« 疲れたぞぃ・・・。 | トップページ | 内緒にしてました。 »

2011年9月14日 (水)

日曜日の悲劇。

さてさて、昨日の記事でも書きましたがぁ・・・

執事がショー会場で日曜日のお昼ご飯を食べていた頃、
お家でわかちことお留守番していた執事2号には
思いもよらない『悲劇』が舞い降りておりました。

執事がどうのこうの・・・と説明するよりも、
執事2号から送られてきたメールをそのまま掲載した方が
とっても臨場感たっぷりなので、そのまま転載しちゃいますね。( ´艸`)プププ

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

只今、黒いのとグレーの脱走犯を追跡し捕獲coldsweats02
上ん家に応援を要請し、捕獲を試みるが、
必死の抵抗により二匹とも柿の腐ったのだらけshockshockshock

仕方がないので、今二匹ともお風呂で洗い乾かして居るとこwobbly
わかちゃんはばあやに来てもらって相手をしてもらっておりますcoldsweats02
もう釣りどころではありませんweepweepweep

こじもたまも、ドライヤーを当てるとブラックデビルに変身しますshockshockshockshock
それはもう、北斗百烈拳あり、南斗水鳥拳あり、
もうレインボーオーラが止まりませんweepweepweepweepweep

もう昇天してしまいそうですsadsadsadsad

そんなに怒るなら脱走しなければいいのにweep

ちなみに金は、最初見つからなかったのですが、
二階のトイレにいたらしく、探しに出掛けようと着替えにいったら、

あ~んsuncatsun
て…

何かあったの?cat
て顔してましたhappy01
思わずイイコイイコしてあげたら迷惑そうな顔をされましたdespair
これから洗面所にセブンストームのツートップに
闘いを挑んできたいとおもいます。rock

 

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…

帰って来て事の次第を聞きまするに・・・

 

執事2号の父が自宅前にいたので、おはよう!と声を掛けた所、
『お前んちの猫が畑で遊んでるぞ~』って言われたそうです。

『んなことねぇ~よ。他んちの猫だろ』と言いつつ畑を見てみれば、
そこには見慣れた黒いのと灰色の見慣れた猫が、

2匹仲良く、楽しそうに畑で遊んでたそうです。

『な、なんですとぉ~!!』と言う事で、即刻捕獲作戦開始。

機敏な動きで自宅の周りを走って逃げ回るコジを、
ダイビングジャンプしかり、クイックターンしかりで捕獲に挑むも、
コジの素早しっこさは野良猫クラス。

コジ捕獲の際の頼みの綱である娘2号がスチュワートで不在の今、
コジを1人で捕まえるにはかなりのコツが必要です。

がしかし、釣りの時に使う網を持ちだし、
(執事2号の)父にも応援要請をし、2人で捕獲に挑むのですが・・・

父の持つ網欲しさに、お留守番のわかちこが
『わかも~し(す)るぅ~!!』 『アミちょうだいっ!』
と泣きながら、父と執事2号を追い掛け回し、
その父と執事2号は『ちょっと待ってろ!』と叫びながら
逃げ回っているコジを必死に追い掛け回していたと・・・。

で、自宅裏の柿の木の下でコジとスッタモンダして捕獲。

そしたら、腐った柿が大量に放置されていた場所だったので、
コジは腐った柿だらけになったと・・・。

 

で、コジを追い掛け回しているうちに、
黒い猫である玉さんは、暑さに敵わずサンルームの床下でお昼寝中。

執事2号は、匍匐前進でサンルームの床下に潜り込み、
必死の思いで玉さんの尻尾を握りしめたと・・・。

んでも、玉さんも泥だらけの蜘蛛の巣だらけの埃まみれ。

 

そのままで放置する訳にも行かず、ましてや、
そのままにしておいたら執事の怒りに触れるのは必至なので
仕方なく、シャンプー&ドライヤー大っ嫌いなコジと、
ショー出陳以降、シャンプーなんて年1回になってしまった玉さんの、
決死のシャンプーに挑んだそうです。(笑)

 

で、シャンプー中にコジから猛反撃を喰らい、
ドライヤーの最中は猫パンチの殴打を喰らい、
噛まれてもいい様にタオルを撒いた手に何度も噛みつかれながらも、
何とか半乾にまで出来たので、コジは室内に無事放牧。

で、玉さんはシャーだのハァー!だのと、
ケンシロウばりに言ってたけど、
頭を撫でてあげたら、何とか乾かせたと・・・。

んでも、いつもの可愛い玉ちゃんじゃなかったそうです。(爆)

 

という内容のメールが、ショーの最中に届いた訳です。

最初は『何やってんのよッ!!』て怒りが沸々と湧きあがり、
怒りの電話を・・・と思いましたが、
『コジも玉もレインボーオーラが止まりません』で大爆笑。

『大丈夫だったのかな?』と思って電話してみたら、
お爺ちゃんとお父さんと子供の爆笑話で怒りも消えました。

『釣りに行くどころじゃありません。僕はもう疲れました・・・』
って言う執事2号。

日曜日に娘と仲良く釣り堀に行って、
娘との釣りデートを楽しむ予定でいたのに、
黒いのと灰色のせいで、予定は総崩れ。

んでも、自分で綺麗にしたお猫様に甘えられ、
取り合えず、小さな幸せは味わえた様でした。(笑)

 

で、日曜日の夜10時半に帰宅したら、
玉さんもコジもそれなりに綺麗になっておりました。

スタッドテイルはほぼ無いから良かったんだねぇ・・・。

玉さんの尻尾はフサフサのサラサラ。

『このままショーに行けるけど、来週行く?』って
玉さんに聞いてみました。

もちろん、即刻2階に逃げて行きましたけどね・・・( ´艸`)プププ

 

執事も忙しい日曜日だったけど、
執事2号は悲劇で忙しい日曜日だったと言うお話でした。
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

 

我が家のある場所は、車も通らない、人もいない、
お隣さんは無く、あるのは裏の土手上のお家だけ。

だからこそ、脱走を企てられてもまだ安全に捕獲出来ますが、
これが都内の住宅地や幹線道路の近くだったら、
間違いなく大騒ぎになるでしょう。

だからって、脱走されない様な工夫はしてあるつもりなんですが、
隙を突いてくると言うか、盲点を見抜かれると言うか・・・

玉さんとコジの脱走計画は、去勢しても、4歳になった今でも、
相変わらずなんだ・・・と思い知らされました。

皆さんも、愛しきお猫様の脱走に遭わない様に、お気を付け下さいね。

 

それでもシャンプーに挑んだ執事2号は偉かったです。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

我が家は普通の一軒家。そこかしこに窓があります。
網戸には『網戸ロック』を全ての窓に使用していますが、
時には自然に解除されてしまう事もあります。
そうなると、目敏いコジは、その場所の網戸を開けて脱走してしまう。
網戸ストッパーだって、小次郎の脱走対策で付けてる様なもんです。
小次郎以外の子は、網戸や引き戸を閉った状態から開けられません。
ちょっとした、指先や手が入る隙間があれば開けられる子はいるけど、
しっかり閉めたはずの引き戸ですら開けてしまう、器用な小次郎。
もっと強固な対策を練らなくちゃいけないかなぁ?
となると、家中の開放する窓にはサークルでも縛り付けるしかない訳で・・・。
何だか、人間までもが檻の中で暮らしてる様で嫌なんだけどなぁ・・・。

|

« 疲れたぞぃ・・・。 | トップページ | 内緒にしてました。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

パパさん、どうもお疲れ様でした。光景が目に浮かび、さぞ大変だったこととお察しします。でも無事に捕獲出来て何よりです。私も昨夏、保護した外猫の子猫アレックが網戸のほころびから出て行ってしまった時は半狂乱になりました。猫達と一緒に暮らしているとスリルに絶えることはありませんねぇ・・・(^_^;)

当家にかつていたHHPの子(真弓)も網戸や窓を開けて脱走する常習犯だったのでその子が19歳で亡くなる迄、うちの網戸には常につっかい棒を置いてありました。置いたのは母なのですが、木切れや棒切れを細工して、網戸外と内側に置いて絶対開けられない様にしていました。人間にとっては不便極まりなかったのですが脱走されては、とずっと我慢しておりました。今でも網戸を開ける時に棒を外そうと探してしまうことがあり、一寸悲しくておかしくなります。

投稿: 黒猫丸 | 2011年9月15日 (木) 14時21分

黒猫丸さま
一大事ではありますが、捕獲中の様子まで思い浮かべてしまい
ショー会場でコッソリと肩を震わせて笑っていた妻です。(笑)

ドア開け名人のいる宅は、日頃からスリルに満ち溢れた毎日ですが
娘2号がいれば『抱っこしよ!』で捕獲されてくれるコジも
他の人では逃げ回るばかりで、本当に困った名人です。

お母様の思案した棒を置くと言うのはいいですね!
我が家は掃出し窓からの出入りはしないので、これはいい案を教えて貰いました。
ちょっと我が家でも試してみますね。

投稿: 管理人:ねぇさん。 | 2011年9月15日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/52718808

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜日の悲劇。:

« 疲れたぞぃ・・・。 | トップページ | 内緒にしてました。 »