2015 楓Baby's

2015年5月27日 (水)

楓の赤にゃんが生まれました!

我が家初の、お腹の中から一人っ子な子猫。

楓の赤にゃんが生まれました!

 

んもぉ~~~~~~~

今回はヤキモキ全開!il||li _| ̄|○ il||l

 

執事が考えていた予定日は20日。

交配初日から、前回の出産日だった65日を基に計算しました。

が、20日は全然生まれる気配なし。

 

翌21日。
全然生まれる気配なし。

 

満日予定日の22日。
流石に産室に入りたがる傾向は見られるけど
全く生まれる兆候はナシ。

 

翌23日。
『ねぇ、産まないの?』の問いに
『そんなん私にも分からない』位の返事をされて1日が終了。

 

翌24日。
この日は成猫の見学予定があり、朝から掃除三昧。
楓の様子を見つつ、それでもお腹は空くので
お昼ご飯を食べていたら、楓がやたらと騒がしい。

『どうしたぁ~?』と様子を見たらおしるし発見。

んなーーーーーーーー!いまですかぁーーーーーー!

あ、あ、あなた、あと1時間で見学になるんですけどぉーーー!

見学中には産まないでぇーーーー!!

お願いだからぁ~~~。゚(゚´Д`゚)゚。

とお願いしつつ、慌てて産室に移動させました。

 

見学の間は、娘2号さん@出産の為里帰り中だったので監視をお願いし、
執事は見学に来られた方の対応。

見学終わって一息つく間もなく楓さんの所に行ったけど
おしるし以降の出産の兆候はナシ。

娘2号さんと交代して、執事が今度は産室入りびたり。

 

でもね、執事は思ってたんです。

『(交配初日から計算すると)今日は69日。死産覚悟だなぁ・・・。』と・・・。

で、2日位前から、お腹の赤にゃんの所在確認が困難になってました。

1頭だから見つけ辛いってのもありぃの、
何とか見つけても触ってる最中に動く事が少ないぃの、
楓さんの様子からしてダメかも知れないぃので、

『月曜日になっても生まれないなら病院に行こう!』
と覚悟を決めておったのです。

『生きてるなら帝王切開、死んでても帝王切開』

その言葉が頭の中をぐるぐるぐるぐる・・・。

 

そんな中のおしるしだったんで、

『かえちゃん!とにもかくにもお腹から出そう!
 最悪子猫は諦めるから、かえちゃんだけは健康でいてくれ!!』

ですよ。

もうドラマみたいな展開。

でも、本気でそう思ってたんです。

 

が、24日の夕方になっても生まれない。
それどころか、陣痛すら来てない。

『おいぃ~~~。どうなってるんだよぉ~~~(´д`;)』

とヤキモキしてても、産まれない。

 

『おしるしがあってから生まれるまで3日位掛る人もいます』
と言う、自分の出産時の話を思い出しつつ(笑)

『破水したら出産は間近です』を信じ(笑)

『いつだぁ~~~いつだぁ~~~』と繰り返す事12時間。

日付変わって25日、12:05分出産。

 

執事家初、交配初日から70日目での出産でした。

 

長かったよぉ・・・orz

 

夕方になって、わかちこをお供に引き連れて、執事2号が仕事に行きました。

現場は自宅から15分位の場所。
『配線の手直し1ヶ所』と聞いていたので
『6時には帰って来るな~』と思ってたけど帰って来ない。

7時近くなって帰って来たわかち子が一言。

『今日はマグロパーティーだよ!』

 

『はい???』

と思ってたら、楓の出産が終わってると思って、
執事2号がお寿司を買って帰たのでありますが、

ま~だうまれてなぁ~~~い♪

 

『げ・・・、まだ産まれてないんか!寿司買って来ちゃったよ・・・(汗)

と言う執事2号の気持ちだけはしっかり汲み取り
産まれてないのに、お寿司で出産祝いパーティーしました(笑)

 

がしかし、問題は終わってない訳です。

まだ産まれてないんだもの(笑)

 

これで死産だったりしたら・・・
あぁ~~~変な事考えるの辞めよぉ・・・
今はとにかく、楓が健康なまま明日を迎えられるかだわ!

とまぁ、執事、こんなにヤキモキするの初めてな出産。

 

産まれて来たら、元気に泣くし、

 

いや・・・

 

かなり怒ってるし

触ろうもんなら、激オコするし

ひっくり返って怒ってるし

普通にしてても怒ってるし・・・

 

何だこの子猫。

激オコちゃんじゃんね。

ん~~~、これで一人っ子かぁ・・・

楓さん、大変だろうけど頑張ろうね・・・(^^;)

 

な結果でした。

 

産まれた子猫は女の子。

ブルー系なんですがトーティーなのかトービーなのか不明です。

何となく縞々は見えてるんだけど
シルバー系なのかも不鮮明です。

とにかく『激オコ・謎カラーな子』でございます(笑)

 

ただね、この子ね、我が家には居ないタイプの子かも知れません。

顔付きが『誰???』なのです。

楓に似てるのか、桃太に似てるのかも謎。

 

1つだけいえるのは、対面に居るいろはの子。

いろはと楓は『おばちゃんと姪っ子』の関係ですが
このいろはの子とは全然タイプが違うって事。

いろはの子のレッド君は『桃太2号だからスモモ君』
って言いたくなる位に桃太郎にそっくりなのです。

だから余計に全然タイプが違うのです。

 

だから謎なのです。(笑)

 

それでもね、元気に育ってくれてるから安心。

まだまだ不安定な時期だけど、きっと大丈夫。

そう信じています。

 

リフォームの終わった元和室、今は育児室は、
とにもかくにも、子猫育てには最適です。

床材も滑らないし、汚されても掃除が楽ちん♪

床下の断熱もガッツリ入れたから、
暑くても床は冷たい、寒くても床は冷えない。

母猫達も快適に過ごしているらしく
息抜きにリビングに来ても、息抜き終わったら率先して帰ります。

『工事して良かった・・・』本当にそう思えるから・・・

『今年は2階の女子部屋もフォームするぞ!!』
と言う、執事2号にはまだ言っていない計画を練っておる次第です(笑)

 

さ、本日も子猫達のお世話に、母猫達のお世話も終わりました。

真っ白い子達はそろそろ予防接種。

そうしたらリビングにお引っ越しです。

 

また騒動が起きそうだなぁ・・・と思いつつ
今年後半の交配プランもそろそろ計画しないといけません。

 

今年だけは出産する子が多数います。

桃太郎が活躍する年&トービー・トーティーの子が出産するので
レッドの男の子はいっぱい生まれるかもしれない。

もしご興味がありましたら、お問い合わせくださいね。

 

まぁ、子猫のカラーなんて神のみぞ知る世界なんですけどね・・・(笑)

 

HPも真面目に更新してます(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

今回の出産、全てが元祖ヘソ天王子・銀二のお里の血統です。
あられ・かえでは当然のことながら
いろはは椛の子なので、全部が新しい血統です。
ただ、あられの子は我が家の初期血統が全部入った誉の子で
いろはは金太にとって最後の子。
唯一、金太・春ちゃん・小夏・銀二の初期血統が入っていないのは楓だけ。
とにもかくにも、予測不可能な事態になっているのは事実です。
仔猫のお家募集をする・しないについては
生後2ヶ月過ぎになるのも必至です。
お家募集する時期が遅くなるのは『お残りさん』になる可能性高いけど
そこはどうしても譲っちゃいけないブリーダーの悲しい性・・・。
『未来予想図が写真で見れればいいんになぁ・・・』
と、本気で思う今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)