« あれから1年・・・。 | トップページ | ブログ、合体!! »

2012年3月21日 (水)

エッサホイサ・・・

ブログをすっかりサボり気味の執事ことねぇさん。です。

別にこれと言った理由はないのですが、
あえて言うのであれば、野良仕事が忙しいだけでございます。

要するに、スコップ片手に庭を飛び回ってるんだな、はい。(笑)

 

現在の執事、昼間の暖かい時間は庭におります。

鉢植えで育てて来た植物達を、地植えにするのに真剣です。

と言うのも、今までは鉢で育てているから、
『ん~やっぱりこっち♪』と簡単に動かせましたが、
地植えとなると、そうはいかない・・・。

 

バラなんかさ、1回植えたら今年の冬まで動かせないからね・・・。

おまけに、『植え込むのにどんだけ費用が掛かるんだよ・・・』
と言う問題もあるので、出来れば毎年同じ場所に植えたいじゃない?

予算は押さえて望みの庭にするには、
少ない脳ミソもフル活用しないといけないのであります。(笑)

 

で、今までに育てて来た植物の他にも、
ジューンベリー1本とブルーベリー3本を購入。

おまけに、実家の庭先に仮植えしてあった山桜桃も移植完了です。

 

『お前んちは食える物ばっかりだな』と笑う義父の声。

これから1本でも実るオリーブまで買う気があるとは言えませんでした・・・(笑)

 

でもまぁ、これから暖かい春を迎えると言うのに、
工事の為に動かした鉢植えが、そのまま散乱した状態は気が済まないし、
今年の厳しい冬のおかげで、枯れてしまった鉢もいくつかあるし、
それをそのままにして、花も咲かない庭なんて嫌じゃ!!

と言う執事の思惑があるので、エッサホイサ・・・とガンバっとるのであります。

 

その姿を自分で考えても、やっぱり冬眠から覚めた熊・・・。

真冬の間は、外に出る事すら嫌がっていたのに、
風が少ない!今日は暖かい!とノソノソ庭に出て、
スコップ片手に穴掘りまくり、一人でご満悦なんですからねぇ・・・

本当に私は寒いのが嫌いなんだよなぁ・・・

と、勝手に納得しておるのであります。(笑)

 

でもって、今週土曜日には所属クラブ主催のキャットショー開催です。

今回は1Dayキャットショーです。

我が家からは、まっくっく~とひょろひょろ~を出します。

『誰だ!その、まっくっく~とひょろひょろ~って!!』
と言う突っ込みが聞こえて来そうですね・・・(笑)

 

えぇ~っと、ゆうじ君がまっくっく~。たか君がひょろひょろ~。

と言うのも、ゆうじ君の顔は真っ黒でまっくっく~。
たか君は食っても食っても太らないからひょろひょろ~。

最近ではこう呼ばれております・・・。(笑)

 

『で、ゆうじ君とたか君に興味はあるけど、
 執事の家が遠くて、見学に早々行けないのよねぇ・・・』

と言う方は、当日、ショー会場へお越しください。

長女の妊婦と一緒に、子猫部門に猫を出してるのが執事です。(笑)

まぁ、受付でキャッテリー名を言って貰えれば、
執事の名前も分かりますよ~。

 

もちろん、他の猫種に興味のある方も、是非にもいらして下さい。

ピッカピカ~のサラッサラ~のフワッフワァ~な猫がお待ちしております。

 

さてな、執事は今日も野良仕事です。

鉢植えの土を綺麗に篩って、花壇の土にするが為に、
本日も、篩片手にフリフリ体操を頑張るのであります。

 

少しは痩せるかな・・・(爆)

 

昨年の秋に、いつもの培養土を~と思ってホームセンターへ行きました。
でも、培養土どころか、鹿沼土すらない日が続きました。
その原因は、原発事故の放射能の影響でした。
今までの執事が使っていた培養土の中に入っている腐葉土。
落ち葉などを集めて、微生物の力で分解させた培養土の基本資材。
その腐葉土が、放射能の汚染によって出荷できなくなったという訳です。
この腐葉土、どうやって作られているか知っている方も多いはず。
山林の落ち葉を集めて、積み重ねて熟成させて作られるもの。
と言う事は、今後、今までと同じ産地の腐葉土は手に入らなくなるのです。
執事が使っていた培養土の中に入っている腐葉土は、
東北、主に栃木北部や福島県が原産だったので、
どちらかと言うと黒い培養土で、有機物の多い良い物でした。
でも、やっと出荷された培養土は、赤玉土の多い茶色い培養土。
要するに、腐葉土の配合率が思いっ切り変わってしまったと言う訳らしいです。
腐葉土の比率を減らして、保水性を高める為に投入されたのが、
調整済みのピートモスらしく、保水性は抜群に上がりました。
でも、土が変わると言う事は、育て方も変えなければなりません。
今までの様に水やりをするのではなく、この土に合わせた水やりを考えたり、
肥料の持ちや、根張りも考慮しなくてはなりません。
おまけに、培養土のクセみたいのが分かっていたから、
『この植物には、この土を配合して酸度を変えよう!』とか、
『もうちょっと保水性を上げたいから、これを混ぜよう!』とか・・・
そう言う『勘』の様な物が、全く狂ってしまいました。
正直言って、花1つ植えるにも四苦八苦しているので、
昨年の様に『これはここ!これはあっち!』と言う様に行かなくなってしまいました。
たかが花、されど花。咲けば嬉や、枯れれば悲し。
68円の8cm程の苗がスクスク成長して、40㎝にもなれば嬉しいけど、

土が変わっただけで枯れこむ姿は、正直言ってショックです。
原発事故の影響は、こんな些細な所にも影響している現実があります。
おまけに、今年は花の苗の数が激減しています。
これも地震の影響で花苗農家さんが被災していたり、
土の基本資材が、農家さんの手に入り辛くなった事が原因でしょう。
おまけに、今までは執事家付近よりも寒い地域で育てられた花卉資材でしたが、
今年出回っている花苗は、執事家付近より暖かい場所で育てられた苗。
そんな訳なので、いつもの年なら寒い冬を乗り越えてくれる苗達も、
今年は枯れこむ苗がとても多く見受けられます。
同じ様に見えても、産地が違うだけでこれだけ成長が違う苗。
地震の影響を自分の庭でも感じる毎日です。

 

体力の衰えを野良仕事で復活だ!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

この時期に咲き始める植物と言えば『梅』
梅が関係する通説に『桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿』ってありますよね。
『梅の枝は切らなきゃダメ。桜は切っちゃダメ。』とか
『梅は切っても良いけど、桜は切っちゃダメな樹木』とか、
そう覚えている人も多く居そうですが、実はそうじゃないんだって。
桜も剪定して樹形を整える樹木なんだけど、桜=宴 ってイメージないですか?
お花見=桜 だもんね~。
で、このお花見の時に、桜が綺麗だから枝を折る人が結構いるんですって。
でもって、樹木全般に言えるんだけど、枝を切る分には切り口が小さいけど、
折る・・・となると、傷口が大きくなったり裂けたりする。
そうなると、病気や虫の被害が大きくなりやすくって、枯れこみやすい・・・
と言う『樹木なら当たり前』の事があるから、
桜切る馬鹿=桜は切っちゃダメ!になっちゃったらしいです。
でね、執事家にも桜があります。とは言え、盆栽なんですけどね、
この桜が『おしどり桜』ってヤツなんです。
購入してから1年が経ち、昨年は開花する事なく葉桜になりました。
『ら、来年こそは・・・!』と真剣に手入れして1年。
今年は開花してくれるんでしょうか・・・。
その名に肖って購入したのに、咲かなかったら元も子もないよね・・・(笑)

|

« あれから1年・・・。 | トップページ | ブログ、合体!! »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/54273467

この記事へのトラックバック一覧です: エッサホイサ・・・:

« あれから1年・・・。 | トップページ | ブログ、合体!! »