« 色を薄めるダイリュート因子。 | トップページ | エッサホイサ・・・ »

2012年3月11日 (日)

あれから1年・・・。

未曾有の大震災から、早くも1年が経ちました。

復興とはかけ離れた地域も多くある中で、
それでも前を向いて歩き出している人もいれば、
どうしても前に進めず、悩んでいる方も多くいると思います。

 

『いつになったら家に帰れるのか・・・。
 そう思って過ごしていたが、つい最近、それを諦めた。
 家に帰る事は、もう一生無いと思う。

原発で避難している被災者の方が言った言葉だそうです。

 

長いようで早かった1年。

私自身は被災はしていないし、日々の生活は何も変わらないけど、
あの日の事は、今でも鮮明に思い出せます。

多くの亡くなった方のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々が、1年前の生活に早く戻れることを願ってやみません。

 

あの地震の直後から、テレビでは緊急のニュースが始まり、
こう言う時はNHKかな~?と思いながらチャンネルを変えたら、
東北で、聞いた事もないマグニチュードの地震発生。

新潟地震の時に記録した揺れよりも、はるかに大きい揺れを、
執事の住まう群馬でも記録していました。

当初、執事の住まう地区の震度は5弱でした。

もちろん、その後の震度は引き上げられましたが、
その後も続く震度4以上の余震の度に、
『携帯を持って身構える』毎日でした。

 

大きな余震や誘発地震を懸念していたので、
毎夜、非難する為にも寝る時には靴下を履いて寝たり、
携帯は必ず充電して寝る様になったり、
万が一の時は飛び出ても良い様にと、
車の中に着替えを積み込んでおいたり・・・。

そんな事をしていたら、動機がして目眩が起こって
病院で心電図を撮ったり、検査したり・・・。

輪番停電から免れた執事宅付近だったので、
それを有用して猫界の方々に停電時間の連絡をしてみたり、
友人達の連絡中継所をしてみたり・・・。

 

でもあの日、自衛隊のヘリが撮影している津波の映像。

日本中を駆け巡った津波の衝撃映像は、
執事の頭の中にも、鮮明に記憶されています。

 

もちろん、地震からの復興はまだまだ始まったばかりです。

復興にもなっていない、兆しすらない地域だってまだまだあります。

『故郷』を無くした人も、大勢います。

 

でも、執事の日々は、地震前と同じまま。

何も変わらない、変わる事無く過ごせている事に、
今日ほど感謝しなければいけない日はないと思います。

大切な物を、何一つ失わずに済んだ事に、
心から安堵する日もないと思います。

そして、いまだに救済とは縁遠い日々を過ごしている人を、
微力でも助けなければいけない!と、再確認する日でもあります。

 

『復興』は終わっていません。

『始まった』ばかりです。

テレビで観なくなる、耳にしなくなると忘れがちですが、
自分の家にすら帰れない人がいる事を忘れてはいけないし、
思い出さえなくなった場所で生きている人がいる事も、
決して忘れてはいけない事なんだ・・・と、
改めて思い知るべき日なんだと思います。

 

自分の事で精一杯。

もちろんそれは当たり前の事です。

平穏な日を過ごしている執事だって同じです。

けれど、『自分の事だけ』でいられる事にも、
本当は感謝しなければいけないのかも知れません。

平和だからこそ、不安や不便がないからこそ、
『自分の事が出来るんだ』と、思わなければいけないんだと思います。

 

これから先、電気の事に付いても考えなければいけません。

確かに原子力は良い点もあるのでしょう。

けれど、今回の被害を見ている限り、
『良い点だけで実行するべきではない物』であるのは、
誰もが皆、思い知ったのではないでしょうか。

 

東北大地震から1年。

今後の事を考えさせられた1年だった事は、言うまでもありません。

その中でも、『本当に自分が出来る事は何か』を、
吟味出来た1年でもありました。

年齢上昇と共に、『“便利”よりも“楽”を優先し過ぎたなぁ・・・』と、
思いっ切り反省した執事でもありました。

 

何かがないと、自分自身を見詰め直す事が出来ない執事ですが、
多くの命が亡くなった1年前は、執事の人生にとって、
とてつもなく、多くの事を教えてくれた日でもありました。

その事を一生忘れずにいる事も、大事ですよね・・・。

 

何をどう言い表せば良いのか分かりませんが・・・

『自分が出来る事を、例え微力でも続けて行く』

それこそが最大の復興力に繋がる事を祈っています。

 

そして、同じ様な事が二度と起こりません様に・・・

 

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

昔から『地震・雷・火事・親父』と言われていますが、
1年前の夕方5時頃に、本当に地震だけは怖いと思いました。
親父に関しては、近年の親父は怖くないねぇ・・・。
多くの家では、母ちゃんの方が怖いかも知れないよね。(笑)
1年経っても、地震の前に起る執事の耳鳴りは変わりないし、
耳鳴りから12時間以内に地震が起こる部分も変わりありません。
で、これに付いても色々調べてみたんですが、医学的には証明されてない様です。
でもこの耳鳴り、『私だけじゃなく犬や猫達も感じてるんじゃないの?』
と思う事が、この1年を振り返ってみると多々ありました。
『と言う事は何かい?執事は犬や猫と一緒か!?』とも思ったんだけど、
否定出来ない自分がいたりしております。(笑)

|

« 色を薄めるダイリュート因子。 | トップページ | エッサホイサ・・・ »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/54187550

この記事へのトラックバック一覧です: あれから1年・・・。:

« 色を薄めるダイリュート因子。 | トップページ | エッサホイサ・・・ »