« すっかり通り過ぎた誕生日。 | トップページ | 龍、退院しました。 »

2011年7月25日 (月)

龍、頑張れ!

実は、先週の土曜日、今年の4月に我が家で生まれた龍が、
生後3ヶ月を前にして、緊急手術をしました。

数日前から『んんん・・・???』と思っていたのですが、
手術になるとは思ってなくて、ご報告が遅れてしまいました。

 

龍の様子がおかしくなったのは、1週間前。

海の日の連休が終わる月曜日の夜に、龍がいきなり嘔吐を始めました。

その時は『また変なもん食べたんでしょ~!』っていう位で、
『こりゃ~猫じゃらしの羽でも食べちゃったのかな・・・』
と思いつつ、吐きだす物を逐一確認していました。

翌日の火曜日、朝は元気に月ちゃんと遊んでいて、
ご飯もいつも通りに食べてるし、トイレも快調~♪

『うん、大丈夫そうだね~』と安心していました。

 

でも、また夕方になって嘔吐が始まり、
吐きだした物の中に、ビニールを発見。

『これはゴミ箱に入ってたゴミじゃん!』と思いつき、
急いでゴミ箱の中身を点検。

どうやらお菓子の包装を開ける時に出る、
ビニールのピロ~ンって部分を食べちゃった様でした。

 

毛玉を吐く時に猫草を食べたりして嘔吐するのは良くある事ですが、
仔猫の場合、それが食べて良いものではなくても口にする事があるので

仔猫の誤飲は、注意していないとかなり危険です。

何にでも興味があるから、何でも口にしてしまう。
人間の子供と同じです。

でも、龍の場合はそれだけじゃない様な気がしました。

 

20日の午後、かかり付けの動物病院に行き、とりあえずレントゲン撮影。

レントゲンの結果は、どうやらお腹の中に
毛玉らしき物が詰まっている様なレントゲン。

金属製の物や、人工的な物は写っていませんでした。

『緊急を要する様な症状はまだ出ていないし、
 毛玉であれば自然に出て来るのを待った方が負担が少ない』

と言う事になり、一時様子見になりました。

 

その後、隔離生活を初めて食欲やトイレの状況を徹底的に観察。

21日の朝は、ご飯もちょっとだけど食べて、
玩具でも遊んだり、月ちゃんとも仲良くしてましたが、
朝ご飯の後は、一気に食欲が減少。

吐く事は無かったし、お水だけはしっかり飲んでいて、
栄養補給と称した猫用ミルクもちょっとだけ飲んでくれました。

 

でも、日に日に食欲が細くなり、22日の夜11時の時には
お水以外は受け付けなくなりました。

何かしら口に入れれば胃も腸も動く。
腸が少しでも
動けば、不要物は排泄される。

だからこそ食べて欲しいのに、龍は何も食べてくれない・・・。

仕方ないので、猫用のミルクを強制的に飲ませましたが、
翌日23日の朝に出たウンチは、1cm程の物が2個だけ。

体重を計ったら、19日に計測した時よりも100gも減ってる・・・。

 

もう駄目だ。これ以上待っていたら、龍は死ぬ。

 

これが私の出した結論でした。

 

23日の朝9時。龍は緊急入院。

その日の午後、緊急手術となりました。

 

お腹の中から出て来たのは、毛玉だけ。

誤飲した人工物の様な物は何一つなかったそうです。

23日の夕方、手術が終わった後に獣医師さんから連絡がありました。

手術は無事に済み、後は回復してくれれば月曜日に退院出来ると・・・。

 

昨日の日曜日は、所属クラブの会議があったので、
私は朝9時から横浜まで出掛けていました。

『何かあったら携帯へ連絡します』と言う獣医師さんの言葉に、

『電話よ鳴るな・・・。鳴ってくれるな・・・。』と願いながら、
夕方6時には自宅に帰宅し出来ました。

 

今になっても寝れなくて、この記事を書いているのは3時です。

でも、病院のケージの中で、たった3ヶ月の子猫が一人でいる。

それを考えたら、何をしても寝れなそうです。

でも、明日の朝には病院に行きたい。

 

『手術さえ無事に済めば月曜日には退院出来からね。』

と言う獣医師さんの言葉を信じて、

『何かあったら夜中でも電話するから』

と言う言葉に怯えつつも、

今日の朝には、無事に龍が退院して来る事を祈っています。

 

3匹の兄妹の中で、唯一この世に生を受けた龍を、
今更連れて帰ってくれるな、神様。

朝には、あと6時間後には
『龍くん、元気になったからお迎えに来て下さ~い』
っていう電話が来る事を、本気で祈っています。

 

万が一、龍を連れて帰ったりしたら、
後にあなたの元へ私が行ったあかつきには、
固いのを一発、お見舞いしてやるからね・・・。

龍だけは、絶対に連れていかせません!

 

龍は何も悪くないのに・・・、何で・・・。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

仔猫の誤飲は良くある事です。
玩具に興味があるからこそ口に入れてしまう。
注意しなくちゃいけないのに、どこかに『大丈夫』という過信があった。
最近の執事、こんな事を繰り返してばかりです。
結果的には何もお腹には入ってなかった訳だけど、
もうちょっと早く気付いていれば、手術をさせずに済んだかもしれない。
他に手立てがあったかもしれない。
でも、今はとにかく、龍が無事に帰って来てくれる事だけを祈ります。
お願いだから、生きて帰って来て、龍くん。

 

追記 (AM11:00)

先程、龍の入院する病院から電話がありました。
『えらい元気でさ~、食欲もあるから帰せるんだけど、
 ちょっと微熱があるから、退院は明日かなぁ~。
 でも、良く食べてオシッコもウンチも出たから心配ないよ~。
』との事でした。
でも、これから龍のお見舞いに行ってきます。
明日退院出来るんだろうけど、元気もあるんだろうけど、
やっぱり顔を見ないと気持ちが落ち着かないし・・・。
では、今からパラボラ龍の様子を見に行って参ります。

|

« すっかり通り過ぎた誕生日。 | トップページ | 龍、退院しました。 »

猫の病気」カテゴリの記事

コメント

無事に龍君の手術が済んで何よりです。微熱があると言うのが気になるのですが、それを乗り越えて退院となりますことを心から祈っております。

投稿: 黒猫丸 | 2011年7月25日 (月) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/52300109

この記事へのトラックバック一覧です: 龍、頑張れ!:

« すっかり通り過ぎた誕生日。 | トップページ | 龍、退院しました。 »