« 残念な事実は続く・・・。 | トップページ | 本当の執事の趣味。 »

2011年8月26日 (金)

動物取扱業の今後。

環境省が募集していた
『動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集』

皆さんはご意見しましたか?

実は執事も、こっそり意見してみました。

 

でね、その時の感想。

『お役所って、法改正が消費者保護になる事が分かってんのかな?』

言い方は悪いかも知れないけど、
『法律が(正しい方向で)厳しくなったとしても、
 全うに業を行使してる者にとっては何の支障も無いだろ』
って、執事は思うのです。

 

おまけに、今時は100均だって『品質』に拘ってます。

何万もの対価を払い『生き物』を販売する立場の取扱主任者、
平均10年以上、家族の一員として生き物を送り出す立場の販売者。

その『責任ある立場』の販売者側が、
『売れればいいや』 『儲かってナンボ』と言う意識を持つ事自体が、
低レベル、ナンセンスだと、執事は思ってしまうのです。

 

でね、動物を擬人化するのには少々抵抗がありますが、
犬・猫・鳥・爬虫類、ありとあらゆる動物と人間の立場を入れ替えて
そんでもって、物事を考えてみると良いと思うんです。

そこには『人間の思考はそのままで』って言う条件付きでね。

 

例えば・・・・・・・・・・、

 

自分がハムスターで、販売者・購入者が犬でした。

遺伝性疾患の出るペアで交配されて生まれ出た私は、
生まれた直後から四肢の奇形で日常生活もままならない。

食べる事にも苦労をし、何とか生きながらえていたら、
とある犬に買われて、新しい家に迎えられました。

でも、四肢に支障があるからって事でお店に戻され、
その変わりに健康な子が貰われて行きました。

販売者の犬は『この子はもう売れない』と言い、
私は、猫が管理人の保健所に連れて行かれました。

 

あなただったら、この現状に耐えられますか?

でもね、これをやっている『人間』はこの国に存在しています。

そう言った『人間』が『不幸な動物を増やしている』とは思えませんか?

そして、そう言う人間がこれ以上不幸な動物を増やせない様に、
法律を改定して、対応して行きましょう。

と言う様な意味が、今回のパブコメにはあります。

 

もちろん、中には『そんな事したって何も変わらない』
と言う意見を持っている人も多くいると思います。

けれど、動物取扱業を営んでいる執事でも法改正を望んでいます。

そして、法改正が行われる事によって保護されるのは、
動物取扱業を営む側ではなく、消費者である飼い主たちです。

 

今回のパブコメの中で、最も重要だと執事が思うのは、
『生後8週齢(生後56日)に達しないと
 親・兄弟姉妹から引き離してはいけない』
と言う措置です。

執事としては、生後8週齢未満の犬・猫を売買するのは、
特例なしに、全面禁止希望です。

とは言え、8週齢でも手緩い!と、執事は思う。

でも、現行の『幼齢(離乳出来たら)』よりは、明らかに良いと思うので、
意見したい部分は多いけど、とりあえず賛同しました。

が、『社会化期を考えると、生後10週(生後70日)がなお良い』
と言う、追加措置的な事は書きました。

 

ぶっちゃけた事を言うとですね、

『生後3週間位のご飯を何とか食べられる位の子猫を拾いました。
 今後、どうやって育てたらいいですか!?』

って類の相談を、結構頻繁に受けている執事なのですが・・・

『今、ペットショップで『本日入荷!』って言われている猫は
 ちょうどその子猫と同じ位の月齢なんですよ~』

って話をするんです。

もちろん、誰もが一様に驚くけど、それが今の現状です。

 

でも、『生後56日までは売買出来ない』となると、
今まで生後4週(生後28日)で売買していた繁殖者は、
明らかに『経費が掛かる』様になります。

と言うのも、生後56日になると言う事は、
第1回目の予防接種を繁殖者が行うのが定説になり易い。

そして、生後30日頃から始まる離乳をしっかりしていないと、
個体の成長が著しく悪くなり、見栄えが悪くなる。

=不健康である症状が顕著に表れる
=売れなくなる確率が高くなる。

経費が掛かり過ぎる事を懸念して、
パピーミルと呼ばれる無理な繁殖を繰り返す繁殖者は、
必然的に淘汰される可能性が高くなる、訳です。

 

でもさ、その経費、執事は『当たり前』だと思ってるし、
そう言うブリーダーは結構多くいるんだよ。

もちろん、ネット環境が整っている人は知ってるけど、
では、ネット環境が整っていない人はどうやって知るの?

そんな事、本屋に並んでる『犬の飼い方』の本には載ってない。
おまけに、ペット専門誌と呼ばれる類の本にも書いてない。

スポンサーだからって手緩い対応をするのは、
報道関係者の人から辞めて貰いたいと願う執事です。

 

言いたい事は山程あるけど、これ以上言うのは避けておきます。

皆さんで考えて、意見交換をし、
その意見が『ペットを飼う際の常識』になってしまえば、
販売者はそれを見過ごす事は出来なくなりますよね。

『消費者の声が常識になって、それから法律が変わる』事は、
今の日本では良くある事です。

『売れなくなれば対応するのが業者』なのであれば、
買わないと言う選択肢がある消費者が動けばいいのです。

 

幼齢の犬・猫はそれだけで可愛いものです。
でもね、可愛いだけでは生き物は飼えません。
おまけに、可愛い生き物も、時間が経てば大きくなります。

我が家で繁殖・販売しているメインクーンなんて、
譲渡時期の3ヶ月頃は、それはそれは可愛い猫ちゃん♪だけど、
7ヶ月も経てばドデカイ猫に早変わりです。

おまけに、それが未去勢の男の子だったら、
3年も経てば『見事なおっさん』に変身しちゃうんだから!

『あの時君は可愛かった・・・』って思う事なんて、
メインクーンを飼ってる人ならみんな思ってるんじゃ・・・ないの?(笑)

 

どの子も『おっさん・おばちゃん』になっても、
それでも『可愛い・・・(*´ェ`*)』と思えるのは、
ただの親バカかも知れませんけどね・・・(笑)

 

執事も悪徳にならない様に邁進しなきゃね。(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

本日のバナーの銀ちゃんが、どうやらお父さんになれそうな予感です。
とは言え、お嫁さんは風ちゃんなんですけどね・・・。
でも、本当にお父さんになれたのかは、まだ分かりません。
それが分かるのはあと1ヶ月くらいしたら・・・。
気が長い話ですけど、今からワクワク・ドキドキしてる執事です。
で~?本来の嫁さんはどうしてるかと言うと・・・
知らぬ存ぜぬで猫部屋で優雅な生活を繰り広げております。
さすが我が家の『春日の局様』でございます・・・。

|

« 残念な事実は続く・・・。 | トップページ | 本当の執事の趣味。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

あたしも出した~

まっとうなブリーダーにとっても
規制をかけることは、
プラスになるのではないかと
あたしはおもう。
一握りの悪徳ブリーダーに翻弄される
いわれはないよね。

ウチのてんちゃんは四肢異常あるからさ~
8年もよく生きてくれてる
いろんな経過があったっちゃ~あったからさ

問いただしに行ったら、返品は受け付けません。
って…
あ~~~~たっ!
命を返品って!!!

あえて、言うなら、もふは、いわゆる「不良品」を
つかまされちゃった、消費者ってことでしょ?
でも、てんちゃんは命であって、「不良品」ではないんだよね

てんちゃんは人間が作り出した仔だからねっ!
もう、てんちゃんみたいな仔を作り出して欲しくない。

にゃんこもわんこも
少しでも長くお母さんや兄妹と一緒の方が良いじゃんっ
そんなの人間でも同じなのに。
私は母子家庭で育ったからさ、
差別は受けてきたよ。

人間は両親そろっていないといけないのに、
わんこやにゃんこは
早くから引き離すって、
人間って何様?

ごめん。
過激だった?
まずかったら削除して~~~

投稿: もふいのち | 2011年8月27日 (土) 01時04分

超巨大なケヅメリクガメ軍団と生活している『ケヅメ所長』
と申します。
デカ盛りが大好きでフードファイターもしています。
とても可愛い猫ですね、癒されますね。
また、遊びに来ます。

投稿: ケヅメ | 2011年8月29日 (月) 15時13分

もふいのち様
奇形や疾病のある動物をその部分だけ見て『不良品』と決めるのは
あくまでも『商品』として見た時の話だよね。
命に『不良品』はないもん。
でもさ『返品出来ません』にはキレるよね。
私も愛犬の寄生虫問題で詰め寄ったら『返品は出来ません』
えぇ、お決まりの文句を言われたよ・・・。
もちろんお返事は『返品なんかするか、ボケ!』だったけどね。(笑)

動物取扱業がどんなに厳しくなったって、
あたしゃ~それをクリアする自信はある。
と言うか、今時点でクリアしてると思う。
悪徳業者の為にまっとうなブリーダーが陰口叩かれるのだけはやっぱヤダね・・・。

投稿: 管理人:ねぇさん。 | 2011年8月29日 (月) 17時08分

ケヅメ所長さま
ご訪問、コメント、ありがとうございます♪
ケヅメリクガメ、飼いたいんですよ、実は・・・(笑)
でも、大きくなる事や飼育スペースを考えるとお迎え出来なくて・・・。
私もデカ盛り・山盛り大好きですよ~!
良いですよね~、大盛りって美学ですもん・・・(*´ェ`*)
あ、うちの猫もデカ盛り系です。(笑)

投稿: 管理人:ねぇさん。 | 2011年8月29日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/52570612

この記事へのトラックバック一覧です: 動物取扱業の今後。:

« 残念な事実は続く・・・。 | トップページ | 本当の執事の趣味。 »