« 次世代電球が普及中。 | トップページ | 龍くんの予防接種。 »

2011年7月 9日 (土)

毎回、心苦しくなる光景。

執事のペットショップ嫌いはナカナカ浸透している様ですが、
『嫌いだ~!』と言って何もしてない訳ではございません。

大嫌いな勉強なんかを、20年ぶりにめちゃくちゃ真剣にして、
せぇ~っかく苦労していろんな団体に入ったんだもん、
出来る事はやろうよ!と言う気持ちにもなるもんです。(笑)

 

動物取扱業の法改正も行われる様なので、
そろそろ思い切って書いちゃいますが・・・

執事が毎回、見る度に心苦しくなる光景があります。

それはね、テレビで放送されているペット番組の内容です。

 

よく、タレントさんがペットショップに行ってる光景があるでしょ?

そこに出て来る子犬や子猫の月齢がね、
『きゃぁ~可愛い~♪』の後に入るナレーション。

『生後1ヶ月になったばかりの○○の赤ちゃんです』

 

ねぇ、ちょっとそこのあなた。どう思う?

生後1ヶ月の子が母親から離されて、狭いケージの、
ミカン箱に気を盛った位のケージに入れられてるんだよ?

犬だって猫だって、生後1カ月って離乳も済んでないんだよ?

まだ離乳食を口にする様になったばかりで、
まだまだおっぱい飲んでてもおかしくない子犬と子猫だよ?

それが『売られてる』事に心苦しくならない訳がない!

 

うちの龍くんなんて、生後2ヶ月になって予防接種だってしたのに、
カリカリだってボリボリ言いながら食べられる様になったのに、
それでもまだ、1日に2回はおっぱいに吸い付いてるんだよ?

それよりも1ヶ月も早い時期に、
母親から離されてるだけだって『おいおい・・・』って思うのに、
競りに掛けられて販売されてる事自体が悲しくなります。

 

今の日本の動物取扱業の法律では
『幼齢の個体の販売を禁止』って言う事になってるんだけど、
生後1ヶ月って間違いなく幼齢じゃないの?

私が見てる限り、明らかに幼齢だと思うんだけど・・・。

『ご飯を食べられるようになったら幼齢じゃない』って考え、
そろそろ法律で規制して欲しいのです。

実際の話、法律では決められてないんだけど、
『離乳の時期(生後4週以降)』って言う前説があるから、
ペットショップブリーダーは、生後4週を迎えた翌日には、
競りに出す人がほとんどです。

要するに、生後29日目の朝には競り市場に居るんだよ・・・。

 

過去にペットショップのバックヤードの電気工事をしたんだけど、
それはそれは『目も当てられない光景』を垣間見ました。

ミカン箱の半分位のダンボールが20個くらい山積みになってて、
その箱の全てから『ミューミュー』『キューンキューン』って鳴き声がする。

箱は『息出来るの!?』って言う位の小さい穴が数個。
それも2cm位の穴が10個くらい開いてるだけで、
全ての箱が上下ともガムテープで封がしてある。

箱に張ってある伝票には、納品日が書かれあったけど、
その納品日は間違いなく昨日の夕方になってる。

けど、執事が仕事をしてたのは、翌日の夕方近く。

その間、生後1ヶ月に満たない子が、
明らかに飲まず食わずの24時間を過ごしてる訳です。

ダンボールの底部分はオシッコで濡れてるのが明らかだし、
中には『ガーガー』って言うかすれた声で鳴いてる子もいる。

で、そのバックヤードにはゴキブリが大量にいる・・・。

仕事を始めてから3時間後にお店が閉店になったんだけど、
その時初めて全ての段ボールが開けられてた。

箱の中を覗いたけど、どう考えてもまだ生後1ヶ月になってない、
『おっぱいに吸い付いてるのが普通でしょ?』
としか思えない大きさの子犬ばっかり。

それを見た店員の一言は今でも忘れない。
と言うか、忘れられない。

 

『やだ!この子まだ歯が生えてないよ!面倒臭いなぁ~。』

 

これから母親になりそうな女性の言う事ではないと思った。

って言うか、歯の生えてない子犬が売られてるって・・・。

  

20個の箱から出て来た子犬・仔猫の頭数は32頭。
その内、死んでいたのが2頭位いたのかな・・・。

そりゃそうだ。
エアコンもない真夏のバックヤード。
Tシャツ1枚で仕事してたって、執事は汗だくだった。

それなのに、水も貰えないんだもんね・・・。

 

その店の管理も悪いんだろうけど、管理さえ出来ない人が店頭に並んで
『この子はすっごく性格の良い子なんですよ~』
って言いながら笑顔で接客してる姿その物が
何とも不思議でなりませんでした。

 

執事の希望としては、法律で規制して欲しい事はただ1つ。

『生後8週齢を過ぎなければ販売してはならない』と言う規制です。

生後8週齢を過ぎる・・・と言うのは、生後56日以上。
それでもまだ2ヶ月には満たない月齢です。

最低でも8週齢が過ぎるまでは販売出来ないとなれば、
『ポイ』される子は少なくなります。

 

もちろん、その支障は購入者に反映されて来ます。

繁殖者は8週齢まで育てなければいけなくなる訳なので、
その分の経費が間違いなく出て来ます。

食費や維持費だって掛かる訳なので、店頭で販売されるとなれば、
今までの値段よりも格段に高くなるのは容易に考えられます。

けれど、この法律になれば、健康なんて関係ない繁殖者や、
短期間で儲かると思って繁殖を始める人には、
間違いなく『抑制効果』があると思っています。

おまけに、生後56日以上育てなければいけないとなると、
管理を怠る事で、個体の成長具合が大きく変わって来ます。

きちんとした管理下に置かなければ、
一目見ただけで『不健康』と分かる様になってしまうのです。

 

店頭販売する際に、購入者は『健康なのか』のチャックは間違いなくします。

他の個体よりも見劣りする子は売れ残り、
毎回同じ様に売れ残る繁殖者からは、
流石にペットショップも購入を見送る様になります。

売れなくなれば繁殖はしない人が多いパピーファームなので、
健康を無視した繁殖が、必然的に出来なくなる。

 

んじゃないかなぁ~?と、執事は思っているのです。

 

自分も同じ『動物取扱業者』ではあるけれど、
決して『同じ業を営む仲間』とは思いたくない人も沢山います。

現行の法律が、かなり厳しくなったとしても、
執事はそれを容易に解決出来ると思っています。

『生後3ヶ月まで販売してはいけません』って言われたら、
逆に喜んじゃうかもしれません。(笑)

 

海外では、ブリードをするのであれば、
『1頭に付き○㎡の飼養施設を自己所有で用意する事』とか、
『店頭陳列販売をしたら刑務所行き』なんて国だってあります。

でも、執事の本心は
『店頭陳列販売が無くなって、他の販売方法を確立したい』
です。

その辺はかなりマニアな話なので、各団体へ『意見』として提出しました。

 

あぁ、これでペットショップから嫌われるんだろうなぁ・・・。

 

でもまぁ、いっか。(笑)

 

ペット先進国のクセに、法改正が遅れている日本。
さっさと法律を厳しくして頂きたい物です。

だってさ、法律が厳しくなればなるほど、購入者になるであろう人は、
ペットとの幸せな時間を共有出来る様になるんだもんね・・・。

『健康で、一生を楽しく過ごせて、最期は病気ではなく老衰で亡くなる子。』

これが飼い主の1番望む、ペットとの生活なんじゃないでしょうか・・・。

 

飼い主の目線に立った繁殖者が増えればいいだけの事なのにね。

 

あぁ・・・今年の主任者講習が怖くなってしまった・・・(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援、よろしくお願いします。

今週末の執事は、小夏の実家までお出掛けして来ます。
執事2号とわかちこは『オスルバン』です。(笑)
小夏の実家には、うちの猫達の大元になったお猫様がいます。
既に12歳になったジージですが、子煩悩で優しいジージです。
行くのにも時間が掛かるので、ジージにはたまにしか会えないけど、
12歳になっても、昔からであろうその風格は衰えてません。
小夏の実家に行く時の楽しみでもあるジージとのご対面。
今回もジージをナデナデしてこようと思います。
あ、猫は13年生きると猫叉になれるんだっけ!?
おぉ~、ジージはあと1年もないのか!!
ん~、ナデナデしたらご利益ありそうじゃない?(笑)

|

« 次世代電球が普及中。 | トップページ | 龍くんの予防接種。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

こんにちは(* ^ー゜)ノ
私もペットショップが好きじゃないです。明らかに具合が悪そうな子などが、ガラスケースに入れられてそれをいろいろな人が何も知らずにかわい〜かわい〜って。。。
知らないって事は本当に怖いことですよね(T-T)
TVでも、この子病気じゃない??って見ただけで分かる子猫を、「猫大好きなんです〜」なんて言いながら抱っこしてるタレントを見るとぶん殴りたくなります( ̄^ ̄)

投稿: SAYA | 2011年7月 9日 (土) 13時24分

SAYAさま
ペットショップのお粗末さには呆れますが、
テレビで放送されてるペット関係の番組って
そのスポンサーがほとんどペットショップ関連なんですよね・・・。
スポンサーの意向もあるんだろうけど
『動物にとって如何に過酷なのか』
って言う所には決して触れませんよね。

タレントももうちょっと考えて行動して貰いたいけど
自分の意志だけでは仕事が出来ないから仕方のない事なんでしょうね。
でも、ペットショップで『可愛い~』って言うの
タレントだったら辞めて欲しいと思う今日この頃です。

投稿: 管理人:ねぇさん。 | 2011年7月11日 (月) 14時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/52156702

この記事へのトラックバック一覧です: 毎回、心苦しくなる光景。:

« 次世代電球が普及中。 | トップページ | 龍くんの予防接種。 »