次郎が、庭先の執事を呼んでるのでお猫様部屋に行ってみたら
朝方あげたはずのお水がスッカラカン♪
スッカラカンの犯人は銀二なんですが、お水の行き先は床の上。
『ぎゃぁ~!!』と言う叫び声をあげた後には、バケツと雑巾を持って舞い戻る。
銀二君。お願いだから家を水没させる勢いで水をかき出すのは辞めておくれ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »