« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月27日 (月)

平穏無事。

当然の事ながら、平穏無事が何よりです。

あられっ子達、全員スクスク成長中。

まぁなんだ、平穏には若干の『???』が付くけれども、
そこは『個性』と言う便利な単語で平穏と言う事にしております(^^;)

 

我が家の定番は『歯が生えたら離乳準備』で
『犬歯が半分出たら離乳開始』なんですが・・・

生後22日で犬歯が完全に生えたあられっ子の末っ子みぞれ。

もうね、驚異の食欲を見せております。

 

生後23日目にして、離乳食まっしぐら!

24日目でカリカリを食し、25日目にして母乳はおやつになりました。

既に、缶詰を出すとその気配を察し
母親を押し退けて顔面をフル活用して離乳食を食しております。

もうね、顔が全面アニモンダ・・・(´・ω・`)

 

正直言ってですね、こんな子猫初めてです。

今までの子達は、25日目から離乳食を始めてはいますが、
執事が口を開けて、少量の缶詰ほおりこんで
『うえぇ~!なんだコレぇ~!!(>ω<)』
が定番でした。

もちろん5日くらいで『ごはぁ~ん!!』にはなりますが、
初っ端から『メシメシ~!!』と飛び付く子は居ません。

もちろん、母猫も離乳をさせる為の努力を始めるので
『お母さんがおっぱいあんまりくれないから、お腹空いたし・・・』

って感じが毎回。

 

がしかしだ。

末っ子なのに1番デカイみぞれは違う。

『おっぱいよりこっちの方がうめぇ~!!』なの・・・(笑)

でも、『おっぱいと違ってこれもうめぇ~!』でミルクも大好き。

離乳食食べて、ミルクガッツリ飲んで、
カリカリも首を傾げながら必死に食べて、
寝る為だけにおっぱいに吸い付くありさま。

おかげで、他の兄妹より100gもデカイです、はい・・・。

 

兄妹の中で、唯一見分け付け辛いのが『ふぶき』と『みぞれ』でした。

途中から体重が変わったので、体重測定をすればすぐ分かるけど、
最近は、顔を見ればすぐ分かる。

そう、汚いのがみぞれ。(爆)

その位、食べる事への関心が違うので、
乳母は今、離乳食の時間はてんてこ舞いです。

 

離乳食に興味のないちびっ子・ひょう。

ミルク大好きだから、執事を見ると膝の上にまっしぐら。

体勢も自分で勝手に整えて、準備が出来たら『みゃー!』

執事がモタモタしてると、確実にパニくります。

『はやくやはくぅー!ミルクぅー口に入れてー!』って・・・(笑)

差し出した哺乳瓶に吸い付きゃいいのに、
乳首の先を口に入れてくれるのが当たり前だと思ってる。

だから、口に入れて貰って初めて、吸い付く準備が出来る。

要するに、おぼっちゃま気質でお育ちになられております(笑)

 

その点、唯一の有色子猫である・しぐれは分かりやすい。

膝の上に乗せて、体勢整えて、哺乳瓶を差し出すと
お口をモゴモゴさせて準備を整えてるので、
それを見てる執事は、態勢整うまで待機(笑)

準備が終わると哺乳瓶に首をのばすので
ほれ♪って差し出すと~~~一気に飲み干す。

要らなくなればペッペ!と離れて、げふぅ~~~(●´ω`●)

『飯は黙ってさっさと喰え!』を遂行しております(笑)

 

みぞれと同じ位だったふぶきは、実はかなりののんびり君。

ぶっちゃけ、執事は焦った。
『もしかして・・・、耳が聞こえないとか・・・!?(@_@;)』って。

でもね、掃除機動かしたら真っ先に逃げてたから
そこは大丈夫みたい。(笑)

でも、心配になる程のんびり君なのです。

だから、執事からは密かに『のびた』と呼ばれております。(笑)

今はみぞれに追い抜かれてますが
離乳が始まって我が家の卒業生になる頃には、
間違いなくみぞれに追いつく男の子になると思います。

と言うのも・・・手がデカイ。

みぞれより、ふぶきの方がデカイの。

おまけに、尻尾の太さが全然違うのです。

トロいけど大男ってのは、お前のひい爺ちゃんとか爺ちゃんと同じだぞ~。
んでも、それは男の子としては最大限に可愛いぞ~(笑)

と思いながら、トロいふぶきはめっちゃ可愛いです。

 

そして、唯一の女の子である風花。

思わず『ふうか』って読んじゃいそうですが、ホントは『かざはな』な女の子。

もうね、既にね、我が家で生き抜いて行ける確信が持てる位の
我が道を行くお嬢さんです・・・(^^;)

膝の上が定位置で、ミルクは10ccを2回程お飲みになられまして、
その間隔たるや、一寸の狂いもない位正確。

10cc飲んだら園庭を散歩して、他の子とちょっと遊んだらまた膝の上。

そうしたら10ccを飲んで、一人ベットに戻って寝る。

お母さんがおっぱいあげる気になったら、
真っ先にすっ飛んでって定位置に吸い付いて、
それを飲んだら寝る。

遊ぼうよ~って誘っても、寝る時は寝る。

もうね『ツンデレ女子』の気配濃厚・・・(笑)

『そんな所はお母さんに似なくて結構なんですが・・・』
って言う執事を無視して寝る。(笑)

そのクセ、ミルクが足りない時は文句は盛大に!

『このお嬢様、どうしましょ?』ってあられに聞いたら
あられ母さんは『あたしのせいじゃないけど?』って顔するしねぇ・・・。

他のお家に行く事もあるし・・・って思ってる執事なのに
『あ~やっちまったか?』とも思う今日この頃。

 

『平穏』と言うにはいろいろありますが、
個性が垣間見えて来てるだけだから平穏と言う事にしている毎日。

これもまぁ『無事』には変わりない訳です(笑)

 

そして、今後の出産もほぼ確定。

5月15日前後に、いろはが出産します。

いろはは金太と椛の子であるトーティーで、お相手は桃太郎君です。

我が家初の手足の白い子猫が生まれる!・・・かも?

もうね、カラーの事は聞かないで。

執事にも分かりません!(←いい訳w)

 

でも、お父さんの桃太郎はクリーム&ホワイト。

いろはは椛から生まれた子なので、
可能性は半々ですが、ダイリュート因子を持ってる可能性もあります。

あぁ~~~んど
お父さんがレッド系で、お母さんはトーティーでレッド因子を持ってます。

なので、レッドの女の子が生まれる可能性もある。

なので、カラー予想を言うのであれば
『真っ白いのとシルバーの子猫以外は全色生まれる可能性あり!』
なのです。(笑)

まぁなんだ。

ブラウンは生まれないだろう!と言う
我が家の呪縛は確信を持ってますけどね・・・(^^;)

 

で、もう1頭。

楓さんもご懐妊!・・・らしい。

『・・・らしい。』ってのは、この楓さん、ホント分からないのです。

前回の出産も(つってももう2年前)
産まれる2週間くらい前まで『ホントに入ってる?』って思う位
お腹の大きさが目立たない。

だって、楓さんが大きいんだもん。

いろはやあられは『4kg台の女子』なので、お腹が目立つんですが
楓さんはね、6kg台の大女子なんです・・・。

だから、4頭位の妊娠では、正直お腹も目立たない。

前回のレントゲン撮影の時は、1~2頭だと思ってた位ですし、
まぁ、結果は5頭入ってたんですが、
産んだ後も『あんまり見た目が変わらないね・・・』って位なの。

人で言うと
身長150cmのお母さんと、170cmのお母さんの
臨月のお腹の大きさの目立ち具合が全然違う!
って感じかなぁ・・・。

 

ホント、触れば妊婦だと信じられるけど、
普通にしてたら大きな女の子な楓さん。

2年ぶりのお相手は、コレまた桃太郎さん。

もうね、こっちこそ何色が出てもおかしくありません。

もちろん真っ白は生まれませんが、こちらはシルバーも生まれます。

なので、真っ白以外の全色!って言っておきます(笑)

ちなみに執事は
『とんでもなくゴツイ子猫が生まれるんではなかろうか・・・』
と言う淡い期待をしております(^^)

 

とにもかくにも、来月が予定日のこの2頭の出産が終われば、
執事家の今後の出産は秋以降。

秋口に生まれてくれるようにお見合いを検討してはいますが、
そこはもうさ、執事が介入出来るのは微々たるところだけ。

『今年のお正月には、うずらの子を愛でながら新年を迎えたいなぁ・・・』
と言う執事の夢はありますが、
そこはもうね、天命を待つしかないのです。

 

って事は、果報は寝て待て。

ん~、やっぱ寝てばっかりいる風花ちゃんは正しいのかもしれない。(笑)

 

粉ミルクって種類でこんなに違うんだね・・・。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

子猫の乳母をするのに真っ先に必要な猫用粉ミルク。
種類によってこんなに違いがあるとは思いもしませんでした。
執事家がずっと使って来たのはクリニカルのミルク。
低温(50度)でもすぐ溶けるけど、何となくザラ付きのあるミルクでした。
ミルク⇒お湯の順番でもダマになる事もなく便利だったんですが
この『ザラ付き』が気になって、今回種類を変えました。
で、今回使っているのは森永のプレミアムキャットミルク。
こっちはね、低温&お湯⇒ミルクにしないとダマになるけど
ザラ付きはありませんでした。
他にもいろんなミルクを使った経験はありますが
こんなに違うもんか!?ってちょっと驚きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

あられの赤ちゃんが生まれました。

もうだいぶ前・・・と言っても
先月31日にあられの赤ちゃんが生まれました。

6匹の予定でしたが、産まれてみたら5匹。

どうやらレントゲンの時に
タイミング良くウニョウニョした人がいたらしい・・・(笑)

でも5匹とも元気いっぱいでスクスク成長しております♪(^^)

 

そして、皆さんがワクワクしているであろうカラーのご報告。

『ブラックが大好き!』と言いつつ
過去に生まれたブラックはたった1匹の執事家だから
『ホワイトのお母さんからホワイトが生まれないだろう予想』
を立てておりましたが、産まれてみたらあらビックリ。

5匹の内、ホワイトが4頭もいたのぉーーー!!ヽ(´▽`)ノ

もう1頭はお約束のシルバークラシックです(笑)

 

で、性別を今回、初めて間違えました。(笑)

産まれた当初、全員男の子だと思ってました。
ホワイト4頭にシルバー1頭、全員男の子です。

『全員男の子でどうやって判別すればいんだろう・・・(汗)』

ってのが、産後直後に頭を抱えたお悩みでした。

 

初乳を飲んでお腹がぽっこりしたら、
再度性別判定が執事のお約束。

その時にやっちまった事に気付いたんだな~。

1番最初に出て来た子が、女の子だったの(笑)

 

でもね、ちゃんと理由があるのよ・・・。
それなりの理由が・・・。

 

産まれる際、その子はお尻から出て来たんだけど
あられさん初産だし、仔猫の体勢が悪かったらしくって
何度も何度もいきむんだけど出て来ない。

いきむと尻尾が出て来るけど
いきむの辞めると中に戻って行っちゃう。

30分もいきんで~休んで~を繰り返してるのに
尻尾しか見えない子猫を見てたら

『あ~、こりゃ~体勢が悪いんだわ・・・』
ってすぐ分かった。

だから執事、羊膜破らない様に
そぉ~~~っと尻尾の先っちょを掴みました。

 

で、あられさんのいきみに合わせて引っ張る!

戻ろうとするけど戻さないっ!!

あられさんいきむ!
執事引っ張る!

 

まだまだ子猫は生まれません。

 

尻尾の半分位が見えたら、普通は後ろ足が見えるもんです。

でも見えない。

『あ~こりゃ~お腹の中で体育座りか前屈してるわ・・・』
って分かったら、ココはもぉ~~~

 

指突っ込む。

 

で、体勢を治す。

 

マヂですよ。

嘘じゃないから。

羊膜の上から、指で子猫の足の体勢変えちゃうのです。

ちなみにこの時は前屈しておりました。)

 

で、次のいきみの時には確実に引っ張りだす!

って心意気で、尻尾は離さない。

 

まだまだ子猫は生まれません。(笑)

 

で、あられさん再度いきむ!

後ろ足が見えたから、後ろ足掴む!

2度目のいきみで後ろ足の膝の部分が見えたので
次のいきみが来るのを待って・・・

執事引っ張る!

あられいきむ!

お尻が出て来たら躊躇しないで引っ張る!

 

でてこなぁーーーーーーーい!!!!!!!!!!

 

あられ立ち上がっていきむ!!

執事、遠慮なしに引っ張る!!

 

出たぁーーー!!!!!!!!!!!!!!

 

 

ってあんた、臍の緒グルグル巻きじゃないの!!

息するかしら・・・ドキドキ

頑張れ頑張れ!!・・・ハラハラ

ないたぁ~~~~!!Σ(゚Д゚)

 

ってな感じで、超難産。

もうね、執事生きた心地がしませんでした。

でも、産まれて来た子は138g。

『あぁ・・・デカイは体勢悪いわで出て来れなかったのね・・・』

ってすぐ分かった。

 

138gってね、デカイんだよ。

初産のお母さんは結構大変です。

おまけに生まれたばかりの子らしくない位に
プックプク~の子猫です。

『こりゃ~デカ過ぎだわ・・・』
と思ったら、女の子だとは全然思わなかった。

だから『男の子』だと思い込んで見間違えた訳です。(笑)

 

が、女の子だったんだね~。

執事の待ち望んでいた、ホワイトの女の子。

ギャハハハハ o(_ _)ノシ バンバン

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

 

本気で喜んだ。(笑)

ホント嬉しかったぁ~。

 

他の子達もね、全員元気です。

途中、おチビくんと呼んでるけど、決してチビじゃない
周りがデカ過ぎるだけ~のおチビくんは
羊膜の中でお口パックリ開けた状態での仮死状態で生まれました。

でも執事、根性で蘇生しました。

『おまえは死なないんだぁーーー!!』
って、ぶっちゃけ叫んだ。

で、オルチャンのオーナーさんに教えて貰った蘇生法を即刻試しました。

 

か弱い・か細い・今にも止まりそうな呼吸が
『あらやだ!激おこしてるわ!ごめんごめん!!』
と思えるまで15分。

見事、神様の下に帰ろうとしてるのを引きずり戻せました。

今回ばかりは、神様に『返さないもんね~だ!』ってアッカンベー出来ました(笑)

 

で、おチビくんは今日も元気。

と言うか、誰よりも元気。

誰よりも逞しく生き抜いております(笑)

 

そんなこんなで5頭の子猫がウニウニしておりますが
既に目が開きました。

シルバー君だけは生後2日目に目が開き始めて

『うそぉーん!?あたし、何かやらかしたぁ~!?!?』

って大慌てしましたが
全部の目が開いたのはやっぱり生後1週間。

ちょっと慌てたけど、おめめパッチリになったらなんとも可愛い男の子でした。

 

女の子と最後に生まれた男の子のどちらかを
『我が家に残そうか・・・』と検討してますが
『多分女の子だろうなぁ・・・』と思っております。

が、まだ未定。

男の子の方は何件かお問合せを貰っているので
もしかしたら『お家募集する間もなくお家決定!』
なんて事もあるかもしれません。

でも、そこもまだまだ未定です。

今はとにかく、全員がお腹を壊さず離乳を終えて
誰も欠く事無く全員予防接種の日を迎えるのが先決!

そして、予防接種後に体調を崩す事無く生後3ヶ月になるのが目標!

ヨチヨチさんになった頃には、写真も紹介しますね!

 

で、ボチボチ次の妊婦さんが出て来そうな執事家。

お母さんが全員ソリッドで夏まで出産が続く予定の執事家なので

こ、こ、こ、こ、今年こそは・・・

ブ、ブ、ブ、ブ、ブラック・・・

 

もう言うの辞めよう。

 

狼少年になりかねないから・・・(笑)

 

あられ母さん、おむつ交換はしてくれません。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際に首の調子が絶不調な執事に元気玉を!(笑)

あられ母さん、子猫のお尻の世話を一切しません。
産まれた時はやってたんだけど、生後2日目から完全無視。
子猫達はオシッコをソコカシコでするようになり
ベットもマットもオシッコだらけで、中には全身びしょびしょの子も・・・。
仕方が無いので執事がカット綿でお尻のお世話をしてるんですが
『ほれ、こうやってお世話するんだよ~』って教えてるのに
『目を閉じてぇ~何も見えずぅ~♪by谷村○司』を決め込んでおります。(- -)
哺乳は日に3回8時間おき、お尻のお世話は6回4時間おき。
いくら乳母が『嫁に行け』と言ったとはいえ
それはないでしょ、おっかさん・・・(っ-T)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »