« 黒猫×白猫の子猫は? | トップページ | 執事、ダウンです。 »

2012年2月21日 (火)

茶トラの女の子は珍しい!?

さぁ~間髪入れずに毛色のお話を続けますよ~!!(笑)

今回はアメリカンショートヘアでは主流なシルバーカラーと、
茶トラや三毛ちゃんにも入っているオレンジ因子のお話です。

 

まず、分かりやすいシルバー因子のお話からです。

 

このシルバー因子、1個持ってればどの子もシルバーになる因子で、
本当のお名前は『インヒビテッド因子』なんて名前がついています。

記号は『 Iやi 』で示します。

 

で、1個でも入っていればシルバーカラーになる訳なので、
図に示すとこんな感じになります。

Cocolog_oekaki_2012_02_21_00_29_2

で、我が家では銀二がシルバー因子を2つ持っている事が判明しています。

と言う事は、この上の図の父の部分が『 I I 』と言う事になり、
全ての子がシルバーカラーになると言う事です。

なので、風ちゃん(ブラウントービー)とお春さん(ブラックソリッド)
から生まれた子猫は、全てがシルバーカラーになりました。

 

そして、お春さんの子であるゆうじ君はブラックスモーク。

このカラーは、前回お勉強したブラックソリッドに
シルバー因子が入る事で、スモークと言うカラーになる物なのです。

 

で、シルバーが入ったカラーと言うと、(○○内はタビーの模様)
生粋のBLACK SILVER ○○ TABBYや、
ソリッド等に入った事で発色するスモーク。
ブルータビーに入るとBLUE SILVER ○○ TABBYなんかも同じです。

このシルバー因子は、毛の根元を白くする因子なので、
シルバーカラーの子は、毛をめくるとシルバーカラーが出てきます。

スモークがマダラ模様に見えるのは、この根元の毛のせいになります。

 

この毛の根元に入る白い部分の量によって、
シューデットやチンチラと言うカラーになります。

『チンチラ』と言うのは毛の色の事であって、
本来は猫の名前ではないんだよ~。

ペルシャのチンチラカラーを『チンチラ』と言うんだねぇ。

でも、メインクーンでもチンチラはいるのかな?
今の所、執事はシューデット以外は現物を見た事がないです。

でも、ゆうじ君はあまりにも白い部分が多いので、
『もしかしたらシューデット?』と言う疑問も持っています。

 

それと、このシルバー因子は、持っていればシルバーになるので、
両親のどちらかがシルバーでなければ生まれないカラーです。

『隠し持つ』と言う事がない因子の部類なので、
シルバーの子猫が産まれる為には、
両親のどちらかがシルバーでないと生まれないカラーです。

 

でもって、ちょっと難しいカラーになるオレンジ因子にまいりますよ~!

 

このオレンジ因子と言うのはですね、カラー因子の中でも唯一
『性染色体のXにしかくっつかない』と言う性質があります。

性染色体って分かりますか?
『雄はXY、雌はXX』って学生時代に習ったでしょ?
正にアレに関係してくるのです。

で、X染色体にしかくっつかないと言う事は、
男の子は1個持てば茶トラになり、
女の子は2個持たないと茶トラになれないのです。

でも、カラー因子は両親から1個ずつしか受け継げません。

もうこんがらがってるでしょ。(笑)

では図に書きますよ。

Cocolog_oekaki_2012_02_21_00_53
この図の場合、父猫はレッドカラーになります。
何故って、大文字のO(オー)が入ってるので、
男の子の場合は、これだけで茶トラカラーになってしまいます。

一方、母猫の方はOを1個しか持っていませんよね。
こういう場合は、地の色が出て来るので、
シルバーであればシルバートービーに、

ブラウンであればブラウントービーになります。

我が家で言うと、小夏がシルバートービーで、
小夏の子である風ちゃんがブラウントービーです。

 

で、上の図の、上の段左のOOになった子は、
性染色体がXXなので、女の子のレッドカラー
他の因子がなければ茶トラの女の子と言う事になります。

その反対に、下の段右の子は、XYで男の子になり、
尚且つ、レッドカラーではない毛色になると言う事です。

もちろん、その他の上の段右の子は、XYでOが1個あるので、
雄の茶トラになり、
下の段左の子は、XXでOが1個なのでトービーやトーティーになる訳です。

なので、茶トラの父ちゃんとトービー(トーティー)の母ちゃんから
生まれる子猫のカラーは、4頭中3頭がレッドカラーの入った子で、
残った1頭はレッドの入らない子=男の子限定
と言う計算が出来る様になるのです。

もちろん、ここでの母ちゃんが茶トラだったりした場合は、
生まれてくる子は全てレッド系カラーになります。

と言うのは、母ちゃんがレッドだった場合の因子は『OO』
父ちゃんがどんな色であろうとも、O因子が働くので、
子猫のカラーは全部にレッドの入ったカラーになると言う事なのです。

 

逆に、父ちゃんがレッド系のカラーではなく、
母ちゃんがトービーだった場合はどうなると思いますか?

生まれて来たRED ○○ TABBYの子は全て男の子。
トービーやトーティーが女の子。
もちろん、ブラウンやシルバーも生まれるのです。

 

さぁ~て、ここから進歩しますよ~!

大丈夫?付いて来てますか!?(笑)

 

では、シルバーになった男の子に、オレンジ因子が働いた場合は、
どんなカラーになると思いますか?

もちろん、RED SILVER ○○ TABBY ですよね。

では、ソリッドで、シルバー因子も持っていて、
尚且つオレンジ因子が働いた雄の場合は?

そうです。レッドスモークです。

ではでは、オレンジ因子を1個しか持たない女の子で、
シルバー因子まで持った場合は?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さぁ~考えてぇ~。(笑)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

時間切れ~。

シルバートービーですよ~。

でもって、この子にソリッド因子が働いちゃったらどうなる?

シルバートーティーだねぇ。

 

でも執事、シルバートーティーって見た事ないのです。

ブラウンのトーティーは見た事あるけどさ、
シルバーのトーティーって見た事ないんだよねぇ・・・。

この理由が、今の執事には分からない。

理論上は出来るであろうカラーなのに、
見た事も聞いた事もないカラーなのです。

どっかにいませんかね?
写真で良いので見たいんですが・・・(笑)

も、もしかして、呼び方が違うとかの次元じゃないよね・・・( ̄◆ ̄;)

 

とまぁ、今回はシルバー因子であるインヒビテッド因子と、
レッド系のカラーを出す、性染色体に関係するオレンジ因子
のお話をしましたが、理解できましたか?

もし『わかんねぇ~よ!!』と言う時は、
広告の裏に図を書いてみて下さいね。

頭で考えるとゴチャゴチャしてくるので、
そう言う時は、自分の手で書いてみるに限りますよ。

 

で、前回の記事の最後に書いた問題の答えです。

『真っ白同士から生まれる子猫のカラー』ですがぁ・・・

どちらかが『W W』出ない限り、白くない子猫も生まれます。
もちろん、子猫の中には『W W』の子も生まれますが、
4頭中1頭は白くない子猫が産まれる計算になります。

で、そのカラーを決めるのは親猫が隠し持っているカラーで、
そこら辺が何色かで、子猫のカラーが決まりますので、
両親のその上、子猫の爺ちゃん婆ちゃんのカラーで見極めます。

もちろん、検査によってカラー因子を特定する事も出来ます。
ホワイトの子なんて、何色を持ってるかなんて分からないからねぇ・・・(笑)

とまぁ、答えは『爺ちゃん婆ちゃん達のカラーが分からないと分からない』
と言う答えになってしまいます。(笑)

 

でも、血統書のある子であれば予測は付くはず。

その辺も含めて、血統書を見ると言う楽しみもあるんですね~。

次回は毛の色を薄めるダイリュート因子と、
結構間違えやすい、ブラウンカラーに付いて書こうと思います。

 

では本日も問題。

レッドのお父さんと、トービーのお母さんから6頭の子猫が産まれました。
レッド系が入らない子猫が産まれる確率は何%でしょうか!

う~ん、難しいかもぉ~(笑)

 

暗算で計算してみよう!(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

猫の毛色は色々あります。
執事が書いているのは、メインクーンを基本にしたカラーですが、
カラーとタビーパターンを一緒に覚えようと思うと、間違いなくこんがらがる。(笑)
でも、タビーパターンはそんなにないし、通常は見たまんま!なので、
カラー因子を先に覚える方が、頭の中がゴチャゴチャしないのです。
でもって、カラー因子には『あれば表現する因子』と
『持っていても表現しない、隠し持てるカラー因子』があります。
その辺に関しては、追々書いていくつもりです。
でも、あなたのお家の猫ちゃんが、何色の親から生まれたのか、
ちょっと気になったりしませんか?
野良ちゃんだって、毛色を見れば親が分かったりする場合もあるんです。

ちなみに執事2号は、猫を見る度に『ブラウンマッカレルタビー&ホワイト!』
って言いながら、カラーを覚えておりましたとさ。(笑)

|

« 黒猫×白猫の子猫は? | トップページ | 執事、ダウンです。 »

猫の毛色。」カテゴリの記事

コメント

1-(3/4)6乗、でしょうか?!
違うかも・・・途中で分からなくなってきました。
(ばか丸出しですね^^;)
後でもう一度ちゃんと読んで勉強します(苦笑)

投稿: yuru-kura | 2012年2月21日 (火) 16時43分

はじめまして。
私も毛色のことあれこれ考えるのが大好きです。
シルバートービーにソリッドが働いたら、
スモークトーティになるのではないでしょうか。


投稿: ノリエ | 2012年2月22日 (水) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/54036690

この記事へのトラックバック一覧です: 茶トラの女の子は珍しい!?:

« 黒猫×白猫の子猫は? | トップページ | 執事、ダウンです。 »