« バイバイ、まっくっく。 | トップページ | 寒いけどね。 »

2014年1月21日 (火)

待ってくれない。

命は日々成長する。

だから待ってはくれない。

 

まっくっくが亡くなって悲しんでいる私の頭上では、
春めいた女子がわんさか。

それに興味を持って、網戸上りに勤しむ男子。

メソメソしてる気分を、見事にブチ壊してくれる私の愛猫達です。(^-^;

でも、これはみんなが健康な証拠。

元気と言う当たり前が、こんなにも有り難いと思うとはね・・・。

 

今までなら、間違いなく『お前達、お黙り!!』とか
『もう少し控え目になさい!!』なんて言ってたのにね。(笑)

 

我が家のブリードプランも、密かに計画してたプランも、
まっくっくが居なくなった事で、計画を練り直しました。

今のところ、今年は銀二とジャンボの交配が多くなります。

そして、交配しようか悩んでいた誉も、1度はお父さんになって貰うつもりです。

でも1回だけかな・・・。
とっても綺麗なシルバーの男の子だから、クリアタビーの女の子とお見合い予定です。

 

で、昨年生まれた金太×楓の子であるうずら。

この子も我が家の男子組の柱になって貰うつもりです。

 

金太が引退して、リビングでどでかい顔をぬぅ~っと出してる我が家で、
シルバー因子を持っていない男子はジャンボだけ。

そう、あっちこっちでシルバーの子猫が大量発生する可能性大です。

 

ん?ソリッド?

あぁ・・・。

 

ソリッドの子猫が生まれる計画は、パッタリ無くなってしまいました。

もちろん、どの子もソリッド因子は持っています。

でもソリッド同士の交配は、今年は出来そうにありません。

なので、生まれる確率は10頭に1頭位いれば万々歳な程度です。

 

ちょっと・・・、いや、かなりの勢いで楽しみにしていたソリッド同士の交配。

これはまた、数年後のお楽しみです。

 

さて、春ちゃんと銀二の子であるまっくっくが亡くなった今、
私の熱望していた『春の子でソリッドの男の子を残す』と言う野望が
立ち消えてしまいました。

女の子は、小梅とイオちゃんがブラックスモークですが、
女の子では駄目だと言う結論も出ました。

なので、春ちゃんの最後のお嫁入りは、銀二にしようかと思っています。

相も変わらず、シルバーとブラックスモークしか生まれない交配です。

でも、春の子でシルバーの男の子は、
どの子もソコソコ大きく育ってくれています。

女の子もなかなかの美人さんだし、大きさもある。

亡くなったまっくっくは9.4kg。
たかちゃんはちょっと細見の7kg弱。
1番先に卒業したとおるくん(ティカ君)は12kgにもなったそうです。

ユル男もスクスク大きくなってくれているみたい。

卒業したかおる(さくらちゃん)はとっても美人さんだし、
我が家に残っているユルコとちびくろに関しては、
『何でこの子達を避妊したんだっけ?私のバカー!!』
って思う位の大きさと美人さん。

小梅はバランスの良い美人に育ってるし、
イオちゃんなんて6kgを超す大きな女子に育ってくれてます。

大きな男の子に別嬪の女子達を与えてくれる春ちゃんと銀二のカップル。

『私の交配プランもなかなかじゃないの・・・』と、
素晴らしい勘違いをさせてくれるカップルです。(笑)

 

銀二は今年、たくさんのお嫁さんを貰う予定です。
なので、シルバーの子猫がたくさん生まれます。

銀二の子はどの子も綺麗な眼型でとっても大きい。

他の子とお見合いさせたら、どんな子が生まれるんだろう・・・。

そんな事を想像したら、悲しいけどワクワクもしてる執事です。

 

さて、ここからは『何言ってんの・・・』なお話を。

 

実は、我が家には、猫のお化けが出るようになりました。(笑)

まぁ、お化けの正体はまっくっくなんですけどね、
夜中に寝室に入ってきたり、人の足に噛り付いたりしてくれてます。

『またまた~(笑)』って思われるかもしれませんが、
夜中に右足の親指を齧られて『痛いから!』って怒りながら起きた執事が
ただのアホになっちゃうので、話し半分で聞いてて下さいね。(^^)

まだ側にいるのか・・・って思うと
『ちょっと~。1日も早く生まれ変わって来て欲しいんだから、
 早めに神様の所に帰って、うちに来れる列に並んでてね~』
とも思うんですがぁ・・・

夢の中で『行きたい所があるから、そこに行ったら帰ってくるよ』
って言われてしまいまして、帰ってくるにはちょっと時間が掛るみたい。

でも、『帰ってくるよ』と断言されたからには、
『分かりました。お待ちしております。』
ってお返事するしかないじゃない?

なので、当分ブリーダーも辞められないみたい。(笑)

 

いやぁね、まっくっくが亡くなって、本気で辞めようと決断したんです。

亡くなる前の前兆すら見逃した私が、
『ブリーダーでございます』なんて言えるんか?

そう思ったら
『今いる子達も全員引退させて、ただの猫のいっぱいいる家にしよう。』
って、心に誓った位、辞める気満々でした。

でも『ブリーダー辞める』って執事2号に言おう!!って思った直後、
お昼寝中に見た夢が『帰ってくるよ』だった訳です。

おまけにその夢の話には続きがあって・・・

『行きたい所があるから、そこに行ったら帰ってくるよ。
 またこの家に生まれてくるけど、それは知らせる。』

って言われたのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

辞められないでしょ?

ここまで断言されちゃうと、辞められないよね?(笑)

 

『そっか、ブリーダー辞めちゃったらまっくっく、帰ってこれないじゃん。』

と気付いて、辞めるのも持ち越した訳です。

ただ、まっくっくが生まれ変わって来てくれたら、
もしかしたら、いきなり辞めちゃうかも・・・(笑)

ま、それはその時悩めばいい事か!
と思ってますので、もしかしたらの話ですけどね。

 

もちろん、夢の話も、足を齧られた話も実際にあった事。

もちろん、私の潜在的な考えが勘違いさせてるだけかも知れない話。

でも、そう思ったし、そう感じたなら、自分の考えを実践して行くしかない。

好きで始めたブリーダーと言う生業です。

『自分のペースでやってきゃいんじゃね?』と、改めて思いました。

なので、今年もまた、マイペースで頑張って行こうと思います。

 

まっくっくが亡くなって、たくさんの方に励ましの言葉を貰いました。

ヘタレ王子と気まぐれ王子のお世話日記
のChikaぽんからは、 まっくっくへお花まで貰ってしまいました。

猫が紡いでくれた人達の中には、『一緒に泣いた』と言う人まで・・・。

多くの人に支えて貰ってんだなぁ・・・って改めて思いました。

まっくっくが亡くなって寂しいからなのか、
多くの人に励まして貰って嬉しいからなのか、
どっちか分からなくなる位、ピーピー泣いてましたが、

泣いてましたが・・・

頭上ではね・・・この記事の3行目に戻る訳です。

 

泣いてばかりもいられないのが大家族の母。
(召使い?執事降格?)

でも、泣く必要はない訳で、泣いてる暇があったらやる事やれよと、
まっくっくにも言われた気がしました。

で、毎朝リビングに居るまっくっくに『おはよう』って声掛けて、
『母ちゃん頑張るでぇ~!だから早く帰ってこいな!』
って、毎日言っております。

 

でも、まっくっくはどこに行きたかったのか・・・。

生まれ変わって来ても教えてくれないだろうし、
執事には一生謎のままになるんだろうな・・・(笑)

 

と言う訳で、執事はもう大丈夫です!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっとしてくれるとちょと嬉しいかもー♪

コジが煩い。
ま、コジがお喋りなのは皆さんもご存じのとおり。
でも、ここまで喋りまくられると、ぶっちゃけ煩い位良く喋ってます。
時として、異様なおしゃべり猫になるコジ。
でも、ヤツが喋ってる時は何かしらの事件が起きてる証拠。
そう、女子が春めいてると『あの子が鳴いてるよ!』って報告してくるんです。
執事が2階に行くと鳴き止む女子なので、
ぶっちゃけ誰が春めいてるのか分からない時もある。
でも、女子部屋にコジを入れると、春めいてる女子の所に行く。
おまけに『コイツ!』って言わんばかりに、
『うなうな~』っと鳴いて教えてくれる、女子達の番人コジ。
いつの間にそんな役目を仰せつかったのか、
って言うか、そんな役目をお願いした事は無いのに、
勝手にやってくれる『執事の右腕気分』なコジ。
『お前ってさ、ホント変なヤツだねぇ。』って毎日言われております。(^^)

|

« バイバイ、まっくっく。 | トップページ | 寒いけどね。 »

執事のつぶやき。」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/551596/58974125

この記事へのトラックバック一覧です: 待ってくれない。:

« バイバイ、まっくっく。 | トップページ | 寒いけどね。 »