« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

年末イベントがやって来る!

いくらイベントの時はテンション上げて頑張る執事っつったって
何も自分自身でイベント騒動を起こさなくったって良かったのにねぇ・・・

と、毎年思ってもう7回目。

恒例のわかちこのお誕生日がやって参ります。

 

クリスマスはわかちこの日。

コレが我が家の定番でございます(笑)

 

で、今年は2年ぶりにリースを作り直しました。

1回作ると2年はそのままなので
まぁ、奇数年毎に作り替えるのが定番に・・・。

その最大の理由は『材料調達』でございます。

 

何てったって、生のモミの木の枝を入手しないと
モミの枝を使ったリースは作れません。

当たり前だけど、コレが結構面倒くさいのです。

もちろん買う気になれば買えますけどね。

高いから買わないよ、ジャン♪(笑)

 

で、どうするか。

答えはコレだ!!!!!!

 

Dsc_0224_1

拾う。

 

( ̄▽ ̄)

 

Dsc_0223_1

拾うんです。

 

拾ったら逃げる!!

ε===┌(; ̄  ̄)┘

 

 

嘘です(笑)

 

まぁ、執事家の生モミの木を使ったリースの作り方を教えますね。

 

まず、モミの木の苗を買って来て、7年ほど育てます。( -`ω-)b

 

7年ほど育てると、邪魔になる枝が出て来ますので鋸で剪定。(・。・)

 

それを、コレまた邪魔になったアケビの蔓を採取して
クルクル巻いて土台を作っておいた物に・・・

 

Dsc_0227_1

針金で巻きつける。

 

Dsc_0228_1

コストコで買っておいたリボンを
クルッとしちゃ~ネジって、クルッと!ネジる!
を繰り返してリボンを作り・・・

 

Dsc_0230_1

適当にあしらったら出来あがり。(コラ!)

 

でもね、ホントそんなもんで出来るんですよ・・・。

すっごい豪華!って皆さんが褒めてくれるんですけどね
ホント、土台だけ何とか作れれば(買えれば)

あとは0.6~0.8mmの100均で売ってる針金10mで
モミの木を土台に置いて
針金でグルグル~グルグル~ってして行くだけなんです。

ホ・・・ント簡単に出来るんです。

 

もちろん、モミの木は無いけどコニファー系の木はある!

なんて方は、今の時期は選定に適した時期なので
透かし剪定で出たコニファーの枝を使って
リースを作ることだって可能です。

あと使える樹木は、オリーブやユーカリ。

ドライフラワーなんかも使えます。

もちろん樹木じゃなくて・・・

Img_472511

こんな羽のモールなんかを巻き付けても出来ちゃう。

 

とにかく、土台さえ買ったり・作ったり出来れば
後は好きな物をグルグル巻き付けて、飾りを付ければ良いだけ!

と言うのが、我が家のクリスマスリースなのです♪

 

土台は
我が家はアケビの蔓で作りましたけど
その他使えるのは・・・

アサガオ・サツマイモ・へちま・ゴーヤ・スイカ等々・・・

結構いろんなモノのつるが使えるんですって!

捨てちゃうものが多い野菜類の蔓も
2年位なら十分役に立ちますよ~♪

 

それが証拠に、今年はわかちこが学校でリースを作りました。

その土台は、夏休み中に育てていたアサガオ。

直系20cm位なら、朝顔だってちゃんとした土台に出来ます。

 

我が家の土台は6年前に作ったアケビの蔓。

多分、あと5年くらいは十分使えるであろう代物です。

元々の太さが太くなればなるほど
成形する時は手間なんですが
その分、何年も使える丈夫なリースになりますよ~♪

 

最近は、ツリーの飾りも多種多様になりました。

100均ではポインセチアの造花とかもあるんでね
そんなのを使っても可愛いと思うよ~♪

もちろん、生のお花だって使えちゃう。

 

Img_4819_2

ね?(笑)

 

と言う訳で、カレコレ25日も前に
色々あって気分転換が必要だったから
いきなり作ったクリスマスリースの話題でした。(笑)

 

さて、あと何やったっけな???

もうさ、40も過ぎると2週間前が遠い昔にしか思えません・・・。

 

そのクセ2年前の事は鮮明に思い出せるのにね~。

年取るって怖い。(笑)

 

材料はいっぱいあるし、リース作って誰かにあげようかな?
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

執事の家は群馬県榛名さんの麓の山奥地方。(笑)
家の周りは、花粉の時期になるとセツナクなる位の杉林ん中です。
数年に1回のペースで、何の異変なのか
杉の枯れ枝が大量に降って来る事がありますが
この杉の枯れ枝って、結構危ないんです。
何が危ないって・・・山林火災。
良く燃えるんですよ、枯れた杉の枝って・・・。
昔はね、火種を移すのに使った位だし
火力を増したい時に火の中に入れたりもした位なので
タバコをぽいちょ!したりすると、コレが良く燃えるのです。
もちろん、それを利用する方法も多々あるんですが
バーベキューの時に炭の下に入れたりすると
炭の火の入り方が良かったりするのであ~る♪
なので、我が家では枯れ枝だって便利グッズなのです(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月28日 (土)

聞かれたので答えます(笑)

ショー会場で使ってるテントみたいなのって
どこで売ってるんですか?

って聞かれたのでお答えします。

 

ショー会場で使っている物は
海外で販売されている商品です。

スタディープロダクトってメーカーが出している
ポップアップシェルターって商品なんです。

コレを買うには、ショー会場で販売しているお店で買うか
楽天にも数店舗、取り扱いをしているお店があります。

 

でも、自分で買う事も可能です。

執事は英語が全く出来ませんが
(書くのも読むのも喋るのも出来ない典型的な日本人ですw)

それでもちゃんと買えましたので
どぉ~しても欲しいなら、ネットから買えちゃいます。

ちなみに、注文から10日で届きましたよ♪

 

ただし、注意しなきゃいけないのは
サイズがインチ表記な所です。

もちろんちゃんと読めばセンチ表記も載ってるんですが
そこら辺は間違えない様にして下さいね。

 

ショー会場では、控えケージのスペースは
奥行き50cm×横幅100cmです。

なので、このサイトで『ショーシェルター』と言う商品は
基本、ショー会場では使えません。

が、時に使える時もあります。

まぁ、そこはテーブルのサイズとの兼ね合いなんですが
『カーゴペットシェルター』ってのはいつでも使える!
と思って下さい。

 

英語の出来ない執事が、何で必死になってまでして買ったのか・・・。

 

それはね、キャットショーに行く為じゃありません。

控えケージがどうしても欲しかったからじゃないんです。

それはね、それはね・・・

 

このペットテント  が欲しかったのぉーーー!!

 

なんでって、産室に使うのにすっごく便利だったから。( -`ω-)b

 

テントだから洗濯できる・消毒できるのがとっても良くて
尚且つ『使わない時はしまえる』って便利でしょ?

産室に高さは必要ないし
金属製のケージも検討したんだけど
なんだかね、寒々しくてなんかねぇ・・・嫌でね・・・。

おまけに、テントなので若干薄暗く
アーチ型の屋根がある時点で穴蔵ちっくなので
母さん達がすんごい落ち着いて出産・子育てしてくれるのです。

上からシーツや毛布を掛けると
屋根があるから保温もしてくれるらしい。

椛の出産の時に、エアコン使用中の室温と
ペットヒーター使用中のテント内の温度を測ったら
なんとっ!
4度もの温度差があったのだ!!

つーことは
産室の中の方が暖かいって母猫は理解してくれるし
毛布を掛けてうす暗くなるとすんごく落ち着いてくれるし
朝になったら毛布を外すと、子猫達も一斉に起きて

『ミルクくれ~!!』

って大騒動。(ー""ー)

まぁ、メリハリのある生活をさせられるので
なかなか良い物を見っけた♪のであります。

 

が、壊れんだよ。

形あるものは皆、壊れんだ・・・(っ-T)クスン

 

まぁ、子猫がヤンチャし始めれば登るんです。
それを見て
『あらやだ、ちょっと楽しそう・・・』
なんて思った母ちゃんまでもが登れば

骨の部分が折れんだよ・・・il||li _| ̄|○ il||l

 

おまけに、子猫達が生後3ヶ月位になって
『もう使わなくなったな~』と思ってたんだけど
執事がサボって片付けないで居たら
子猫が必死にガジガジ登ったらしく・・・

度重なる登頂により、メッシュの部分が裂けた。

(´д`;)(´д`;)(´д`;)(´д`;)

 

で、買い替え。

 

んでもね、良いのです。

良いお勉強になったしね
どう使えばいいのか分かったから・・・(笑)

 

もちろん、車移動の際とかのわんこに使う事も出来ます。

ハードケージってさ、結構嵩張るじゃんね・・・。

もちろん安全なんだけど、小型犬ならこっちの方が楽ちん。

おまけに、ホームセンターとかで売ってるタイプは
屋根の部分が押しただけでペチャンコになっちゃうけど
これはしっかりした骨組が入ってるので
そうそう簡単に屋根が潰れる様な事もありません。

もちろん『骨組みが折れちゃった!!』時用の
交換パーツも売ってますよ~♪

 

と言う訳で、ショー会場で使ってる折りたたみテントは
こんな物でございます。

 

ちなみに、似たような国内販売の商品もある。

んですがぁ・・・

 

生地がね、なんつーか、薄かったんだよねぇ・・・。

おまけに、防水ってホントにしてあるの!?
って感じの生地だったから

『えぇ~い!本物に勝る偽物は無い!!』

と思いつつ

『海外のサイトでネットショップ体験』

もしたかったので買ってみました(笑)

 

もちろん関税とか掛かるけど
お友達と一緒に買うってのもアリですよ♪

 

翻訳サイトは私のお友達♪(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

キャットショーに行くのに荷物が増えるのは不便ですが
折りたたみケージを買ってからと言う物
猫達の落ち着き感がハンパなくいいです。
もちろん、家で何度か広げて遊んだりしてるからなんだけど
見知らぬ場所に連れて行くからには
少しでも安心できる場所を作ってやりたいと思うのです。
最近のTICAの日本のショーではこのケージ(マイケージ)が増えました。
そうねぇ、見てる限り6割はマイケージなんじゃないかと・・・。
会場でお借りするケージも悪くないんだけど
『じぶんちの!』ってやっぱ安心するんだろうね。
我が家のお猫様達も、いつも通りに過ごせるスペース確保で
執事の心配事は1つ減りましたとさ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

頑張るのです。

今年は定期参加を『目標』ではなく『決意』した執事です。

なにに?て、キャットショーに。

 

もちろん毎週末!は無理なんです。

小学生の子供もいるし
夫(執事2号)は自営なので週末も仕事だったりするし
今は孫とも同居中だから
いろんな事の兼ね合いを見計らって

『この週はイケる!!』

って時だけなんですけどね。

 

12143063_1

で、『今年は頑張るぞぉー!!』って自分自身に誓ったので
ケージカバーなんかも久しぶりに作りました。

会場で使う控えケージも
勇気を出して海外から取り寄せちゃったりもしました。

シャンプーも久しぶりにガッツリ買っちゃったし
グルーミングのコツも何とか思い出せました。

そして何より、練馬インターから会場までの道を
首都高使わず下道で、ナビが無くても行ける様になりました。

もちろん首都高使ってもナビなしで行けます。

 

この年にしてなかなかの進歩をしております(笑)

 

11987099_1

とりあえず、白さん達がショーを楽しんでくれてるので
白いさん達の肉付きを見計らいながら
家族の予定と調和を取りながら
スポット参戦して行く予定ですが・・・

 

あのさ、中央区あたりのコインパーキングってボッタクリじゃね?(笑)

 

1時間800円ってなんだよ。

使い道のない土地に車停めるのにそんなに金掛んのかい?

じょ~だんじゃないよ~。

群馬じゃいいとこ1時間100円だよ!

デパートの駐車場は基本無料だよ!

同じ車停めるのに、何が違うんだい、何がぁー!!

 

と思う毎週土曜日。

 

ホント、都内って物価が高いわぁ・・・。

1日の駐車場代で、全員の缶詰2日分が買えちゃうじゃないのねぇ・・・。

 

控えケージの持ち込みで荷物は増えましたが
猫達は安心感が違うのか
そう怯えないと言う利点はありました。

もちろん運ぶのは人間様なんでね
その分、力仕事は増えましたけどね・・・。

ま、キャットショーはダイエット!
な~んて思いながら参加しております。

 

『いつか、うちから卒業した子達にも参加して貰いたいな~』
と思うキャットショーでもあるんですが・・・

誰か、出てみません?

もちろんシャンプーしないといけないんだけど
必要な物は全部ご用意出来ますので
興味あったらお声掛け下さいね。

全力でご協力させていただきます!!

 

さて、次回の参加はいつにしようか?

まずは執事2号のご予定拝聴からだな・・・。

 

今年は執事2号の仕事が暇でありますように・・・( ̄人 ̄)

と願う、自営業の悪妻だったりするのである。(笑)

 

今年は雪降らないと良いなぁ・・・
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくおねがいします!

先週末、本日のバナー写真の子に会いに行って来ました。
隊長・ガーガーと呼ばれていたガー君です。
大きくなっててね、聞いたら9㎏超えてるって。
重いし・デカイし・緩いし~な男の子に成長しておりました。
ガー君の家には、あおばの兄妹である朝陽が行ってます。
我が家から椛の子が2頭もいってるお家です。
ガー君はうちにいた時とそう変わらず
朝陽は相変わらずツンツン女子でした。
ま、どっちも可愛かったし、何で残さなかったのかは
またもやいつも通りに思い出せませんでしたけどね・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月21日 (土)

玉三郎、キャットショーに行く。

こんにちは、執事です。

私にキャットショーの世界を教えてくれた遣隋使(?)であり
ブリーダーになる原因ともなった玉三郎。

本名はBLACK STORM さんですが
玉さん・玉三郎・たぁ~まぁ~!!と呼ばれる玉三郎が
7年半ぶりにキャットショーに行きました。

 

だけどね~、写真撮るの忘れたんだよね~(ー""ー)

 

もうね、写真を撮ると言う心の余裕が私には無かったのです(笑)

 

現在、白いさんとキャットショーに定期参加している執事ですが
所属クラブのキャットショーの後、お誘いいただいたショーが

『8歳以上の子を募集中~!』ってショーでしてね・・・。

『おねがぁ~い!(>人<)』と頼まれて
我が家の8歳以上の子を触りまくり

『毛玉が無いのは誰だ~!!』と探しまくり
『おまえだぁーーー!!』とみっけたのが玉三郎だった。

 

と言うオチなんですが、まぁ・・・

 

『玉さんだけに、たまにはいっか!』

 

と言うババァの戯言を言いながら
シャンプーして連れて行ったという訳です。

 

ま、結果はどうであれ (ちなみにノーファイナルです)

執事にとっては大いに有意義なキャットショーだった!

のは間違いない。(σ ̄▽ ̄)σ

 

今年、動物取扱業の更新年度だった執事。

ブリードを始めて丸5年が経ちました。

まぁ、細かい事言うと1年くらい詐欺ってるんだけども
そこは『登録年月日で!』と思ってるんですが
節目の年だったのは事実です。

玉三郎を我が家に迎えて8年半。

8年半もの間、飽きもせず、呆れられつつ
キャットショーの事が頭の中にある日々を過ぎしているのも事実だし
この8年半でいろんな事を学ばせてくれた玉三郎です。

『こんなチャンスは無いぞ!』
って、引っ張り出したくなる心境だったのも事実。

で、引っ張り出された玉三郎な訳です。

 

いい迷惑です。(笑)

 

それでもね、不安要素はいっぱいある訳です。

そこはホレ
審査ケージの中で『ワン!』って吠えた玉三郎ですから
飼い主の私が心配しない訳が無い。

ただでさえ、8歳過ぎた我がまま息子ですもの
年齢的には頑固オヤジなお年頃ですから

吠えるどころか、噛みついたらどうすんの!?

と言う心配だってある訳です。

そんな話を執事2号としてたらね、親バカな返事をされました。

 

『玉が吠えたら“いいぞ、たまぁ~!”って応援しちゃう❤』

 

見掛けたら殴って良いですよ・・・(爆)

 

まぁなんだ、それだけ親バカに成長している執事2号なんです。

『猫と同居するなら俺は別居する』

って言ってたのは何だったんだ?
そもそも、あの時それが原因で夫婦喧嘩したのって何さ?

と思いつつも

『よくぞ、そこまでの親バカに育ちました!』

って褒めてあげたい。(笑)

 

で、玉三郎がキャットショーに行く!と決まったら『俺も行く!』と・・・

 

(゚д゚)ポカーン(゚д゚)ポカーン(゚д゚)ポカーン

 

玉三郎がキャットショーを卒業して以来
所属クラブのショーの設営で駆り出された事はあれど
猫を引き連れてのショーに同行するなんぞ

口が裂けても言わなかったのに!

君を突き動かすのは一体何なんだ!!!!

 

あ、玉三郎か。(笑)

 

ま、いいか。

 

親バカなんだから。(-_-;)

 

で、執事2号、そしてわかちこも同行させてのキャットショー。

それはそれは賑やかなショーとなりました。

 

ま、わかちこも1年生。

白いさん(ふぶき)や黒いさん(玉さん)猫の番号が上がれば
猫を連れて審査ケージに入れる事も出来る。

何だか知らないけど
黒いさんはわかちこの顔見て安堵しきってるし
白いさんはいつも通り抱きかかえられて喜んでるし
わかちこはキャットショーに行く母が何してるのか学習出来たし
執事2号は審査されてる玉三郎見てにやけてるし
執事は楽なはずなのに何かいつもより疲れてるし

ま、いろいろ勉強になりましたよーだ。(笑)

 

玉三郎も来年9歳です。

今後、キャットショーに行く事は無いでしょうが
本当に記念のショーになりました。

おまけに、おまけにね・・・

 

7年以上、まともにシャンプーしてない子でも
完璧に仕上げられる技も見出せたしね!!

 

はい、そこ重要です。(笑)

んでもさ、やっぱさ、当初の目標をいつか実現したいね~。

 

うちで生まれたブラックソリッドの子でショーに出る!

 

いつ叶うんだ、いつ・・・(-_-;)(-_-;)(-_-;)

 

はぁ・・・il||li _| ̄|○ il||l

 

がんばるもん!!o(≧д≦)o

 

と誓ったキャットショーでございました。(笑)

 

あ、ちなみにね、心配だった玉三郎ですが
完全にショー会場の雰囲気にビビってて
吠えるどころか震えておりました。

現役時代に吠えたのも、怖かったからなんだろうね~。

と言う事も、執事、学びましたよ~。

 

ちなみに白いさんはショー会場に行くとテンションあがります。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

キャットショーに連れて行ける子を選出するのは
実はそう簡単じゃありません。
どんなにタイプのいい子でも、どんなに期待している子でも
ショー会場で自分のままで居られる子はそう多くありません。
キャットショーは1回行けばいいって物じゃないだけに
性格も重要になる事は経験済みで知ってた執事。
だけど、どんな風に接していればショーが平気な性格に育つのか…。
そこはブリーダーの接し方で大きく変わって来るって事も
今回の白いさんと黒いさんを見ていて学びました。
『ショーキャットは作るもの』と言う名言を
過去に大先輩に頂いた事がある執事ですが
いやはや、それは間違ってない!と再確認した
本当にいろんな経験が出来たショーでしたとさ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月17日 (火)

色々ありました。

ブログを更新しないこの1ヶ月ちょっとの間に
なかなか、まぁ、いろんな事がありました。

 

まず、皆さんにご報告しなければいけないのは・・・

10月29日にあられが
11月1日に3年近い闘病の末に小夏が
虹の橋を渡りました。

あられが亡くなった後、その後を追いかける様に小夏が亡くなり
どの子も寂しがり屋の甘えん坊だったから

2人一緒だもんね、寂しくないよね・・・

そんな事を思いながら荼毘に付しました。

 

病気の事に付いて書き始めると
記事が相当長くなってしまうので今回は割愛しますが
あられも小夏も病気の末に亡くなった子です。

闘病生活の長さは違いこそあれ
2人とも、旅立つまでの間に私の心の準備をさせてくれました。

送り出す心の準備が出来た事は
最後まで、私の命が尽きるまで感謝しなければいけない事です。

 

もちろん寂しくなりました。

いつもいる子が居ないのは、やはり寂しい物です。

けれど、小夏もあられも、私の許に子を託してくれました。

今、私がショーに連れて行っている白いさん。

ふぶき・みぞれ・しぐれの3人は
小夏のひ孫であり、あられの子です。

金太と小夏から生まれた風ちゃん。

その風ちゃんと銀二の子が誉。

その誉とあられの子がふぶき・みぞれ・しぐれの3人です。

 

大切な宝物を私に託してくれた小夏とあられ。

この2人には本当に感謝しています。

 

また我が家では、去年のあおばに始まり
今年も多くの子猫に虹の橋を渡らせてしまいました。

もちろん生後1ヶ月未満の子猫であれば
ブリーダーであるからには、ある程度は覚悟していますが
流石に2ヶ月、3ヶ月を過ぎた子達を見送るのは
自分の家の中で何が起きているのか
きちんと見極めなければいけません。

その為に多くの時間を割き
罹り付けの動物病院やその提携先の大学病院まで巻き込んで
それはそれは大騒動をしました。

 

そのおかげでワクチンプログラムはかなり変更しました。

多種接種の出来る不活性化ワクチンを辞め
最低限の接種数である生ワクチンへの切り替え。

そして、ワクチンプログラムは回数と接種時期の変更。

我が家に残って父母になる子には違うメーカーの追加接種。

いろんな変更点・改善を見出せたのは
亡くなった子猫達のおかげです。

 

もちろん、現代のワクチンプログラムに
全ての信頼を寄せている訳ではありません。

そもそもワクチンと言うのは
『接種したから罹らない』と言う物ではなく
『罹っても症状を軽くする為の物』ですので
そこは多くの獣医師さんの意見を聞いて
その上での改良を加えて、我が家流にはなってるかも知れません。

 

また、多くの獣医師さんの意見を聞く機会に恵まれ
ワクチンプログラムの詳細・・・と言うか裏側・・・等も耳にしました。

こんなきっかけをくれたのも、亡くなった子達です。

この経験は、目から鱗・寝耳に水な話も多くありましたが
正直、ココでは書けません・・・。

ただし、考えてみればとても簡単な事でしたので
機会が出来ればいつかお話します。

 

ただ、幸いだった事は、どの子も我が家で亡くなった事です。

『もしこれが卒業生だったら・・・』

それを考えると、こう言った事が起きないようにしなければいけない。

けれど、原因が掴めなければ対策も出来ませんよね・・・。

 

天国へ送り出した子は多かったけれど
『この手で送り出せた事は、ブリーダーとして良かったんだ。』

そう思う事にし、同じ事を繰り返さないような対策を検討しました。

 

もし、オーナーさんのお宅に送り出してから亡くなったとなれば
どんなに悲しい思いをさせるのか・・・。

お迎えして日が浅ければ
天国から一気に地獄に付き落とされる気持ちでしょう。

私もその昔にそんな経験がありますので
あの経験は誰にもさせたくはない。

今、自分がブリーダーになったからには
卒業生には何が何でも天寿を全うして貰わなければいけません。

その為に、今の自分が出来る事は何なのか。

それを見出せた1年でもありました。

 

まぁ、まだ1ヶ月半くらい残ってますが・・・。

 

今年のブリードプランは、そんな事もあってかなりの大幅変更をしました。

交配回数を減少させて、どの子も健康診断のやり直し。

血液検査の検査項目もかなり増やし
いろんな抗体検査もしました。

ワクチンを接種したとしても、抗体が出来ているのか?
と言う疑問点がかなり浮上したからなんですが
これによっていろんな事が分かりました。

もちろん、私が勉強させて貰ったと言う意味ですが・・・。

 

おかげでお母さん・お父さんにならずに引退を決めた子も多くいます。

来年は成猫のお家募集がかなり増える予定です。

その点は皆さんにお願いしなければいけませんが
健康面では太鼓判!と言う状態ではあります。

どうぞよろしくお願いしますね・・・。

 

さ、年内にはもう子猫は生まれない我が家です。

寒くなって来たので、高齢の子の体調がいくらか不安ですが
その点については近い内にいろいろご報告しますね。

 

我が家の最高齢は現在、9歳8カ月の黒ちゃん。
来年3月には10歳になります。

玉三郎は来年2月で9歳です。

金太と春ちゃんでさえ来年7月で7歳ですもんね・・・。

どんどん初期の子が高齢になる我が家。

でも、高齢の子は何だかやたらと元気いっぱい。

若い子も負けるなぁー!!と言い聞かせながら
来年早々に天使が舞い降りて来てくれるように・・・と願いながら
お見合いを開始しておる次第です。

 

ワクチンにもいろいろあるんだって知れました。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

かなり端折った報告になってしまいましたが
詳細を書き始めたらかなり長くなってしまい
また話が前後してしまうので
説明がかなり難しい長文記事になりました。
後で読み直したら、自分でも良く分からない文章でした(笑)
他に楽しかった記事も書きたいんですが
何と言うか、気分が乗らないって言うか・・・。
自分自身の気持ちにはある程度整理が出来たんですが
まだ立ち直った訳ではないと言うか・・・。
悲し事と嬉しい事が入れ替わり立ち替わり訪れて来るので
幸いな事に『落ち込んでばかり・・・』って訳ではないんですが
やっぱりそこは立ち直るには時間が掛かるなぁ・・・
と言う感じ・・・って言えば分かり易いでしょうか・・・。
『ペットは見送るまでが飼育』と言う獣医師さんの言葉が
何度も頭の中を駆け巡っている今日この頃です・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »