« た、魂がぁ・・・ | トップページ | お悩み増加中。 »

2011年9月29日 (木)

お春さんのレントゲン撮影。

まずはじめに、執事、

 

 

ふっかぁ~~~~~~~~~~つっ!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

 

 

 

酷かった夏バテ、脳みその激務もひと段落し、
執事、睡眠不足の懸念はまだありますが、復活ざます。

春眠ならぬ秋眠もあるんじゃね?と言う疑惑が持ち上がる程、
執事、いつでもどこでもオネムです。(笑)

がしかし、お猫様のお世話には休みが無い。

お春さんと風ちゃんの出産も待ったナシ!のご様子です。

 

我が家のハラボテ、御腹様であるお春さんの
待ちに待ったレントゲン撮影に行って参りましたぁ~♪ヽ(´▽`)/

『妊娠は確実。』と言う、これだけは譲れない結果を待ち望み、
その上で『何頭いるのか』を知る為に、
御腹様にご同行頂いて、行ってきました動物病院!

先生、いつも激安でありがとう・・・(笑)

 

『これが妊婦じゃなければ、なんでや!』
と言う程の御腹様・お春さんを、先生に託す事5分。

『はい、終わったよ~』と連れて来られた御腹様をキャリーに入れて、
再度待つ事、おおよそ5分。

医務室のパソコンには、凝視するのが怖いお春さんのレントゲンが、
パパパパパ!!と出て来るのであります。

『これで入ってなかったらどうしよう・・・』
『“残念だけど・・・”って言われたら、あたい、立ち直れないかも・・・』

と思いつつ、パソコンの前に鎮座して待つ執事でした。

 

先生はいつも、お腹の中の子猫の頭数を、背骨の数で数えます。

エコーで心拍の確認をする場合は、子猫の生存数に限られます。
でも、レントゲンだと生存に関らず、頭数の確認が出来ます。

ブリーダーにとって1番重要なのは、産後の母親の健康管理だし、
(だからって、子猫がどうでも良い訳じゃないよ。)
それに重点を置く執事の場合、1番懸念するのが『頭数』なので、
生死に関らず、出産の際に排出されるべき頭数の管理には、
執事はひっじょぉ~~~に気を使います。

母猫が健康であれば、子猫が無事に育つ確率が高くなるのは当然の事。
だからこそ、残念ながらお腹の中で亡くなっている子猫も、
無事に出産してくれる事だけに重点を置いています。
でも、お腹の中で亡くなっている子がいる場合、
出産に時間が掛かったりする『難産』になりやすい傾向があります。
もちろん、そんな場合も、まず気に掛けるのは産後の母体の健康。
出産後1週間は、神経質な位の健康チャックは欠かせません。

とは言え、『執事が細か過ぎる』と言う部分も多いにありますけどね・・・(笑)

ちなみに、エコー検査は執事はしません。

と言うのも、執事には生死はあまり関係ないから・・・。

生まれ出た子猫は、全てが神様からの贈り物。
生まれる最中に帰還命令が出た子でも、
生まれ出てから帰還命令が出た子でも、
執事の元に来てくれただけで、それだけで良いのです。

それに、お腹の中の頭数が分かっていれば、
緊急事態が起きても、即刻対応出来るので、
エコー検査は、ほとんどやった事がありません。

これには賛否両論あるので、執事がやらないだけ~ってなので、
病院でエコー検査されても、怒りませぬように・・・(笑)

 

おまけに、レントゲンだと背骨と頭部の繋がりや、尻尾の位置、
拡大して爪なんかも教えてくれるし、
この時点であばら骨の本数まで数えられるんだよ・・・。

だから、入ってなければ空っぽ。
入っていれば、骨格標本の様な物がウジャウジャ見れるのです。

その様子は、折り重なった化石の発掘現場状態です。(笑)

あ、このレントゲンの時に、子猫の骨がボヤ~としか写らない、
もしくは、爪や歯ぐきの中の小さな歯が写らない場合は、
『レントゲンの時期が早い=カルシウムの沈着が済んでいない』
と言う事になります。

なので、レントゲンで予定日が確実なのか、
それとも早まるのか・遅くなるのかも、大体は分かりますよ。

 

で、今回、お春さんの妊娠は確実“だろう”と言う、
いつまで経っても半信半疑の状態でした。

だって、前にも言った通り、お春さんのご実家のpekoさんと、

期待しません!
レントゲンを見るまではっ!!

を合言葉にしていたんですもの・・・(´;ω;`)ウウ・・・

今まで、確実に、その確率100%で『不発』に終わっていた
執事待望のお春さんのご懐妊です。

慎重には慎重を・・・、確認には十分な余裕を持って、
確実になるまでは絶対に喜ばないわっ!!

と言う意気込みでいた執事なので、
レントゲンを見るまでは信じてませんでした。(笑)

 

でも、それも今日で終わり・・・。

無事にお腹の中の子猫が確認出来ました。

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。ヤッタネン。

 

でも、喜んでもいられません。

ただでさえ、出産は命懸けです。

その命懸けの出産を、春ちゃんは10回もしなければいけないのです。

 

はい。

レントゲンには10本の背骨があったんです。

10本の背骨がぁぁぁ~~~Σ( ̄ロ ̄lll)

 

要するに、10頭の子猫が入ってるんです。

 

いかほどぉぉぉ~~~!アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

 

で、先生が曰く、
『背骨に隠れてる子がいそうなんだよねぇ~、後1頭・・・』

と言う事は、11頭の可能性もあるって事!?

 

11頭ぉぉぉぉぉ!!⊂⌒~⊃。Д。)⊃ ピクピク

 

お春ちゃんは2008年7月生まれです。

御年3歳3ヶ月。初産です。

これまでの間、お春さんのお婿さんがいない事態を招いたのは、
執事の計画性の無さ、拘り、ちょっとした不運が重なった結果です。

でも、それを招いたのは執事。

 

それでも、今日まで病気にもならず、健康そのもの、
愛嬌のあるお春ちゃんでいてくれた事に感謝しています。

性格抜群!怖いものなし!どこでも平気~♪
な、お春ちゃんの子猫です。

ど、どんな子猫が生まれて来るんだろ・・・(;・∀・)

  

さぁ、ここまで来たら、後は無事に産まれてくれる事だけを願って、
出産介助の準備に抜けが無いか、確認しなければ!!

それと、この際だから、子猫のカラーも期待してしまおう・・・(笑)

 

執事待望のブラックの子猫が出て来るかしら?

スモークでもいいなぁ~。

でもでも、ブルーソリッドもいいよねぇ~。

とにもかくにも、執事の願いはただ1つ。

 

 

ソリッド、щ(゚Д゚щ)カモォォォン!!

 

重大なニュースもあるけど、それはまた今度。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

執事の頭の中は、あれやこれやで大忙しの大騒ぎです。
でも、忙しい原因が家族の事だから、自分ではどうにも出来ない事ばっかり。
『どうしたもんか・・・』 『どうすりゃいいのさ・・・』って思う事ばっかりなので、
単細胞の執事のオツムは、思考停止状態になりました。
でも『考えたって始まらなぁ~い♪悩んだってどうしょもなぁ~いさぁ~♪』
と、口ずさみながら、寝るのが1番でしたよ。(笑)
お休みを頂いた数日間は、わかちことお散歩&お昼寝三昧。
そんでもって、出産間近のお春さんとのコミュニケーションに勤めておりました。
今はお春さんの出産が第一です。
お春ちゃんが健康のまま出産が済みますように・・・。

|

« た、魂がぁ・・・ | トップページ | お悩み増加中。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/52851954

この記事へのトラックバック一覧です: お春さんのレントゲン撮影。:

« た、魂がぁ・・・ | トップページ | お悩み増加中。 »