« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月14日 (土)

お問合せ待ってま~す♪

雨の中休みとなった執事んち地方。

昨日から気持ちの良い晴天が続いています。

梅雨真っ盛りのはずなのに、風は爽やか空気も軽い♪

おかげでお猫様達は寝てばっかり・・・(´・ω・`)
雨が降っても、風が吹いても、暑くても寒くても寝てばっか!!

結局、猫なんてそんな生き物です・・・(っ-T)

 

まずは、残念なお知らせなのですが・・・

12日が予定日だったいろは。

ちょっと早めの7日の午後に出産となりましたが、
4頭いた子猫達は、
全員そろって神様の元に帰りました。

 

今回の出産、子猫が亡くなったのは執事の失態です。

出産準備を適当にやってた。
まだ大丈夫だろう♪って、高を括ってた執事の認識の甘さが原因です。

椛母さんがあまりにも完璧すぎたから、『いろはも大丈夫だろう』
そんな風に思っていた。

でも、いろはは初産。
そこんところを、執事、すっかり忘れていたのです。

なんとか息をしてくれていた2頭を保護したけど、
気付いた時には、いろはは子育てをする気をなくしていました。

何度もいろはと子猫を一緒にしたけど、
いろはが子猫に興味を持ってくれる事はありませんでした。

育児放棄。

嫌な単語が頭をめぐりました。

 

『こうなりゃ~私が育てるまで!!』と腹をくくったけど、人の力なんて無力。

その日の夜には1頭なくなり、翌朝には1番元気だった子もあやしくなり
結局、夕方までに全頭亡くなると言う事態に・・・。

 

反省なんて生易しいもんじゃない。

あの日から1週間たった今も、子猫達に詫びるばかりです。

 

でも、そんな中、今月18日に椛っ子達の予防接種に行って参ります。

もう予約済み。

とにかくどの子も元気あり過ぎで、とにかくよく食べよく遊びよく寝る。
アチコチに子猫が落ちてて、落ちてる子猫に各保育士さんがつきっきり。(笑)

産みの母である椛さんは、すでに1回目のヒートが来ましてですね、
授乳もお世話もまぁ~~~ったくやる気ナッシング。

 

それでもまだまだ2か月前の子猫です。

母のぬくもりどころか、おっぱいに吸いつきたい時だってある。

『ご飯(缶詰)を食べたらおっぱい』の子猫達なので、
食後は誰かのお腹にモゾモゾする日が5日くらい続いた頃、
いろはの事件が起きました。

その頃には、椛母さんは絶賛ヒート中。

子猫達を払いのけてアオアオ言ってたんです。

そこにいろはさん登場。

 

出産しておっぱいが張って困っていたいろは。

子猫達はそれを見逃さず、いろはを全員で襲いました・・・。

そして、めでたく生後1ヶ月半の子猫が初乳を飲む事態に・・・(@_@;)

 

初めの頃は『なんか変な感覚・・・(ー""ー)』って顔をしていたいろは。

時には逃げ出す事もあったけど、執事は黙っていました。

本当に嫌なら、子猫のいる部屋に行かなければいいだけの事。
どっちを選ぶかは、いろは次第。
そんな風に任せていたら、いろは、子猫達のお世話を始めたんです。

ご飯を一緒に食べ、食べ終わったら授乳しながらグルーミング。

クルクル♪鳴いて、子猫を呼び寄せるまでに!!

 

我が子を育てる事は出来なかったけど、
育児放棄する子になりそうで、かなり慌てたけど、
椛っ子達のおかげで、いろはに母性が目覚めました。

 

本物の乳母登場に、子猫達が大喜びしたのは言うまでもありません。

今では、教育は椛母さん、その他のお世話はいろは。

分担制になったのは言うまでもありませんね。(笑)

 

悲しい事はあれど、嬉しい誤算もある。

いろはに母性を目覚めさせてくれたのは、
いろはの異父兄弟にあたる弟妹達。

ありがとね。

 

ちっこい体で、執事を応援してくれてる気がしました。

その応援に、しっかり答えなきゃ・・・。

 

あ~!!

んでですね
椛っ子達の予防接種の日程も決まったので、
見学のご予約を開始します!!

椛っ子達の中には、既にお問合せ頂いてる子もいるので、
全頭の中からより取り見取り!って訳にはいきませんが、
とにかく可愛い性格の子達なので、よろしくお願いします。

5頭5色の兄弟達。
みんなシルバー系だけど、タビーパターンも色味も違います。

もちろん性格もみんな違うけど、
全員仲良く『膝乗りにゃんこ』に育ちました。

足登りにゃんこでもあるんだけどね・・・(;一_一)

椛母さんに似て、とっても人懐っこい子に育ったので
興味のある方はメールフォームからお問い合わせください。

写真やメールフォーム⇒⇒⇒Cattery 7STORM のホームページ

どうぞ宜しくお願い致します。m(_ _)m

 

お残りさんも決めました♪
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくおねがいします。

今回で椛母さんはブリードを引退します。
春ちゃんに次ぐ『子育て完璧母』の椛が引退するのは
正直言って、とぉ~~~っても心細い。
困った時の春さん頼みに続いて、椛さん頼みだったから
執事の右腕の引退と言っても良い位。
春ちゃんも一緒に引退予定なので、とても心細いのです。
だけど、そこは執事の頑張りでフォローしていくしかない。
子育ての上手な子に頼ってばっかりだった事を反省しつつ
椛のストーカーが再燃するのもちょっと楽しみだったりしてね…。
まぁ、執事の心は複雑なのでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 6日 (金)

梅雨入りだって…。

更新も留まっておりますが、子猫の成長は留まっておりません。

梅雨入りした直後の土砂降りも、留まってくれません。

が、椛っ子全員、元気にすくすく成長しております♪

今月18日には予防接種を予定しました。
初めてのお出掛け、どうなる事やら・・・( ̄  ̄;)

 

日に日に食べる量も増えて、今では5頭で a/d缶2個をペロリと平らげております。
その上、缶詰直後はカリカリを貪る様にカリカリ、カリカリ・・・。

『よく食うなぁ・・・(゚Д゚;)』と半ばあきれる位の食欲です。

 

さて、椛っ子がすくすく成長しているそばでは、
昨年の椛っ子である“いろは”の出産が間近に迫ってきております。

こちらもお父さんは銀二なので、またまたシルバー系の子が生まれます。

ただし、いろはが隠し持ってるタビーは、いまだに解明しておりません。

子猫の頃にゴーストタビーが見えなかった子だからマッカレルかなぁ・・・?
とは思ってますが、まぁそこはさ、気にしないで行こうじゃないの。(笑)

レントゲンには4頭の子猫の姿が映し出されて、
相変わらず『色も見えれば覚悟が決まるのに・・・』
なぁ~んてアホな事を思いながら、マジマジと見入っておりました。

で、その時に、ふ・・・と思ったのです。

『オスとメスで、既に骨格に違いがあるのか』

あるんだなぁ~。あったんだよ。驚いたよ。
お腹にいる子の性別判定、100%ではないにせよ、出来るんだよ。
おっどろいちゃったけど、言われてみれば当たり前だよね(笑)

 

と、相変わらずマニア路線を爆走している執事ですが(笑)
実は、今月1日にペットロスを脱退致しました。

いや、あのね、犬も猫も飼ってますけど、
ペットロスって『飼えない』んじゃないんだよ。

そこんとこ、よぉーーーくご理解ください。

 

実は執事、これだけの猫を飼っているにもかかわらず
『短毛の猫は飼えない』と言う心情でございました。

それもこれも、人生初の黒猫・あんちゃんが亡くなってからのもの。

26歳だか27歳の時から始まっていた心情なので、
もう13年位続いておりました。

もちろんその間に玉三郎をはじめ、多くの猫はお迎えしておりますが、
どうしても『短毛の猫は迎えられない』と、ずっと思っておったのです。

が、執事の中で事件が起きたのです。

 

昨年末、某所でお会いした『まぁ~るい可愛い子・ペコリ君』

昨年某所で会った『ちょっと残念な“おから君”』

この2頭にやられちゃったんだねぇ~。(笑)
『長毛にはない可愛さはここか!!』って思っちゃったんだなぁ~。

その日以来、『どこかに縁があったら迎えてもいいかな?』
と思えるようになったのです。

 

でも、おいそれと『あたしあたしっ!!』と挙手する事は出来ない。

だって『大家族』だから・・・。

あちこちで、お家募集の記事や書き込みを見ては
『うちはダメだよね・・・。でも、もし居残り君が出たらその時はっ!』
と思っても、居残り君ってさ、こんな時こそ早々でないんです。

『あ~やっぱりなぁ~。みんな可愛いもんねぇ・・・。』
と、写真を眺めて途方にくれるだけ。

 

そんな日が半年以上続いたある日、
『ちょっと残念な“おから君”』のお家で事件発生。

野良母ちゃんが、おから君ちで4頭の子猫を産みました。

おから君の父ちゃん、日々悪戦苦闘。(笑)

見てるだけでは飽き足らず、乳母心全開!で
缶詰送ったりカリカリ送ったり・・・。

そんな事してる間に、あっさり挙手。(爆)

めでたくお迎えと相成りました。( ̄▽ ̄)

 

んでもね、猫のブリーダーである私が
こんな事を言ってはいけないのかも知れないが・・・

 

普通の猫ってこんなにちっさいの?Σ(゚Д゚)

 

ありえん小ささに、初対面で発した言葉が『ちっせ!』
(群馬弁で“小さい!”という意味じゃ。)

小さいと思ってたのぞみより小さくて、
『これでホントに生後1カ月経ってるの!?』
って、どうしても思う位の大きさなのです。

執事2号なんて『コレって普通なの?』って聞いて来た位。(笑)

でも、思い返してみれば、これは普通なんだよね・・・。

うちの子猫達がデカイだけなんだよね!?
つか、デカイもんね・・・うちにいる子猫・・・(;一_一)

 

どちらにせよ、野良出身には変わりないので、
現在はリビングで隔離生活を過ごしております。

つっても、検査では何の問題もありませんでした。

だから一緒にしてもいいかな~とは思うけど
『この子が危ない。』と言う事に気付くまで
そう時間は掛からなかったよ。(笑)

 

手の平サイズのちっせ~子は女の子。

名前を『瑠璃』と名付けました。

短毛どころか、尻尾も短い。
『お前はウサギか?』ってくらいのポンポン尻尾です。

毛色はサイアミーズ系と言うか、ラグドール系と言うか・・・
要するにポインテッドってヤツでございます。

だから目も青い。

だから『瑠璃』

分かりやすいね~(笑)

 

Runa

ちょっとおねむだけど、頭に足が付いてるみたいで可愛いのだ♪(笑)

 

瑠璃がお猫様達との共同生活を始めるのはもうちょっと先。

部屋なし自由組(アルター軍団ね(笑)の中には、
大きな音やちょっとしたイザコザがあるとパニック起こしちゃうクロがいるので、
クロのいる同室には絶対に出来ません。

万が一踏まれたら、瑠璃の命に係わるからね・・・。

もうちょっと大きくなって、せめて体重が600g超えるまでは
リビングでの隔離生活をさせる予定です。

つってもね、お猫様の声も気配も、時には乱入もして来てるので、
『デケー生き物がいる!』と言う事は、もう瑠璃も知ってます。

お互いの気配はしっかり認識してるので、あとは瑠璃の成長待ち。

椛っ子達の予防接種もあるし、それが終わった頃かな???
なんて思いながら、日々の成長を見守っておる次第です。

 

ちなみに、執事2号は『おまめ』って呼びます。

子供の頃、かくれんぼとかする時に、
自分達より小さい兄弟や近所の子がいると、
『お前はおまめ(チビ)だから、2回までセーフね』
とか言ってませんでした?

あの意味で『おまめ』

 

『その名前で定着するから辞めて!』
と、懇願する執事でございます。(笑)

 

でもね、瑠璃を迎えてみて思うのです。

『あ、やっぱ短毛の黒猫はパス』って・・・。

ペットロス、邁進中なのかな???
ま、いっか。(笑)

 

瑠璃も接待係になれる様に教育中です♪
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくです!

縁あって迎えた耳と尻尾だけ茶トラの『社長』って猫は
野良気質全開で、家の窓を全部閉めると大暴れする猫で
私だけじゃなく子供達も襲う子でした。
結果、窓開けをマスターして、半野良生活。
『もうしょうがない。去勢だけして飼えばいい。』で飼ってました。(真似しないでね!)
で、ある日、執事は引っ越し。
引っ越し先にも連れて行ったけど、直線距離にして1km程度の引っ越しだったので
窓から脱走して、元居た家に帰る始末・・・。
何度連れ帰っても、1度帰れたからには30分程度で真直ぐ元居た家に帰る。
ご近所さんのご厚意で、元居た家の隣の家の子になりました。
それから3年後。
社長はネズミ駆除の薬を食べて死んだネズミを食べ、中毒で亡くなりました。
そこから『飼うなら家の中で飼うし、飼える子しか飼わない!』になる訳です。
で、ナンダカンダあって今に至る執事。
何の経験もなく『あれはダメ、これはダメ』と言ってる訳ではありません。
自分じゃなく、猫に辛い思いをさせた経験があるからこそ
『外に出すな!』『死ぬまで飼ってくれ!』とお願いしています。
でもね、それは野良出身でも同じ事。
成猫の野良出身の子は大変だろうけど、今はたくさんの情報がある。
社長を飼い始めた時に知ってたら、あの子は今も生きてただろうな・・・。
そう反省しつつ思う、執事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »