お猫様の誕生日。

2014年2月 3日 (月)

玉三郎・7歳になった記念。

昨日お伝えした通り、本日は玉三郎スペシャルです。(笑)

 

執事にとって『玉三郎が人生の起点』だとすれば、
玉三郎が生まれて来た事にはかなり重大な意味がある。

とは言え、当初の私は
『あんちゃんの生まれ変わりを探すんだぁー!!』
と思って黒猫を探していた訳です。

 

中学時代の親友に
『猫飼わない?黒猫拾ったんだけどうちにはもう猫いるし、飼えないんだよね・・・』
で始まった私の黒猫人生。

その子には『ポチ』って名前を付けたのに、
修学旅行から帰って来たら『あんちゃん』に名前が変わってて
おまけに『あんちゃん』って呼ぶと返事までする様になった黒猫が、
執事が2児の母になり、シングルになった直後に13歳で虹の橋を渡り、
それ以来『完全ペットロス』になって猫は飼わなくなり、
ナンダカンダ~いろいろあって気付いたら再婚して、
不育症で流産繰り返して『子供が出来ないなら猫を迎えよう!』
なんていきなり思ってネットでいろんな猫種を検索し、
『そうだ!昔からあこがれてたメインクーンって猫はどうだろう!』
なんて思い立って調べてみたら
『メインクーンにも黒猫がいるの!?』って事を初めて知って
『だったらあんちゃんに似た子がいいなぁ・・・』なんて思ったら
『あり?そう言えばあんちゃんはピーク時は7kgもあったけど
 もしかしてメインクーンの血とか入ってたの?』
なんて事もちょっと思いつつ『メインクーン ブラック』で検索したら
真っ先にヒットしたのが玉さんだった・・・

と言う経緯です。(笑)

まぁ、執事2号にも子供にも相談せず、
こっそりブリーダーさんに問い合わせしたのは、
今になってしまえば言える事なんですが・・・( ̄▽ ̄)

 

で、玉さんは当初、他のお家に行く予定だったのはご存じのとおり。

PCの画面に映る黒いメインクーンの写真に向かって
『お前はあんちゃんの生まれ変わりではないのかい?』
『もし本当に生まれ変わってる子だったら、うちに来る事になるはず!』
と、完全にイッちゃってる感満載で念を送ってたら(笑)
アレヨアレヨとうちに来る事になったのも皆さんは知ってらっしゃるかと・・・。

 

で、その玉三郎さんですが、とにかく人臭い。

子猫なのに子猫らしくない顔付きで、
『可愛い』と言うよりは『カッコいい』だったし、
中には『ちょっと怖い・・・』って言う位の人もいた位なのです。

Tamachan_1_2

でも、この写真にズキューンheart01ときちゃった執事はメロメロ・・・(笑)

おまけに、玉さん見学の際に『キャットショーとかにも行ってみたい!』
なんて話をしていた執事なので、お迎えした日から当然の様に
『お前は檜舞台に立って故郷に錦を飾るのだぁ~!』
って思ってた完全親バカになり下がりました。(笑)

 

玉さんを迎える為に作った大型ケージ。

『俺は猫と同居する位なら別の家を借りる』とまで言われて、
とりあえず事務所生活で慣れて貰って、情が沸いたらイヒヒヒ・・・
と思って作ったケージも、今では物置になっております。

『ショーって言う位だから、太ってるよりは筋骨隆々の方がいいはず!』
と思って、毎日2時間は玉さんを運動させる時間まで作ったっけ・・・(^^;)

自動で、尚且つ大好きなネズミさんが無くならずに遊べる方法を考えてたら、
執事2号が天井に針金くっつけて、
大好きなおもちゃのネズミさんをぶっ刺してぶら下げて
『玉さん養成ギプス!』って名付けてたのも懐かしい・・・(笑)

 

そう言えば、毎日仕事してる最中に邪魔されてたなぁ・・・。

Img_0140_2

でも毎日24時間一緒にいたせいなのか
『家族』って認めて貰えたのは早かったなぁ・・・。

 

ちょっと銀行へ・・・とか、ちょっとお出掛け・・・って時は、
『一緒に行く?』なんて言いながら車に乗せて、
助手席から外を眺めて尻尾クネクネさせてたのも懐かしい・・・。

それでも『お母さんと一緒じゃなかったらお外は出ちゃダメ!』
って言ってて、コッソリ出ようとすると
『どこ行くの?』って声掛けて、そうすると
『ん?どこも行かないけど~?』って顔をするのが楽しかった事務所時代。

 

Img_1591_2

玉さんを迎えて半年後に始まった自宅の新築工事。

毎日窓越しに現場監督してたっけね・・・(笑)

Img_2208_1

 

Img_2542_1_1_2

引っ越しの最中もいい子にしてて、
運んでくる荷物のチェックに勤しんでた頃・・・(笑)

ちなみにこの頃の執事は『ブリーダーにならない』と宣言してた頃でもある。(爆)

 

その後、今の家に住み始め、アレヨアレヨとわかちこをご懐妊。

それにも拘らず『ブリーダーになる宣言』しちゃった執事。

そして、ご長男様として可愛がられてる玉三郎は
いつの間にか自ら『校長先生』を始め、
教頭先生の小次郎と一緒に、お猫様統治生活が始まります。(笑)

 

でも、ホントに玉さんがいてくれるおかげで助かる事が多いのです。

初めて我が家に来る子もいる中で、
どんな子にも怒らず、怒られると『何で?』って顔してる玉さん。

新人さんの側にずっといてくれて、1番先に信頼関係を築くのも玉さんだし、
子猫達や新人さんが泣きつく先は、いつも玉さん。

遊び方も教えてくれれば、ご飯やトイレの場所も教えてくれる玉さんなので、
新人さんや子猫達が自由になり始めると
『校長先生、お願いね!』って、かなり頼りにしてます。

子猫がいる時の自宅内からの警ら活動は玉さんが先導者だし、
見知らぬ猫が来れば真っ先に教えてくれるのも玉さん。

誰かの体調が悪い時も、教えてくれるのは玉さん。

本当に、我が家のお猫様の校長先生なのです。(^ω^)

 

子猫達を尻尾で遊ばせてくれたり、
後ろから突っついて『やってないよ~』って顔したり、
初めてのリビングデビューで迷子になってる子を連れて来てくれたり・・・

Img_0778_1_1_3

まぁ、そこは猫ですから
『校長先生、それは子猫には無理です!!』
って事もありますけどね・・・(笑)

 

年々増えて行く我が家のお猫様一家ですが、
それでもやっぱり『玉三郎は別格扱い』です。

我が家に居残りさせる子を選択する際には、
真っ先に『玉三郎と比べてみる』のが執事のお約束でもあるし、
大好きな子だからこそ、メインクーンとしての欠点も知っています。

どの子も『玉と比べるとここがいい!』とか
『ここが足らないかなぁ・・・』とかって、完全なる執事のモノサシでもある玉さん。

でも、玉さんほど『人臭い性格の子』はまだいません。

 

Dvc002211_1

時にはこんな顔して執事のご飯を強奪してますが、
今まで病気1つせず健康に過ごしている玉さん。

怪我らしい怪我もなく、毛玉すら自ら取り除くすべを知ってるせいか、
いっつも真っ黒&ツヤッツヤの玉さんです。

 

そんな玉さんももう7歳。

シニア世代と言われる年になりました。

どんな事してもあと5年。
いや、出来る事ならあと10年は一緒にいたい。

いやいや、あと20年でも構いません。

このまま元気で、ずっとずっと一緒にいられたらいいな・・・。

 

さ、7歳になったからには、記念でもある健康診断に行こうね~(笑)
そして7歳になった記念に、キャットショーでも行ってみようか!!

なんて、声を掛けたら・・・

 

逃げた。(爆)

 

7歳にもなると、人の会話がほとんど分かる様になる。

『キャットショー』って単語が出ると、耳がイカ耳になる玉三郎。

男の子としてはそんなに大きくない、現在6kgの玉さん。

でも、その存在感はゾウよりもデカイ・・・と思ってるバカ親の執事でした。

 

猫又になった子は居なくなるってホント?(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちってくれてもいいのよぉ~♪w

玉三郎はキャットショーが嫌いです。
人に褒められるのは大好きだし嬉しいけど、
知らない人が自分を見てるのが苦手なのです。
もちろん、ショー会場でシャー!!だのフゥー!!だの言うと
ショーが終わってなくてもお家に帰れる事も知っています。
それが証拠に、ショー会場の往復の道中は超ご機嫌。
会場に着いて審査ケージに入った途端、シャー!!が始まるのです。
『こいつ、分かってやってる・・・』と思って途中で辞めたショーへの参加。
その後、誰かが洗われてる=どこかに連れて行かれる事を学習。
卒業なのか、ショーなのかもキッチリ見極めています。
卒業の日ならば、キャリーに入って遊んだりもしますが、
ショーの日は見送りにも来なければ、姿さえ見えなくなります。
その代り、帰ってくると拗ねてる・・・。
『そんなに怒るなら玉も行こうよ!』って言うと、イカ耳になって逃げて行く・・・。
そんな玉と子分の小次郎は、間違いなく猫語を教えてくれた張本人です(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

玉三郎もシニア世代。

1日遅れになってしまいましたが、昨日の2月1日は玉三郎の誕生日。

まだまだ若い!と思ってたけど、玉三郎も7歳になりました。∑(=゚ω゚=;)

 

『もう7歳か・・・はえぇ~なぁ・・・』

そんな事を思いながら執事2号に玉さん7歳のお知らせをしたら

 

『尻尾の先、割れた?』

 

だって。(爆)

そんなにも猫又になって欲しいかねぇ?(≧m≦)

 

残念ながら玉さんを迎えた直後の写真が、
PCの故障でデーターがぶっ飛んでしまい、
唯一自宅のPCに移動させていた
お迎え2ヶ月後からの写真しかありません。

お迎え直後の可愛い子猫らしい写真は無くなっちゃったけど、
その後の写真は全部ある。

そんな訳ですので、ちょっと記憶を辿って、
玉三郎の成長記録を明日もお届けしようと思います。(o^-^o)

 

私がメインクーンと言う猫が大好きになったキッカケも、
キャットショーに行く事になったキッカケも、
ブリーダーになるキッカケも玉三郎が原因。

執事の人生を思いっきり変えてくれたのも玉三郎。

彼の存在は『愛猫だから』と言うだけではなく、
『人生の起点』にもなりうる存在です。

そんな玉三郎の成長日記、
明日にでもじっくり時間を掛けて書いてみようと思います。

 

まずはとりあえず・・・

 

Img0001_1

お誕生日おめでとう。

うちの子になってくれて、ありがとね♪

 

って事は、コジも7歳、クロちゃんは8歳になるのか!?
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援お願いします。

可愛い子猫・・・ではなかった玉三郎。
いや、可愛いけど『カッコいい』が正しい表現だった子猫でした。
とにかく『カッコいいけど可愛い玉さん』だったのが、
いつの間にやらもう7歳。
人の子なら小学1年生が終わる頃です。
私の人生、激変してますな・・・(笑)
にしても、もう7歳。
そろそろ体調を気遣ってあげるべきお年頃なんですが、
何と言うか、太る事もなく相変わらずの筋肉質玉三郎。
7歳の年齢は微塵も感じられないのです・・・。
ねぇ、その若さの秘訣を執事に教えて下さいませんか?
そろそろ、しゃ・・・・・・喋れるでしょ?(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

コジ君、5歳になる。

我が家に来た時からず~っと変わらない小次郎。

昨日で満5歳になりました。

 

『こ、コジが5歳・・・Σ( ̄ロ ̄lll)』ってどうしても思ってしまう執事です。

 

Img_16831_2

玉さんも若いが、コジも小さかったよねぇ・・・(*´ェ`*)

 

コジ君は、メインクーンらしからぬ機敏さを持つお猫様ですが、
彼の趣味は『入浴後の人間のグルーミング』です。

お風呂から出て来ると、前足で人を『ちょっと!こっちに来たんさい!』
とばかりに招き寄せ、抱っこを要求。

抱っこの仕方にも『お約束』があって、抱き方と高さが合わないと
『ちょっと!そうじゃないでしょう!!』とばかりに怒られます。

で、抱っこの体制が万事揃うと、前足で首に抱き付き
『あ~こんなに濡れてるじゃないの!』とばかりにグルーミング開始。

 

これが毎日続きます。

 

いや違う。

 

洗面所に行く度に確認されております・・・はい。

 

で、頭のグルーミングはいい加減です。(笑)

彼の最大の目的は『耳たぶ』なのです。

 

抱っこの体制のまま、耳たぶをチュパチュパしながら前足はフミフミ。
その際は、『ウナァ~ン♪ナァ~ン♪』と鳴きながらチュパチュパ・・・。

執事、全身の毛を逆立てながら『(ノ∀`)・゚・。 ヤメテケレ~』とか
『あ゛~!!!!』って言いながら耐えております。

 

Img_24181

この頃から、いっつも玉さんと一緒だったなぁ・・・

 

『させなきゃいい』とお思いでしょうが、『させない』と後が怖い。

何時間でもストーカーされるのです。

それはもう『させてくれないの!?』って言われてる気分です。(笑)

 

ほんの数分我慢すればいいだけだし、それがコジの満足に繋がって、
尚且つ、彼が幸せなら、それでいいではないか・・・。

そう思うと、拒否する訳にもいかず、それもまた可哀想な気になり、
毎日の様に、いや、洗面所に行く度に我慢するしかない執事です。

 

でも、娘2号が実家に居候するまでは、犠牲者は娘2号だったんだけどね。(笑)

どうもコジ君の中では『娘2号が1番、その次が執事』らしいです。

ちゃんと順位づけされちゃっております。

 

Bluemale_edited_1

この写真に心奪われちまったのさ・・・(笑)

 

で、そのコジ君、ものす・・・・・・・・・・・・・・・んごいヤキモチ妬き。

唯一ヤキモチを妬かないのは玉さんだけ。

5歳になった今も金太は子分だし、玉さんはお兄ちゃん。

他の子はみんな『俺のライバル』だし、子猫は最大のライバルだし・・・。

 

子猫の背後から近付いて、前足でペソン!っと叩く
『ピンポンダッシュ』して逃げて行くコジ。

その顔は確実に『えへへ、やってやったぜ!』って満足そうです。(笑)

 

コジ君ももう5歳。

メインクーンの男の子としては小さき男ですが、その存在感は、玉さん以上。

とにかくよく喋り、とにかくヤキモチ妬きで、とにかく甘えん坊のコジ。

8ヶ月になったまっくっく~よりも小さき男ですが、
子猫達のおんぶの技は、間違いなくコジからの伝授。

『コジの良い所を全員が引き継いでくれればいいなぁ~』
と思っている執事でした。

 

あ、執事が『ブリーダーになりたい!』と思ったキッカケはコジ君です。

玉さんとショーに出向いていた時は、そんな事思わなかったんです。

でも、コジ君とショーに行く様になって、その回数はほんの数回だったけど
『こんな性格の子だったら、ショーを一緒に楽しめるんだろうなぁ・・・』
とちょぴっと思ったら、ブリーダーになる事を目指す様になりましたとさ。

 

えぇ、コジ君と一緒にいるまっくっく~は、すっかりコジ状態です。

審査ケージで喋りまくり、審査台の上ではおもちゃに夢中。

コジ君直伝の『あはははは~』加減は、最近極みを見せております。(笑)

 

Img_1

執事が大好きなコジのプロフォトで~す♪

 

コジにはホント、感謝しないといけない事が多いです。

シャンプー大っ嫌いで、ドライヤーは『宿命の天敵』だから、
毎年この時期になると、執事がハサミを持って追い掛け回す日々だけど、
それでもコジは執事にとって『特別なお猫様』に変わりありません。

どんなに落ち込んでいても、いつも通りに頭突きの挨拶をしてくれるコジ。

執事が泣き言を言いだすと、必ず側に来て喋りかけてくれるコジ。

若干しつこくて『う、うっさいコジ・・・』って思っちゃう時もあるけど(笑)
彼には本当に慰められる事が多いです。

 

コジももう5歳か・・・。

1年でも10年でも長生きして貰って、ちゃんと猫又になってね・・・(笑)

 

コジ君、お誕生日おめでとう。そしてありがとう。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

皆さんは『猫は化けて出る』って言われたらどう思いますか?
執事は『えぇ~嬉しいかもぉ~』って思っちゃう人です。(笑)
昔、『13年生きた猫は化けて出る』って聞いて、本気で信じていました。
だって、化けて出て来るって事は、話が出来る可能性があるんでしょ?
ちょっと、話してみたいと思いませんか?
今の執事は、コジと話がしてみたいと思っています。
やたらと話し掛けて来る事が多いコジ君なので、
化けて出て来る時には、間違いなく会話出来るはず!と思ってます。
『猫は感情がない』って言う人もいるけど、コジを見たらそんな勘違いもぶっ飛びます。
犬よりも感情表現するお猫様のコジ君。
我が家の次男坊様は、今日も元気に網戸を開けて脱走しようと企み中~。
残念だな~コジ。今年の防御策は万全なんだなぁ~♪
皆様も、網戸を開けての脱走にお気を付け下さいね!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

1歳の誕生日。

今日は我が家の月ちゃんの誕生日ぃ~♪ヽ(´▽`)/

月ちゃんは今日で1歳になります。

 

月のお父さんは、執事のブリーダー同期でもあるコヤギちゃんちの海くん。
ブルータビーのカッコイイけどエロ爺な父ちゃんです。(笑)

お母さんは、小夏のお里にオーストラリアから来たママです。

 

執事は、月が生後1ヶ月の日に初めてご対面をしました。

『う・・・、こ、この子・・・連れて帰りたい・・・』と言う衝動に駆られましたが、
執事2号からは『予約して来ちゃダメ!』が発令されておりまして、
『可愛いぃ・・・』を連発するだけで我慢しておりました。

 

がっっっ!!!!

生後2ヵ月半の時に再度見学に行きまして、
まんまと、無事に連れて帰りました。(笑)

 

Img_8374_1_2

いろんな名前を悩みに悩み、海くんの子と言う事で
『LUNARMARE~月の海~』と言う名前に致しました。

 

月ちゃんは、我が家の金太のお嫁さんとして迎えました。

でも、生後9ヶ月目前にして子宮蓄膿症になり、1月に緊急手術。

数ヵ月前に生まれていたお春&風ちゃんBaby's達の
お節介&チビ母ちゃんとしてお世話に勤しんでいた月。

『きっと子煩悩なチャキチャキ母ちゃんになるんだろうな~』
と言う執事の思いとは裏腹な結果になってしまいました。

 

でも、子宮蓄膿症の術後の経過があまり良くなく、
正直言うと『このまま死んじゃうのかな・・・』と言う不安が一杯でした。

おまけに、月の寝相は『行き倒れ』もしくは『野垂れ死に』の姿なので、
体調の悪い時には『月が死んだ!』と思わせる寝姿なのです。(@Д@;

ついでに言うと、少々の物音では起きな・・・
と言うか、空き缶を床に落とした位の音では起きません!
お腹を触ろうが髭を引っ張ろうが、寝るとなったら絶対に起きないのです。

なので、心配になって『月・・・?』と揺すっても、
ピクリともしないで、クタァ~ン・・・。

『月っ!!』と抱き上げて初めて『んあ~?』と目覚めるやつなのです・・・orz

なもんだから、調子の悪い時は日に何度も、
確実に起きる『耳に指をズボ!』を繰り返していた執事です。(笑)

でもまぁ、手術から10日くらいでやっと食欲も戻り、
お腹の傷をパッカーン!と見せてのヘソ天も始まり、
やっと安心できたのでした。

 

で、術後の月ちゃん、食欲だけは人一倍。

カリカリ大好き&缶詰も大好きな月なので、
術後に一気に体重が増加・・・(@Д@;

本日の体重測定、5.5kgとなっておりました。

とは言え、月ちゃんは体は小さめなのです・・・。

 

はい。見事にぽよよおぉ~ん♪

 

ちょっと短い前足の持ち主である月ちゃんなので、
ジーっと見てるとウサギに見えるんだよね・・・(笑)

でもまぁ、元気ならいいのです。

少々太っていようが、元気であれば!!

 

とは言え・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Img_0109_1

その寝姿はどうかと思うよ・・・(ノ∀`) アチャー

 

 

Img_0110_1_2

気付いたなら隠しなさい!(笑)

 

月ちゃんは今後、新しいお家を探そうと思っています。

我が家にいる事も可能なんですが、
男の子のいる環境や子猫のいる環境は、月にはちょっと酷かな・・・と言う事と、
どうしても、子猫を育てる様な仕草をしたり、
子猫の頃から面倒を見ていたのぞみに過剰反応してしまいます。

甘ったれでお節介な月の性格が影響しているだけかも知れないけど、
『我が家の環境がストレスにならないかなぁ・・・』
と言う懸念があるので、ここは彼女の事を考えて、
新しいお家の募集をしようと思っています。

 

まだ1歳になったばかりの月です。
悠悠自適で、可愛がって貰えるだけの環境の方が、
友達がいっぱいいるのも悪くはないけど、やっぱり幸せだよね~。

我が家では、甘ったれの本能が発揮出来ないだろうし・・・。

ニュッニュッ!と言う可愛い声で鳴く月ちゃんは、
『お前の声は鈴みたいだね~』って褒めると、
目を細めて嬉しそうにスリスリしてくれる子です。

時々、可愛い声で話し掛けてくれたりもします。

ま、まぁ、時々『月、うるさい!』って怒られる時もありますけどね~(笑)

 

あの体調不良の状況を掻い潜ってくれただけでも嬉しいし、
良くぞ生きててくれた!って、本当に思います。

月の赤ちゃんを見れる事は、残念ながら無くなったけど、
月にはたくさんの事を学ばせて貰っている執事です。

まずは月が1歳になれた事を素直に喜びたいと思います!

 

と言う事で、まずはシャンプーですかね?

 

え?祝ってない???

 

月の尻尾はフワフワロング~♪
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

執事は子宮蓄膿症の症状を見るのが3度目でした。
とは言え、前例の2回は犬でしたけどね・・・。
初めての時は、交配後の発症で、妊娠していると思っていたお腹の大きさが、
実は化膿した子宮のせいだった!と言う経験をしました。
その子は発見が遅れて、手術は成功したものの腹膜炎を起こして亡くなりました。
2回目は、出産を4度経験した犬で、5度目の出産後に悪露が止まらず、
産後2週間目に緊急手術になりました。
その子は無事に助かり、天寿を全うしてくれました。
で、3度目が月でした。
お正月前から強いヒートが頻繁に来ていて、かなり注意をしていました。
あまりにも強いヒートが頻発する事を懸念して、
『まだ8ヵ月なのに・・・』と言う心配をしつつも、お正月に金太と交配してみました。
でも、交配は失敗に終わり、その3週間後には子宮蓄膿症で手術。
月齢の低い内からヒートを連発するとなり易い・・・と言う噂は、
月の場合は、冗談でも噂でもなく、本当になってしまいました。
月と金太の子にはかなりの期待をしていたので残念だけど、
命が助かっただけでも、本当にありがたい事です。
月の場合は、子宮内の膿が外に出て来るタイプでしたが、
これが滞留するタイプだったら、もしかしたら見逃していたかも・・・
と思うと、本当に背筋がゾ・・・ッとする経験でした。
でも、今では元気で可愛い月に戻りました。
いつかは我が家を卒業する日を迎えさせる予定ですが、
もうちょっとだけ、お転婆娘の月との生活を楽しもうと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年4月14日 (土)

お誕生日おめでとう!

2010年に生まれた、我が家初の子猫軍団達。

皆さんは覚えていますか?

執事に初めて、子猫育ての試練を与えてくれつつ、
とても楽しい毎日を教えてくれた小夏の初リター。

自衛隊と空っ風にちなんで、陸・海・空・風と名付けた子猫達です。

 

 

Img_52111_1

ブラウンとシルバーの両親から生まれたのは、
レッドソリッドとレッドシルバーとブラウントービー。

王道カラーが初っ端からおらず、毛色特定に毎日悩まされた執事でした。

 

Img_57231

我が家にはこの兄妹達の紅一点だった風ちゃんが居残りました。

その子は既に母になり、ほまれとのぞみを執事に託してくれました。

 

Img_56971

1番大きくて、人懐っこかった空は、名前を真魚君に改め、
この兄妹の中では1番手で卒業を迎えました。

石川県まで爆走して送り届けたのが記憶に新しい・・・。

真魚君の勇姿は、オーナーさんが掲載してくれる
Facebookの写真で垣間見ています。

いい子に育ってて、残せばよかったぁ~!!と言う後悔ちぅ~(笑)

 

Img_56621

レッドソリッド疑惑の中、そんな事は気にも留めずに
スクスク成長して、尚且つ天然系だった陸。

Img_57331

誰よりも賢くて、大人っぽい仕草が多かった海。

成長途中に垣間見る大人っぽい仕草や、
その飛び抜けた賢さは、玉三郎おじちゃんにソックリでした。

この2頭は、栃木のオーナーさんのお宅に一緒にお引越ししました。
今でも仲良く一緒に遊んでいるのかなぁ~♪

時折オーナーさんから来る元気だよメールが、執事の楽しみでもあります。

 

執事にたくさんの事を教え、経験させてくれたキャッテリー初リター軍団。

チビ豆旋風が毎日吹き荒れ、脱走防止策をアレヤコレヤと試行錯誤し、
その度に執事の方が敗戦していたあの日が思い出されます。(笑)

 

Img_60101_1

やんちゃ・いたずら・わがまま盛りのわかちことも、
よく遊んでくれた子猫達でした。

Img_5966_1

こんな感じで毎日一緒に家中を駆け回っており・・・

Img_6022_1

見る物・触る物、全てが人と一緒だった子猫達でした。

母は子猫にミルク、我が子にミルクの毎日でしたけどね~(笑)

 

本当に元気いっぱいでスクスク育っていた2010年小夏Baby's。

彼らも本日で2歳となりました。

もう2歳、まだ2歳。

卒業したのが男の子ばかりだったから、
お迎えしたオーナーさんはヤンチャぶりに手を妬いてなかったかな・・・。

みんな元気に家中を駆け回ってるんだろうなぁ~。

 

この子達が卒業して、家の中が寂しくなった日の事を思い出します。

帰宅すると真っ先に駆けて来て出迎えてくれるチビ豆軍団がいなくて、
『あぁ、卒業したんだっけ・・・』と再確認する毎日が続きました。

『うぅ~ブリーダー辞めようかなぁ・・・』って本気で思った程、
心の中にポッカリ穴が開いた様な感じでしたっけ・・・。

でも、みんなが新しいお家で旋風を起こしてる様子を聞くと、
『あぁ・・・、ブリーダー冥利に尽きるなぁ・・・』なんて思ったり、
ブリーダーになって良かった!って事にも気付きました。

 

本当にたくさんの事を教えてくれた2010小夏Baby's。

 

Img_58641_2


2歳のお誕生日、本当におめでとう!!

これからも元気で、パパママの元で旋風を巻き起こしてね~♪

 

そうか、あの日からもう2年なんだ・・・早っ!!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

執事の実家は、常日頃から動物のいる家庭でした。
執事がわかちこと同じ年位の時は、犬が大量にいて
セントバーナードにジャーマンシェパード、チャウチャウに柴犬に雑種がいて、
尚且つチャボもいたし、野良猫も住みついて、熱帯魚もいた。
ムツゴロウ王国状態の中で、犬や猫の出産も経験していました。
チャボの卵を人工ふ化してみたり、誕生日には文鳥を買って貰って、
5歳の誕生日に『プレゼントは何が良い?』って聞かれて答えたのが
『馬が良い!アラブで良いから葦毛の馬!』と答えた位の動物好きです・・・(笑)
そんな執事がブリーダーを目指したのは当然と言えば当然な訳で・・・。
それでも、動物を飼うのは人の子供を育てるのと同じ。
『一生5歳児のままなんだから・・・』と思い、何をしても『だぁ・・・orz』と諦める毎日です。
現在、風ちゃんのマイブームは壁のクロス剥ぎ。
丁寧に隅っこから剥いて、口で引っ張ってビリビリビリ~~~。
えっと・・・、剥いだクロスは巣作りにでもするのかね?ん???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

玉しゃん、5歳になる。

最近、玉さんとの愛の語らいが出来る時間がとても少なく、
完璧にスネスネモード発令中の玉三郎さんですが、
昨日、めでたく5歳の誕生日を迎える事が出来ました。ヽ(´▽`)/

でも、これを素直に喜べない執事がおります。

年を重ねる事は良い事です。
多くの時間を共に出来た事も喜ばしい事なのですが、
5歳と言うと、人生の半分程度は過ごしている訳です。

メインクーンは大型の猫種。
犬の大型種と同じ様に、彼らの一生は他の猫種よりも遥かに短い。

それを考えると、一緒にいられる時間が少なくなった様な気がして、
誕生日を素直に喜べない執事がおります。

 

でも、玉三郎との生活が5年も続いた。

これだけは喜ばしい事です。

 

そして、玉三郎が産まれていなかったら、
執事はメインクーンを飼う事もなかっただろうし、
ショー会場へ足を運ぶこともなかったし、
ブリーダーにだってならなかった事でしょう。

多くのメインクーンに囲まれて過ごす事だってなかったと思うと、
『私をこの世界へ引導したお猫様なんだよなぁ・・・』
と言う目で玉三郎を見てしまいます。

 

昨日は、わかちこに『今日は玉さんの誕生日なんだよ』とお伝えしたら、
玉三郎をガッチリ捕獲して、嫌がる玉三郎を抑え込み

『たましゃん、おたんじょうびなの!いいこねぇ~♪』

と、嬉しいのか迷惑なのか分からない、
愛情だけはたっぷりの頬ずりをわかちこにして貰っておりました。(笑)

おまけに、家中を追い掛け回され、
覚えたての誕生日の歌を歌って貰っておりました。

その時の迷惑そうな顔ったら・・・( ´艸`)プププ

『良くぞ我慢した。褒めて遣わす!』
と言われて、避難してきた玉三郎さんでした。(笑)

 

玉さんの誕生日は、娘1号とネイルサロンへ行っておりました。

お手入れだけだったんですけどね、
久々のネイルサロンだったので、楽しかったです。

来週、娘1号がウエディングドレスを着ての写真撮影をするそうで、
その時に合わせて、ネイルをしたいんだそうで・・・。

『まぁ、娘の結婚式は当座お預けなので、写真だけでもね・・・』
と言う事になったという訳です。

『その為にネイルもしたぁ~い!いひひ~』
と言う、含み笑いもおまけで付いておりましたので、
まぁ、御祝にしなけりゃいけないんでしょうがぁ・・・

『ネイルってたっけぇ~んだぞっ!』と言う母の思惑とは裏腹に、
やりたいデザインはお決まりだそうで・・・。
おまけに、高いそうで・・・。

 

母ガックリ・・・il||li _| ̄|○ il||li

 

いいさ、いいさ。
『じゃ~私もついでに~♪』と思ってたのを辞めればいいのさ・・・ふん。

 

で、ネイルついでに、玉三郎さんのネイルもお手入れしてあげました。

すんごく迷惑そうに見えたのは無視してみましたが(笑)
『爪もさぁ、年齢とともに大きくなるんだね~たぁ~まさん♪』

なんて言いながら、パチパチ切っておりました。

もちろん、他のお猫様もとばっちりで爪を切りました。

 

今年の玉三郎の誕生日は、何だか忙しない日でしたが、
それでも、めでたい事には変わりない1日となりました。

 

5歳になるまで早かったなぁ・・・
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りに際にぽちっと応援よろしくお願いします。

月の事になりますが、昨日は朝から体温が高めだったので、
朝9時に病院へ行って、補液と抗生物質の投与をして貰いました。
丸1日、リビングのテーブルの下で寝ては起き、起きては寝て・・・の繰り返し。
食欲はあるから、缶詰を出すといつも通り足元で鎮座して待っていて、
缶詰を出し終わると同時に、お皿が置かれる予定の場所に先回りして待ってます。
なので、『時間の経過とともに良くなるんだろうなぁ・・・』と思うし、
普通の避妊手術とは事情が違うので仕方がないのかも知れませんが、
執事はちょっと・・・どころか、かなぁ~り心配です。
でも、今朝はテーブルの上に乗ってみたり、お風呂場まで遊びに来てみたり、
朝ご飯にはしゃぐお犬様のお尻を突っついてみたりしているので、
昨日よりは体調が良い事は明らかです。
そんな月の様子を見て、命が助かった事は本当にありがたいです。
生きてて良かった・・・と一日に何度も思う執事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年12月13日 (火)

なちゅ、3歳のお誕生日。

今日は我が家に初めて迎えたソリッドじゃない女の子でもある
小夏母さんの3歳のお誕生日です。

ソリッドじゃないと言う所が、かなりのポイントです。

と言うのも、執事のソリッド好きは変態クラス。(爆)
おまけに、ソリッドじゃなければブラウンの方が好きなのです。
にも拘らず、初めて迎えたソリッドじゃない女の子は
BLACK SILVER CLASSIC TORBIEと言うカラーでした。

Img_3954_1_2   

我が家に来た翌日の小夏です。
しっかりした顔立ちですが、この時まだ5ヶ月です。

TORBIEらしさの欠片もない色合いでしょ?(笑)

小夏をお迎えするにあたって、執事が絶対に譲れなかった部分は
『耳がスコーンと上がっている子!』と言う事。

だって、お婿さんの予定だった金ちゃんは、
耳が斜め45度にある子だったんですもの・・・(笑)

で、小夏のお里のママには、それ以外何もお願いしてませんでした。

お迎えの当日、『この子よ~』と連れて来られた小夏を見た執事は
『うほ♪素晴らしい子ではないか!おまけに可愛い~!!』
と、思いっきり感動して、追い掛け回しました。

もちろん、思いっ切り警戒されて逃げられましたけどね・・・(;´▽`A``

 

Img_4041_1

我が家に来てすぐ、小夏は他の子と馴染みました。
『この子、いつからうちの子だったっけ???』って言うくらい、
あっさりと、誰からも受け入れられて行く小夏。

お婿さんである金ちゃんとは、すぐに仲良しになりました。

と言うより、金ちゃん、小夏に一目惚れ!が正しいかも・・・(笑)

 

Img_4666_1_2

小夏がこうやって、何かを真剣に見つめている横顔が
執事は大好きなのです。(*´ェ`*)

 

そして、小夏は我が家で初めてのリッターを2010年4月に産出。

Img_5211_1

何故かレッド系の子猫ばかりと言う驚きの結果でした。

母さんはトービーらしくないのに、子猫は全部レッド系。
『その目立たないレッド因子って、どんだけ強いのさ!?』
と、驚愕したお産婆さんでした。(笑)

 

でも、母になっても・・・

Img_7457_1_2

可愛さと凛々しさを兼ね備えた美貌は衰えません。

執事、見習いたい部分が多過ぎです。(笑)

 

凛々しい顔立ちにも拘らず、素晴らしく甘えん坊でもある小夏は、
『カリカリがない~』となれば執事の側に来て教えてくれて、
わかちこが執事に隠れて悪さをしていれば
『悪い事してるよ~』と教えに来てくれます。

執事と意思の疎通がしっかりとれる部分も、
可愛さを醸し出す部分かも知れません。

 

我が家のお猫様方は、執事がお風呂に入っていると、
洗面所で出待ちをしてくれます。

目的は、お風呂上りの濡れた手や足を舐めてくれる事なんですが、
嬉しいやら、痛いやら、くすぐったいやら・・・(笑)

Img_9112_1

これが出待ちの最中の写真です。
みんな揃って、執事の服の上に寝なくてもいいのに・・・(ノ_-。)

おまけにギュウギュウ詰めじゃん。(笑)

 

小夏の産んでくれた子猫は、2回の出産で計5頭。
決して頭数は多くないけど、どの子も素晴らしい子ばかりです。

小夏の献身的な子育ては、見ていて安心し切ってしまいます。

『小夏なら大丈夫でしょ』って思わせてしまう小夏の性格ですが、
『執事、もうお母さん嫌だ!~』って言う時に甘えてくる仕草が可愛くて、
つい知らんぷりしたくなってしまう執事です。

 

ちょっと強面かも知れないけど、実はすごく甘えん坊な小夏。

名前を呼ぶだけでクルクル・ゴロゴロと喉を鳴らす可愛い奴です。

 

『なちゅは美人さんね~』と話し掛けると
目を細めながらハシュハシュ言い出しちゃうナルシストですが、
そこがまた可愛いのであります。

我が家の女の子は、どの子も意思表示が上手です。
何かあれば必ず話し掛けてくる子が多い気がします。

今もまた、小夏が膝の上に前足を乗せて
『ニャッニャッ!』と鳴いております。

多分、子猫達が脱走を始めた模様です・・・。(笑)

 

とにもかくにも、3歳を迎えた小夏。

今日はお誕生日だもんね。特別メニューと行きましょう!

 

子猫の時から何も変わらない小夏。

ずっとそのままで、元気でいてね。

 

小夏とわかちこは同じ3歳。今でも姉妹みたいです。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願い致します。

小夏の子が風ちゃん・龍君。孫がほまれ・のぞみです。
のぞみは未熟な子だけど、性格は小夏によく似ています。
風ちゃんと小夏は仲のいい親子で、いつも一緒に同じベットで寝ています。
この間は、二人で仲良くお話ししているのを見てしまいました。
『仲良し親子だね~』って話し掛けたら、仲良く同じポーズで
尚且つ同じ『ニャニャ!』って返事が返ってきました。(笑)
あ、小夏の姉妹が私のお友達の家に居るのですが、お名前は何と『小雪ちゃん』
別に示し合わせた訳じゃないのに、小夏と小雪と言う名前になりました。
兄弟のレオーネ君は、ショーで大活躍したブラウンの男の子です。
素晴らしい兄妹がたくさんいる小夏だったりもするんですよ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年8月 4日 (木)

また忘れちゃった誕生日。

龍くんのドタバタですっかり忘れていたお猫様の誕生日。

我が家では、7月に誕生日を迎える子が3頭います。

1頭は先日も書きましたが、銀二君。

もう2頭は、我が家のブリードの柱でもあって、
私がブリードを始めるにあたって、初めて迎えたお猫様でもある、
実は『兄妹』のお猫様。

 

2008年7月30日生まれ。御年3歳になりました。

 

Img_7445_1
名前と風貌が見合った男の子になった金太。

現在の体重は8kg。大きいと言うよりはゴッツイ男の子です。

昨年生まれた陸・海・空・風の4兄妹と、
今年生まれの一人っ子坊っちゃん、龍くんのお父さんでもあります。

なりはデカイがオツムはテンテン系。(笑)
金太!って呼ぶと『ナー』ってお返事してくれます。

お耳はすっかり斜め45度よりも下にある!?って感じですが、
『大将、昔はなかなかのイケメンだったでしょ!』
って言われそうな“おとっつあん”になりました。(笑)

最近は銀二の存在があるせいか、ちょっとご機嫌ナナメですが、
それでも金太の心優しい性格は、ちゃんと仔猫に遺伝してます。

 

そして、金太の妹でもあるこの人。

 

_dsc4432_1

不覚にも、3歳になった今でも母になっていないお春ちゃん。

すごく性格の良い女の子で、争い事はまずありません。
ヒート中になると、ご機嫌が悪い時はあるけど、
普段は人間大好きっ子で、ぶつぶつ文句を言いながらも側にいる子です。

お里帰りしても母になれず、別のお宅へお嫁に行ってもダメで、
やっとこ迎えられたお婿さんの所へ、無事に嫁に行ってくれるのか・・・

体の大きな女の子で、現在の体重5.7kg。

我が家の黒猫軍団の1番下っ端ですが、
その存在感は、玉三郎をも凌ぐ勢いがあります。

執事のたっての希望としては、お春ちゃんの子猫を1回で良いから、
どうしても、何としてもこの手に抱きしめたいのですが、
その願い、そろそろ聞き入れてくれると嬉しいのですが・・・(笑)

お婿さんとのお見合い中なので、お春ちゃんがその気になれば
今年中にはお母さんになってくれるかも知れません。

 

この2匹の性格。本当によく似ています。

 

って言いたいけど、ぜぇ~んぜん似てません。(笑)

金太は金太らしく、お春ちゃんはお春ちゃんらしい性格で、
どちらもめでたく『個性的』な性格をしています。

彼らのショーの時期は、私が子育て中だったと言う事もあり、
ほんの数回のショー出陳でした。

タイトルを取った訳でもないし、華やかと言うとそうでもないけど(笑)
金太の子猫はどの子も素晴らしい子ばかり。

私の目と構想が間違ってなければ、
金ちゃんとお春ちゃんの血統は、未来永劫残るはず。

と言うか、残したい。

 

我が家のブリードの柱として迎えられた金太&お春ちゃん兄妹。

彼らを託してくれたpekoさんには、今でも感謝しています。

私が初めて見た『素晴らしいメインクーン』であるロイ君。
その大きさに感動して、思わず写真を取らせて貰ったりしましたっけ。

金太とお春さん、玉三郎とクロちゃんのお父さんでもあり、
小次郎のお爺ちゃんでもある、私の理想だったロイ君。

そのロイ君の血を引く子を迎えられた事は、
私のブリード目標を明確にしてくれました。

 

ブリードの柱になる子は7月生まればっかり。

キャッテリーの名前の由来でもある『7』は、ここからも取っています。

もういくつかの『7』にまつわる話は内緒ね。(笑)

 

ちょっと遅くなっちゃったけど、金太・お春ちゃん
3歳のお誕生日おめでとう。

これからも元気で、個性的で、すっ呆けたその性格で、
いつまでも長生きしてね。

そして、私に夢を与えてくれてありがとう。

 

石の上にも3年。あの日から3年かぁ・・・。はやっ!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

お春ちゃんのちょっとイタイ性格。このバナーでご理解いただけるかと・・・(笑)
わかちこ作、題名『春ちゃんの憂鬱お昼寝』
でも、こんな事されても逃げ出さないその性格が執事は大好きです。
甘えに来る時は鳴き声付き。文句を言うのもハッキリしっかり。
『そんな事言ったってしょうがないじゃん!』と反論すると、
『ンナーーーーー』って文句を言うお春ちゃんなのです。
お願いだから、1回で良いから、お母さんになって貰いたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

すっかり通り過ぎた誕生日。

先日の後記で書きましたが、今月、誕生日を迎えたお方がおります。

誕生日から10日も経ってしまいましたが・・・( ̄◆ ̄;)

 

我が家の二枚看板の片割でもある銀二君。

2010年7月10日生まれ。

誕生日に計測した体重は7.8kg。
メインクーンの男の子らしく、それはそれは立派な男子に成長しました。

がしかし、身形はデカイがまだまだお子ちゃま。
めでたく1歳の誕生日を迎えました。

 

Img_7469_2

この時、風ちゃん8ヶ月、銀二5ヶ月。
男の子の大きさと言うよりは、銀二が明らかに大きいだけです。

 

銀ちゃんは、滋賀県から来た、我が家のひこにゃん。(笑)

お迎えした直後は、水の張ってある湯船に自ら入り、
執事が掃除してる最中に、掃除機の上に乗り
『お馬さんごっこ』をして遊ぶ事を覚え(笑)
わかちこすら恐れず、誰も恐れる事のないのんびりさん。

まぁ、今でも十分、のんびりさんですけどね・・・(;´▽`A``

体の大きさからは想像出来ない程、おつむの回転はゆっくりですが、
『銀二!』って呼ぶと『ナァー』って返事してくれる、
何とも可愛いヤツなのです。

 

男の子部屋で、金ちゃんと折り合いのつかない時もあるけど、
どっちかと言うと『みんな仲良く』精神が強い男の子らしく、
女の子に興味があっても、怒られると近寄れない銀二くんです。

金ちゃんとは、けん制しつつも仲が良くて、
女の子にヒートが来てなきゃ~喧嘩はありません。

本当なら、男の子1頭に1部屋構えたいのが執事の希望だけど、
まぁ、今の住宅事情では少々無理なので、
これからの対策を練って、銀二君と金ちゃんはいつかは別居でしょう。

 

Img_7629_2

とにかく長くて、とにかくデッカイ銀二君。

少々間違ってる部分があるのは、過去にもご紹介しましたが、
8kg近くなった今でも、お腹を出して寝る姿は変わりません。

おっきいし、重いし、流石に手の平には乗らなくなったけど、
私が『悩殺されたお姿』は、今も健在です。

 

Img_7620_1

どぉよ。この姿・・・。

この悩殺ポーズに執事はやられちまったのさ・・・ふ・・・。

 

今ではコートがヨレヨレで、毛玉お化けになってしまいましたが、
ブラッシングは嫌いじゃない銀二君なので、
執事の手が治り次第、コームが持てる様になったら、
綺麗にシャンプーしてあげたいと思います。

なので、最近の写真はそれまで待って下さいね。

 

我が家に来て8ヶ月。

その存在感は他の子に劣らないけど、
おつむはちょっと劣っている、愛嬌のある銀二君。

お誕生日には、出血大サービスして、
アニモンダに生の馬肉添えて ~夏バテ防止も兼ねて~
でお祝いしました。(笑)

 

今年の暮れ辺りには、銀二もお父さんになる予定。

あくまでも予定だけど、立派なイクメンになってくれる事を期待しつつ、
今日は毛玉取りに挑戦してみようと思います。

 

毎日の応援、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

銀ちゃんは本当に優しい男の子です。
とあるモノがなければ、女の子と間違える位の優しい性格。
仔猫をみた銀ちゃんは、一緒に遊ぶと言うよりは、遊ばせることに夢中。
ボールを転がして誘ったり、玩具を運んで遊び方を教えてみたり・・・。
子猫達が遊ぶようになれば、側に座って見守ってる男の子です。
大きな体で優しいからか、子猫達からは絶大な人気者。
喧嘩ごっこも思いっきり手加減するから、子猫達の方がやりたい放題!
仔猫に引っ掻かれて鼻の頭に傷を作ってる男の子って一体・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

小次郎のお誕生日。

執事の言訳。

記事は書いてあったのにアップするのを忘れました。
昨日の話だと思って読んで下さい。

 

今日は我が家の不思議ちゃん、小次郎の誕生日です。

2007年6月17日。小次郎は生まれました。
お母さんはクロちゃんと姉妹の女の子です。

『玉三郎の弟分が欲しい』と思った執事は、
『ブルーソリッドの子が良いなぁ・・・』と言う夢を持ちます。

その旨を玉三郎のブリーダーさんに相談すると、
『玉ちゃんのお姉ちゃんがブルーソリッドを産んでますよ』と言う連絡が!

送って頂いた写真がこちら・・・

Bluemale_edited_1

何とも言い難い表情でしょぉ~♪(笑)

『ぜ、ぜひみたいですぅ・・・』と言う事で、ブリーダーさん宅へ見学へ。

執事2号をしつこい程に説得し(笑)
念願叶って、小次郎は我が家へ来る事になりました。

 

9月にあったキャットショー会場で小次郎と再会。

ショー会場の下にある喫茶店でブリーダーさんと契約を交わし、
11月に出陳する予定だった玉三郎のショーデビューの為の下見をしてから、
小次郎をキャリーにON!して、我が家へ連れて帰りました。

 

先住猫と言う立場の玉三郎は、小次郎に対して挑戦的。
『俺の立場を危うくする者』だとでも思ったんでしょう・・・。

日に日に『そうじゃない』と言う事に気付き、
おまけに、玉三郎に怒られても後を追う小次郎に対して、
『弟分』と言う感覚を持ったのか、次第に仲良くなりました。

 

Img_1671_1  

お兄ちゃんが弟の寝癖を整えるお姿。(笑)

 

Img_16831_2

この姿を見て『仲良くやって行けるね・・・』と安心した物です。

 

Img_24181

この頃は、執事達の作った大型ケージがお二人の夜の寝床でした。

 

玉三郎が毎週末の様にショーに行くようになった頃は、
小次郎は一人ぼっちでお留守番。

ショー会場で他の猫に対して怒ってしまう玉三郎が
親ブリーダーさんの所へ『修行』に行っている間、
小次郎は一人ぼっちでつまらなそうでしたっけ・・・。

 

その頃の写真がこれ。覚えている人、いるのかな・・・。

Img_21191_1

懐かしい写真です。(笑)

その後も二人は『兄ちゃんと子分』と言う関係のまま大きくなり、
お互いが4歳になった今でも『関係はそのまま』です。

玉兄ちゃんの手の届かない所は小次郎がサポート。

小次郎は相手が誰でも全然平気。
どんなに怒っている相手でも、どんなに殺気立っている相手でも、
『ナーン!』って言いながら近付き、相手をなだめるのが上手なのです。

 

おしゃべり猫で、不思議ちゃんで、娘2号激LOVEheart01な小次郎。

今でもお風呂上がりの娘2号に抱き付き、耳たぶをチュパチュパlovely
濡れた髪をグルーミングしてあげる日課は辞めていません。

と言うか、日に日に激化している気がします・・・(笑)

 

メインクーンとしては細身でおチビな小次郎ですが、
彼の存在はすっごく大きい物があります。

玉三郎でショーを経験し、小次郎の性格を見て、
『ブリーダーになりたい!』と言う夢を持ち始めました。

玉三郎の容姿と、小次郎の性格をくっつければ、
執事の理想とするメインクーンの出来上がりです。(笑)

 

仔猫にも寛容で、一緒に遊んで退屈させない小次郎。

男の子にも女の子にも信頼されている小次郎。

窓と網戸を開けられる器用な前足は困りものだけど、
開けた後に『他の子が出てっちゃう!』って困っている姿は
『やったは良いけどこりゃ困った!』と言う、何ともおかしいものです。

甘えん坊だけど困り者。人気者の要素を全て持っている小次郎。

 

Img_5097_2

これからも、不思議ちゃんでも困ったちゃんでも、
シャンプーが嫌いでドライヤーは天敵!コームは親の敵!
と思っていてもいいから(笑)、健康でおしゃべりな小次郎でいてね♪

4歳のお誕生日、おめでとう。

 

毎日応援してくれて本当にありがとう。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
本日もお帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

小次郎は本当に性格の良い子です。
去勢済みの元♂でも、体重はいつでも4.3kgのおチビさん。
女の子にも負ける程の細身の男の子ですが、その運動能力は素晴らしい物があります。
ふさふさのコートをペターっとするとロシアンブルーになっちゃうけど(笑)
彼の存在がなければ、私はブリーダーにはなりませんでした。
今では沢山いる猫のうちの1頭にしか見えないかもしれないけど、
我が家の元祖メインクーンでもある小次郎。
玉三郎と共に『生き神様』として君臨して欲しいと願います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)