勝手に御意見番

2011年8月 6日 (土)

放射能の汚染について。

3月の大地震後に、被災地の復興以上に巷を騒がせているのが
福島第一原発の事故による放射能汚染。

食べる物もそうだけど、空気の汚染や海洋汚染も問題になってます。

 

でね、先日のワイドショーを見ていてふと気付いたの。

『唯一の被爆国である日本、広島・長崎の時はどうしたの?』って・・・。

  

今日は8月6日。原爆が投下されてから66年目です。
投下されてからの66年で、どうやって人が生き抜いて来たのか。

『それを知る事が、今の日本人には大切な事なんじゃないか・・・』
そんな事を思いました。

 

『はだしのゲン』って漫画を読んだ事、ありますか?

66年前の原爆投下後にゲンと言う男の子が生き抜いた漫画です。
それも作者の実体験を基に書かれた漫画。

私はその漫画、社会人になるまで読めませんでした。

学校でも皆が読み漁っていて、映画化されたりもしていましたが、
私自身が初めて読んだのは、長女が生まれる直前でした。

だから、年齢にして18歳頃だったと思います。

 

読もうと思って、本を手に取った事は何度もありましたが、
始めの数ページをめくると、どうしても読めない。

気持ち悪いとか、気味が悪いと言う訳じゃなく、
数ページ読んだだけで息苦しくなるんです。

『あたしって、この原爆で死んだ人の生まれ変わり?』
な~んて、学生時代に思った位、息苦しくなるのでした。

『でも、子供を産むまでには読んでおこう』と思った漫画でした。

 

で、18歳の時、意を決して市民図書館で一気に読み漁りました。

で、その本を読んだ後にも、今回と同じ疑問を持ちました。

『広島の人達は汚染されたその地域で、
 今までの間、どうやって生き延びて来たんだろう・・・』

 

今回の地震後、福島第一原発から30km圏内の人達は
避難生活を余儀なくされています。

でも、戦争直後の広島の人達は、そんな措置を受けたの?

それでもそこに住まい、そこで子孫を繁栄させ、
今では広島は大きな綺麗な街になっている。

 

では、汚染されていた土壌はどうやって解決したの?

農作物だって作らなきゃならない農家の人はどうしてたの?

酪農をしていた人は?一般市民は?子供達は???

同じ日本に住まいながら、全く知らない自分にも疑問を持ちつつ、
今はネット社会だもんね。調べるのは簡単です。

 

風評被害も、マスコミのせいで過剰してるとしか思えない部分もあって、
何が本当なのか、今のテレビからは全く受け取れない時代です。

お化けを見た事も無いのに怖がったり、
鬼を見た事ないのに信じ込んでたり・・・

『放射能汚染』と言う言葉自体が、お化けや鬼を怖がる状況と、
何となく似ている気がするのは私だけでしょうか。

 

怖がってるだけでは前には進まない。

その実態を良く知り、知った後でどう行動するのか。

過剰反応するのではなく、毛嫌いするのではなく、
知識をどう消化するかが問われる時代です。

原子力発電所がある限り、今の状況と同じ事が起こるのは必至。

では、そうならない為にする事はどうすれば良いのか。
そうなった時はどうすれば良いのか。

もうさ、この際だから皆で学びませんか?

 

お化けが出た~って騒いだってお化けは居なくならいないし、
鬼が出るぞお~!って脅したって、それが空想の物だって事は
いつかは分かる事でしょ?

だったら、お化けって何なのか、鬼って何なのか、
知ってしまえば良いだけの話じゃない?

 

放射能汚染が騒がれているのに、
屋外で部活動させている学校を父兄が批判した

なんてニュースも聞かれる今。

大人になったからって、何も学ばないのはいけないよね。

『無知は罪の温床』って言葉もあるんだから、
『○○かも知れない』を信じ込んで怯えてるばっかりじゃダメよね。

そして、自分の住まう日本と言う国を知る為にも、
そろそろ『他人任せ』ではいけないのかな・・・と思います。

 

ぶっちゃけ、日本の未来には多数の不安を持っている執事です。

脱原発を願うのは、もはや全世界の願い。

日本人だから・・・ってだけではなく『地球に住まう人間』として
いろいろ考えて行動しなくちゃいけませんね。

 

ネットで検索するといろいろ出て来るね~。勉強になります。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

放射能に付いて、大阪のおばちゃんのご意見。
『皆で放射能をさっさと食べて消費して地面に潜っちゃえば(死んじゃえば)
 孫の代では綺麗な土地になるんじゃないの?
 原発が多いのは私らの世代の責任なんだものね~!』
流石大阪のおばちゃん、ナイス!(笑)と思いました。
私の住まう“オラが村”でも、放射能汚染の話題は尽きません。
“ゴミ焼却場から出た灰から規定量以上の放射線物質が検出された”
なんてのは昨日の新聞にも載っていました。
ホットスポットと呼ばれる場所は群馬にもあります。
『でもさ、それって最近の話なの?ず~っと前からじゃないの?』
と思うのは私だけでしょうか・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

次世代電球が普及中。

『次世代電球のLED』てなシロモノ、多くの方に知られてきています。

この所、執事2号の会社の仕事では、
LEDを使用した照明を希望なさる方が多くなってきています。

おまけに、最近のお仕事では、
セブンイレブンの照明をLEDに変更する
って言う様なお仕事も舞い込んで来ています。

どうやら、セブンイレブンの全店舗で、
照明をLEDに切り替えるって事らしいです。

 

でね、『LEDのどこがいいのさ!』って思いません?
電気代が安いから?消費電力が少ないから?

でもさ、LED特有のあの青白い色に違和感を持つ方も多くいて
懸念している方もいるのではないでしょうか?

でもね、最近は電球特有の暖色のLEDも普及してますので、
お近くの電球売り場でご確認くださいね。

 

ところがどっこい、電球からLEDに変えると、
明るいはずなのに暗く感じる人も多くいるはず。

ではなんで、同じ照度を保っているのに暗く感じるのか。

知りたくなぁ~いぃ~?(笑)

 

実を言うと、電球直下の明るさは一般電球と変わらないんだけど、
『LEDの明かりは直線的』って言う電球なので、
お部屋全体とか、1個で周囲全体を明るくする能力は、
一般電球にはちょっぴり劣っているLEDなのです。

分かりやすくお絵描きするとですね・・・

Cocolog_oekaki_2011_07_02_19_28

こんな感じ。 にしても下手な絵だ・・・(笑)

照射範囲を詳しく知りたい方は、
各照明器具メーカーのHPに実際の照射範囲を表す写真があるので
その辺を参考に器具選びをすると良いと思います。

 

広範囲を明るくする能力には劣るLEDなので、
照明をLEDだけにした店舗を外から観ると、
何とな~く暗く感じてしまうのは仕方のない事なのです。

がしかし、店内に入って商品をみると、
今までと何ら変わらない様に見えるはずです。

 

でね、LEDの良い所は、紫外線を発生させないのです。

と言う事は・・・、紫外線に集まる蛾などの虫が寄って来ない。
365日、24時間営業のコンビニにとっては、
夏場には、この上ない利点ですよね。

 

そして、LEDは熱の発生が一般電球に比べて飛躍的に少ない。

と言う事は、店内で暖かい空気が溜りやすい上の方、
天井面の温度上昇が抑えられます。

コンビニ等のエアコンは、ほとんどが天井埋め込みです。

上部の温度上昇を抑えると、エアコンが過剰稼働しない。
冷房効率も良くなると言う事になります。

 

と言う様な利点があるので、セブンイレブンは総交換にしたんでしょうね。

おまけに『電力消費を15%抑える』と言う事を考えると、
全店舗の照明をLEDにしたら、どんだけ抑えるかと言うと・・・

消費電力は今までの蛍光灯と比べて2分の1と計算しても、
照明に使用する電気消費量を50%抑えられます。

んでもって、冷房効率まで計算したら、
今までの電気使用量の25~30%程度は抑えられる。

・・・・・・んじゃないかと、執事は予想しております。

 

一般家庭でも、同じ事が言えるとなると、
照明器具代を考慮しても、かなりの節約になる気がします。

一般家庭の照明に使用する電気使用量の比率は、
1ヶ月の消費電力の20%とも言われているので、
その20%が半分になるだけでも、電気料金は1割近くも安くなりますね。

 

で、最近流行りの『LED電球』ですが、
その箱の説明書をよぉ~~~く読むと、
『○規格のダウンライトには使用しないで下さい』
なぁ~~~んて書いてあったりするんだよね~。

で、何で使用しないで下さいなんて書くのかと言うと
『発生した熱を逃がす工夫がなされていない照明器具』だから。

先程、LEDは熱の発生を抑えられるって書きましたが、
まぁ~~~ったくない訳ではないのです。

で、熱がこもって何が問題かと言うと、
『電球の寿命が短くなる』と言う問題がある訳です。

高気密・高断熱のお家では、
それに見合った照明器具が使用されているはずなんですが、
そう言う場合は、LEDの使用を控えて下さい。

なぁ~んて言われたりもする訳です。

 

がしかし、使ったからと言ってこれといった問題は起きません。

火災が起きる様な問題が起きる様な物を、
量販店で陳列販売するはずもない訳です。

唯一起きる問題は『電球の寿命が短くなる』って事くらい。

1度交換すれば10年は交換不要!とうたわれているLEDが、
7~8年で交換しなくちゃいけない
って言う事になるって言う事なのです。

たぁ~だぁ~しぃ~
器具の形状によっては火災が発生する事もありますので、
電球の取扱説明書をきちんと読んでから使用して下さいね。

 

ただ、冒頭に述べた様に
『直下型電球』と言う特徴がある事は忘れてはいけません。

部屋全体を明るくするのは、一般電球の方が勝ります。

ましてやダウンライトに後付けのLED電球を使用する場合、
電球は横面に差し込む器具がかなり多いので、
照射範囲が真下にはならなくなり、暗くなると言う支障が出てきます。

でも、それが狭い部屋のトイレだったり洗面所だったり、
納戸だったり玄関・ポーチだったりして、
尚且つ、電球が真下に向いているとするならば、
決して不便は感じないと思います。

 

もしくは、横面に付けても支障のないタイプのLED電球を選ぶ
と言う事も、念頭に置いて購入して下さいね。

 

それと、直下型と言う事を利点として考えるのであれば、
子供部屋の机の真上にLEDダウンライトを設置します。
これがね、結構見やすくて明るいのです。

そこへリモコンやスイッチで調光機能を付ければ、
主照明の麦球を付けてるよりも電気代は安いのです。

一般電球の時に使用していた調光機はLEDに変えると使用出来なくなります。
LED電球にする場合は、調光機もLED専用に変更しなければいけません。
その点をきちんと把握してから交換して下さいね。

 

どう?使ってみたくなりましたか?

 

我が家の場合、お猫様部屋の照明は紫外線の発生する物を選んでいます。

と言うのは、お猫様のヒートに関係するから。

雌猫のヒートは日照時間と深い関わりがある訳ですが、
日照時間もそうだけど、紫外線量にも関係があるのです。

一般的に、猫の繁殖期は1~8月と言われていますが、
その理由は日照時間が伸びて来る以外に、
紫外線量が増える程、繁殖期が早くなります。

と言う事は、夜間に紫外線を発生させる照明でも、
繁殖期を迎えさせる事が可能なのです。

まぁ、最近は節電に気を付けているので、
夜間のほとんどは電気を消してますけどね・・・(笑)

 

もし、日本中の電気をLEDに変えたら、
どの位の電力消費を抑えられるんだろう・・・

そんな事が最近の執事の大きな疑問です。

 

で、もう1つおまけ。

 

直下型でないLEDも販売されてます。
興味のある方がいましたら、お近くの電気屋さんでお聞きくださいね。
あ、各電気メーカーのHPでも詳しく見れますよ~。

 

そしてこれが最大のポイント。

LED照明を使う場合、直下型と言う事を念頭に置けば・・・

リビングのダウンライトは部屋の四隅よりも中心部。
スポットライトは目線に光が入る位置に設置。
間接的に使いたいのであれば、
なるべく光を反射する壁面に向かって数個まとめて照射。

これで効率よく『光を使用する』事が出来るようになります。

 

我が家も徐々にLED化して行く予定ですが、
今年の夏が終わるまでは今の電球で行こうと思います。

で、その後に交換して、来年の電気料金との比較をしてみようかと・・・。

電気屋の意見と主婦目線の意見を兼ね合わせている執事なので、
その辺を上手に経験して行って、
お施主さん達に上手く説明出来る様に学習中です。

 

本職は電気屋なんだぞぉ~!(笑)
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

LEDの消費電力は少ないから、一般電線でなくとも配線が出来る。
なぁ~んて話はマニアな話ですけど、電線の太さの基準もあるんです。
執事が初めて現場に出た時、執事2号に言われました。
『テンロクのニとニロクのサン持って来て~』
『それはどう言った呪文ですか?』って本気で思ったもんです。
『何それ?』と聞き直す執事に、『行けば分かる』と言う2号。
行っても分からないから『分からん!』って戻ったら
『そんなんも分かんね~のに威張るな!』って言われてねぇ・・・。
現場の片隅で『教えてもいねぇ~のに分かるがボケ!』って叫んだっけ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

計画停電のお知らせが来た。

先日の回覧板に『計画停電についてのお知らせ』が入ってました。

各グループが2時間程度の停電の様ですが、
真夏の14時から16時の停電は、結構厳しいものがあるのでは?
と、昨日の『真夏日』で思い知りました。

 

昨日の気温。我が家の庭での計測ですが36℃、湿度が78%

もうね、蒸し風呂ですよ・・・。窓を開けても風すら吹いていない・・・。

家の中でも熱中症になりそうだったので、
わかちこの顔が赤くなり出した12時半の時に、
1番効率良く、家中を冷やしてくれそうな『2階の廊下のエアコン』
を、25℃の設定でスイッチON!

1時間後には、どこに行っても27℃の室温と、50%の湿度になりました。

 

我が家の場合、個室のエアコンは1階の和室と2階の寝室、
あとは天井に埋め込まれたリビングの大型エアコンです。

お猫様部屋と娘2号の部屋にエアコンはありません。

そして、全館空調用のエアコンは2階の廊下に設置してあります。
この2階の廊下のエアコン。これが今年の夏は大活躍しそうです。

 

各部屋のドアを閉めてエアコンを使う場合、涼しいのはその部屋だけです。
当たり前だけど。(笑)

おまけに、我が家の場合、お猫様はどこにでもいます。

2階のお猫様部屋は隔離出来る様になっているけど、
廊下と区切る為のドアは引き戸で開けっ放し。

隔離する為のドアはラティスです。

半分のお猫様はリビングにいます。
もちろん、室内犬である愛犬もリビングにいます。

仔猫の龍くんは和室で隔離されています。

 

全ての部屋でエアコンを付けると、リビング・お猫様部屋・和室の3室。
合計3台のエアコンが稼働する事になります。

けれど、『節電しなくちゃ』と言う事になると、
4LDKの家で3台のエアコンを使用するのは気が引ける・・・。

となれば、1台で家中涼しい方が効率がいいし、
消費電力も抑えられるんじゃないか・・・
と思った訳です。

 

で、2階の廊下のエアコンは200V大型タイプ。
かなり大きいタイプです。

14畳ある寝室で使っていたのですが、あまりにも冷えるので、
『この広さにこのエアコンは過剰だよね・・・』と言う事になり、
引っ越し1年目にしてあえなく撤去。

我が家の間取りは、玄関と階段が家の中心にある間取り。
温かい空気も冷たい空気も、階段を使って循環します。

で、思い付いたのが『玄関の真正面・階段の上り口にエアコン』
と言う、全館空調システム“モドキ”でした。

 

でも、これが大正解!

冬場はリビングに蓄熱暖房機がありますが、
階段を昇って行く空気は暖かく、降りて来る空気は冷たい。
冷たくなった空気はリビングで暖められて階段を昇る。

夏場になると、暖かい空気は階段を登って上に行き、
2階の廊下で冷えた空気は階段を降りて来て1階を冷やす。

なんともまぁ、結果オーライな空気の循環システムと相成りました。

 

冬場の暖房はリビングの蓄熱暖房のみで家中18℃になるし、
夏場は2階のエアコン1台で家中が27℃になると言う結果になりました。

なので、我が家はトイレも27℃です。(笑)

でも、これがエアコン1台の威力とは思えない位に冷えます。

床にマットを敷いてわかちことお昼寝してますが、
夕方4時になると寒い位です。

 

昨年も言いましたが・・・
我が家付近のアスファルト使用率は10%もありません。

“熱帯夜は都会だけのもの”と言い切れる位の田舎なので、
カエルの大合唱にさえ慣れてしまえば、窓全開で寝られます。

でも、8月末頃には、窓を開けて寝られなくなります。

だって、寒いから・・・。
夜は寒い位に冷えるので、9月になれば毛布は手放せないのです。

 

と言う事で、我が家は夏場にエアコンを使うのは日中だけ。
夜間にエアコンを使うのは10日もあるかないかです。

エアコンで冷え過ぎると、一気にだるくなってしまう執事なので
設定温度は25℃以下になる事もないし、
リビングは扇風機のみで過ごしていられるし、
今この記事を書きながら『ちょっと寒い・・・』と思ってる位なので、
これから来る本格的な夏場も快適に過ごせる事でしょう。

 

計画停電が実施されるのは、夏場の昼間はかなり辛いけど、
『消費電力が抑えられれば実施しない』と言う事なので、
なるべく節電に徹して、みんなが快適に過ごせる様な工夫を
ささやかな事でもいいからしていこうと思います。

んでも実施されるとなったら、
実施時間帯の違うお店にでも買い物に行って過ごします。

でも、お猫様や愛犬は移動させられないから、
出来る限り実施されない様に、みんなで協力し合えると良いですね。

 

エアコンが使えない時の避暑方法も考えなきゃ・・・
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

皆さんは、ご自宅の電気メーターってマジマジと見た事がありますか?
最近は当たり前になりつつあるオール電化のご家庭だと、
電気のメーターはデジタルだったりします。
太陽光発電が設置されているお宅は、電気メーターは2個付いてます。
一般のお宅はアナログですが、それでも定期的に新しくなって、
最近ではデジタルだったりする場合もあります。
全ての電気メーターに言える事は、使えば使っただけメーターが回る事。
エアコンを数台使用していると、メーター機は一生懸命回ります。(笑)
使っている分だけ回る訳だから、それは当たり前なんだけど、
あのメーターがぐんぐん回っている様子を見ると、
『あぁ、こいつが回ってる分だけ、金を払うのか・・・』と思えます。
もしかしたら、節電したい気分に拍車が掛かるかも!?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

久々にドキドキしました。

昨夜の緊急地震速報、ヒヤヒヤしましたね・・・(-゛-)

執事の住む場所では、それほど揺れる事はありませんでしたが、
久々に鳴ったからでしょうが、思いっきり警戒してしまいました。

あの音、何とかならないんでしょうか?心臓に悪いよね・・・。

まぁ、『警戒音』として考えるのであれば、
執事にとっては『効果絶大』ですけどね。(;´д`)トホホ…

 

地震の後の日本列島、西日本ではそうでもないのでしょうが、
東日本に住んでいる方は、地震や余震もそうですが、
放射能や余震の有無と言う『見えない物』に警戒する事ばかりで、
精神的に疲労が蓄積されて来ている人も少なくないはずです。

外出するって言っても、『出先で何かあったら・・・』と思うと、
日帰りで出掛けるのだって勇気が必要だろうし、
日常の用事で出掛けるのでさえ躊躇う人も少なくないはず・・・。

 

原発の方は、日を追って明らかになる事態が『深刻な問題』ばかりで、
『恐れていた事態』が、この日本で起きている事に驚愕しています。

 

おまけに、この期に及んで『不信任案』だって。

日本の政治家は『国民の事を考えてるんだろうか?』
って、シミジミ思わされております。

 

確かに、『今の首相では災害復旧にすら遅れを取る』と思うのは、
まぁ、同意見です。

過去の汚点に続き、今回も同じ様な『失態』をしている訳ですから、
『あの首相では頼りない』と思われても仕方が無い。

おまけに、首相の傘下にいる方々も、
執事が見ている限りでは『何もしてない』

今やっている災害復旧。
『過去の事例に則って行動をしている』のであれば、
それは間違いなく『見当違い』『状況把握をしていない』
と、国民の誰もが思っている事でしょう。

 

『今の政治トップでは対応しきれない』と思うのは仕方のない事です。

でもね、今は『んな事してる暇はねぇ~だろ!』
と、叱咤する人もいないらしいです。

今回の『不信任案』を激励しちゃいけないと執事は思うのです。

 

と言うのも、与党だの派閥だのは、
『本当の災害復旧』には必要ない事ばかりだから。

そんなの、後でも良いじゃん。

今必要なのは『困っている人を助ける事』であって、
『助ける為の手段に策を講じる』事ではないのです。

 

困っている人を助ける人が、民主だろうが自民だろうが、
『被災した人には関係ない』と言う事を、
意気揚々と答弁している政治家は分かっているのでしょうか?

 

災害復旧に関しては、国民が主体で行っている現状があります。

政治家と呼ばれている人達のうち、一体どれだけの人が
『現地で災害復旧の手伝い』をしてますか?

拳を振り上げて熱弁するのはいいけど、
まさにその手で、瓦礫の1つでも片付ける事の方が、
被災者は本当の意味で助かるんだと、なぜ気付かないのでしょうか・・・。

 

今回の地震は、誰のせいでもありません。

もちろん『地震発生後の被災者支援や災害復旧』は
政府が主体となって行うべき事案だと思います。

けれど、政府は『その方法を考える頭脳』でしかなく、
実際に行動するのは国民以外の誰でもありません。

 

今の災害復旧、原発に関しても政治家は『頭脳』ではありません。

被災した人達への支援も、政治家が頭脳を駆使している訳ではない。

『国民が考え、国民が行動し、国民同士で支え合っている』

これが『国民主体の民主党のやり方』なのであれば、
邪魔なだけの頭脳である民主党なんか、いらねぇ~よねぇ。

と、誰もがみんな思うはずなのです。

 

ゼネコン汚職だの、賄賂だの、寄付だの、
政治家に纏わる『政治の闇』は必ずしもある訳ですが、
こう言った災害の時に、その闇も役に立つ時があります。

確かにいけない事なんでしょうが、未憎悪の災害が発生した時に、
大手のゼネコンがどんどん動いてくれれば、災害復旧は進みます。

でも、『完全なる100%ボランティア』と言う形で、
大量の重機や人を動かせる『企業』など、
世界中どんなに探しても、『居ないに等しい』のではないでしょうか。

ましてや今の日本は『戦後最大の不景気』とまで言われています。

大手のゼネコンですら倒産している現状がある中で、
ボランティアで動ける企業は皆無に等しいのです。

 

自衛隊員だって『人』です。限界があります。

市民ボランティアだって『自分の生活』があります。

でも、政治家だけは『今の生活を変えず』に生きています。

 

そんな政治家、本当に必要なのでしょうか?

 

市民にとっては『困った時に助けてくれる人がトップに立って欲しい』
と言う、願いがあります。

助けてくれない政治家など、縁も所縁もない赤の他人と何ら変わりありません。

 

海外では、政治に不満があるからこそ『暴動』などが起きています。

今の日本で『暴動』は無いでしょうが、
『暴動に近い行動』を起こす事は容易です。

例えて言うのであれば、『国民全員が選挙を棄権する』とか、
『各県の立候補者の1人だけに、全員で投票する』とかね・・・(笑)

 

『今の政治家の思考にはついて行けないんだぞ!』と言う意思表示を、
そろそろ国民全体で行動する必要があるのかな?
と、執事は思っております。

 

本当に『国民の為を考えてくれる政治家』を選ぶのは難しいです。

選挙の時には『気を引く良い事』を言いますが
実際に行動する政治家なんて、今の日本にはいないとしか思えません。

 

人の日々の生活は泥臭い物です。

どんなに綺麗事を並べても、それは『理想論』でしかない現状に、
今の政治家達が何時になったら気付くのか・・・

そして、本当の意味で『国民の為の政治』を行える人が、
どこから、どうやって出て来るのか・・・

 

執事は冷やかな目で見て行きたいと思います。

 

毎日の応援してくれてありがとう。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援、よろしくお願いします。

お猫様の中でも『選挙』があるらしく、それによって選ばれるトップがいます。
我が家は1歳以上の猫8頭。♂4名、♀4名。(去勢・避妊含む)
猫界きっての政治家は玉三郎。我が家の猫界の首相でしょうか?
ブリード界の青年部は金太。商工会青年部・会長みたいなもん?
アルター界・婦人会はクロちゃん。婦人会会長ですね。
どの界でも連絡役なのが小次郎。我が家の猫界の報道部。
小夏はどこに行っても秘書役だし、風ちゃんはどこに行ってもマスコットガール。
銀二は新人議員で、研修中の議員の卵。
そしてお春さんは・・・、みんなを遠巻きに見ている一般市民。
えぇ、私の立場に良く似ております。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

復興支援ステッカーの代理販売

3月11日に起きた東北沖地震への復興支援として
ステッカーの販売を行っています。
購入いただいた代金は、日本赤十字社へ募金されます。

詳しい内容については下記を参照下さい。

※※※ 復興支援ステッカーの代理販売ページ ※※※

皆さまのご協力をよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 8日 (日)

義援金なんか出したくない!?

世界最大規模とうたわれた大地震・大津波から
早くも2ヶ月が経とうとしています。

地震で被災され、避難所での生活をしている方や、
原発の影響で避難生活を続けている方がいる中で、
実は、避難されている方と地元住民のトラブルの話も
チラホラ聞こえて来るようになりました。

先日も、執事2号が聞いた話だと、
避難されている方々の横柄な態度に
『義援金なんか出したかないよ!』と言う声もあると耳にしました。

提供される食事が不味いと言う不満や、
遊ぶ所が無い場所での生活に不満を持ち、
村や旅館の所有するマイクロバスがあるのだから、
『送迎して貰って、市内へ観光に行きたい』
と、訴える方もいると聞きました。

旅館での避難生活をしている方の中には、
『酒も出して貰えないし、宴会すら出来ない。

と言う不満を漏らす方もいらっしゃるとか・・・。

あくまでも『聞いただけの話』なので、その信憑性は定かではありませんが、
こう言った話が聞こえて来ると言う事は、
少なからずもトラブルが起きている証拠なのでは?
と、執事は思います。

 

震災で避難所生活されている方々は表立って取り上げられていますが、
原発の影響で避難されている方の生活が取り上げられていなかったり、
あまり表立って公表されている状況ではありません。

家も車も無事であり、自宅に帰れさえすれば元の生活に戻れる。
そんな人達からしてみれば、見知らぬ土地での避難生活は
『不便』 『つまらない』 だけの物かもしれません。

 

けれど、原発で家に帰れない人達に対して、
政府は一時金を出すだけで、この先いつまでこの生活が続くのか、
明確に説明していない現状があります。

避難生活を辞めて、自宅へと帰れる地域の人もいれば、
避難生活を続けなければいけない地域の人もいる。

避難しなければいけない地域に指定されていても、
数百mしか離れていない地域では生活が出来ていたりもする。

そう言った『差別』 『曖昧』 『理不尽』 と思いたくなる状況が続く中で、
避難生活をしている人と地元住民とのトラブルが発生してしまうのは、
ある意味『必然』でしかないし、『当然』だと執事は思います。

 

統率する人間が明確な答えを出せない今の状況で、
避難生活をする人達の『本来の生活』が成り立つのか。

いつまで『避難して来た人』として扱われなければいけないのか。

 

人の心は、無期限で苦悩や苦労と向き合える程、強くありません。

不便・苦悩 などは特に、期限付きなら我慢も出来るけれど、
期限が曖昧、目星すら付かない、期限があるのかないのか・・・
そこが分からないとなると、無気力になったり、
自暴自棄、身勝手になる事がある動物です。

地震発生から2ヶ月が経とうとしている今、
避難所生活をしている方達に1番必要なのは、

『いつかは、きっと・・・』 ではなく
『この日までに、絶対・・・』 という言葉なのではないかと
執事は心の底から思っています。

 

毎日の応援、本当にありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

もし今、執事が避難所生活を始めるとなったとしたらどうするか・・・
考えておかなければいけない事なので、日々考えて答えを出そうとしています。
もちろん、そんな日が来なければいいだけの事なのですが、
来ないとは限らないし、来ると思っている方が心も体も道具も準備が出来ます。
我が家は人間の数以上に動物のいる一家です。
人間が避難しても、動物の避難が出来るとは限らない。
動物をいかに避難させる事が出来るか・・・、そこが最大の論点になっています。
と言っている間に家が揺れる・・・。また余震でしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

日本はいつまでも変わらない?

日本で生まれ、日本に住み、海外旅行さえ行った事のない執事ですが、
今の日本の最大の汚点は『政府』だと思うのは間違ってますか?

自民党だろうが民主党だろうが、フタを開ければ元は同じ。

そもそも、今の民主党員の大半が元自民党。

その自民党に反旗を翻した気分になってはいるけど、
反旗どころか、世論にまで反旗を翻してるんだから元も子もない。

 

温室育ちの、ヌクヌクした場所でお育ちのお坊ちゃま軍団が、
どんなに意気揚々と声を荒げても、雑草育ちの執事にしてみれば

『あんた達の言ってる事は理想論。その理想論を作りあげたのは温室の中。
 温室育ちが雑草程逞しく生きられる様になるのは時間が掛かる。
 年取って温室に慣れ親しんだ物が、雑草になれるはずもない。
 雑草になろうって言うなら、枯れるの覚悟でやりやがれ。

と思い、正直、選挙にすら興味がありません。

まともに投票した事なんて、2~3回しかない執事。

なんでって?『面倒だから』じゃないよ。

『貴重な週末の時間を、くっだらない政府の思惑に潰されてたまるか!』

と思うからだよ。(笑)

 

22歳の時の投票時、投票用紙に
『今の政府に出来る事は何もないと思っている。』
って書いて投票した事がある執事ですが(笑)
あの頃と今の政府は、正直何も変わってない。

それどころか、もっと酷くなっているとしか思えないのです。

 

原発の事故によって避難勧告が出ている方々は、
荷物を取りに帰るどころか、当分の間は故郷にすら帰れなくなった。

それを1ヶ月半も経ってから、申し訳なさそうなフリをして言う政府。

『帰れなくなる事も想定して避難の準備をして下さい』
って、何で言えなかったのか・・・。

 

だって、こうなるのは明らかだったじゃないか・・・。

 

福島第一原発の廃炉が決まったとて、廃炉後はどうするのかすらままならない。

廃炉にして更地にしても、解体されたゴミはどうする。

廃炉になれば、避難している人達は帰れるのか。

 

ゴミの捨て場もない。避難している人も帰れない。

これでは元も子もない。

 

福島第一原発は東京の為に作られた物なんだから、
今まで恩恵を受けていた東京に埋めれば良い。

『いつ放射能が漏れ出すか・・・』
福島の人達は、毎日毎日気掛かりだったに違いない。
その思いを、東京都民もしてみれば良いと思う。

福島第一原発の近隣住民、
原発から10km圏内に住んでいる人が発した言葉です。

 

そもそも、東北電力管内に東京電力所轄の原発がある事自体
おかしな話だよなぁ・・・と、再認識したのはつい最近。

日本で1番人の集まる東京。電力消費だって半端じゃない。

『東京が止まれば日本が止まる』って発言した人もいるけど、
『地方の福島が止まってるのに、東京は別枠なんだ・・・』
と思ったのは私だけじゃあるまい。

確かに東京は日本の主要部分。体で言えば心臓かも知れない。

けれど、その心臓は手足を動かす為にあり、
片手どころか指1本失っても、生活に支障が出るのは当たり前である。

『心臓を守る為には手足を切り落とす』
確かに外科手術ならあり得るが、これは『人間の一生に関る問題』
東京が地方を切り落とす事は得策とは思えない。

 

今の日本の主要部分・東京が動くには電気が必要。
だからこそ計画停電がなされない地域も多い。

でも、ちょっと待って・・・。

本来は、東京こそが計画停電を最優先に行うべきではないのか?

無駄なネオン。外灯。
どんどん消したらいいと思うが、それすら出来ないのか?
どうした都知事。その位の権力を発揮しなされ。

東京でも流れ星が見れた!』って言う位、真っ暗にしてみなさいって。

 

『大人が何人も寄り集まって、その上で出た答えがこれなんかいっ!』
と言う突っ込みをテレビ画面に入れつつ、

『本当の政治家って、今の日本にどのくらいいるんだろう・・・』
と言う疑問が、再燃している執事です。

 

執事の思う『本当の政治家』とは・・・

『国民の為に!』って絶対に言わない人。
国民の為に働くのが政治家。
それをあえて言うのは人気集めでしかないと思われる。

『党の意向は・・・』よりも『人として』と言える人。
政治家は何処かの誰かの代表である。
人の代表として今の地位があるのだから、党よりも人々優先は当たり前。

『これはダメ。それもダメ。』と、即決で結論を出せる人。
政治家は信念を持ち、それを遂行するのが政治家である。
自身の信念が揺るがない物であれば、結論は即答出来てしかるべき。

 

お願いです。田中真紀子議員を総理大臣にして下さい。(笑)

 

オラが村にも福島から越して来た人がいます。
そして、オラが村でもまだまだ迎えられる住宅があります。

田んぼもいっぱい余ってます。休耕田がいっぱいです。
山岳部はまだまだ山もいっぱいあります。

車がなくちゃ生きていけねぇ~群馬だっけんど、どうだんべ?
あんたも群馬に住んでみねぇ~かい?

 

昔、東北訛りの強い御老人と話した時、私には通訳が必要でした。(笑)

でも、郷土の言葉って素敵です。
東京の標準語のつまらない事、つまらない事・・・。

でも、これも年を取ったからこそ思えるんでしょうけどね・・・。

 

遠くで起こった事を、遠くの方で何とかしようと思ったって、
それじゃ~手も足も届きゃぁ~さんねぇ~べ。
政治家っつ~んは、達磨と変わんねぇ~んか?

あんたらが東京で何を参考に決めてんだか知んねぇ~けど、
そんな事の前に、もっとやる事があんべぇ~?

総理大臣だか何だかしんねぇ~けどさ、偉ぇ~人ってのは、
てめぇ~が何したったって、謝りもしねんだもの、
それじゃ~誰も納得しねぇ~さぁ~。

おまけによぅ、誰かの書いた作文読んでるだけだんべ?
んなの、誰も聞きゃぁ~しねぇ~っつ~んさ!

 

と、政府が何かを発言する度に思い、
『くっだらねぇ・・・』と突っ込みを入れている執事でした。

 

日頃の応援、心より感謝してます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

オラが村は只今、次期村長選の選挙活動中。今週日曜日が投票日。
執事2号と話合いましたが、結論は『別に誰でも良いよね・・・』です。(笑)
誰が村長になったって、家の前の危ねぇ~土手を直してくれる訳じゃねぇ~もの。
『うちの裏にある村所有のぶっ壊れた水路を直してくんないと、ウチが水浸しになる!』
っつったって、『予算がなくて・・・』だの『来期の予算編成に上げてみて・・・』だの・・・
『おめ~はよぉ~!』って言いたくなる事ばっかなんだもん。
たっかだか30万の工事をするだけなのに、5年も待たされてんだもん、
村長なんか誰だってかまわねぇ~っつ~んさ!(笑)
淡い期待をすれば後々腹が立つ。だから期待しない事にしました。フンっ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

復興支援ステッカーの代理販売。

復興支援ステッカーの代理販売用が届きました。

 

Img_78971_1

1番左は執事の携帯です。大きさを比べてみて下さい。

1番右の物は、上下で若干デザインが違います。
上の方は長方形、下の物はフラッグの形になっています。
サイズは横が12cm・縦7cm。2枚/1setで1000円です。

真ん中・執事の携帯に貼ってある物は、横4cm・縦2.3cm
5枚で300円になります。

 

販売方法はクロネコメール便・ゆうメールでの配送となります。
配送料金はどちらも180円になります。

また、配送代金についてもお支払い下さいます様よろしくお願い致します。

代金のお支払は、郵便・銀行振込、現金書留でお願い致します。
販売の際は、領収書の代わりとして納品書を発行をします。

購入代金以外にもお金の掛かってしまう事なので、
お猫様好きの方には、執事の作ったキャットニップキッカー(ミニ)を、
オマケで入れさせて頂きますのでお許しを・・・。

購入希望の方は、下記のメールフォームから
希望枚数やお支払い口座の希望などを明記の上、
お問合わせ頂ければと思います。

 

販売利益は日本赤十字社へ義援金として寄付されます。

 

販売から半月ほどで10万円以上の売り上げがあり、
既に第1回目の寄付金の振り込みも完了しました。

先日はバイク・車のイベントでの販売も行いました。

少しずつでも継続して行きたいと思っていますのでご協力お願い致します。

 

直接販売(手渡し)は、キャットショーなどでも行いたいと思っていますので、
ショー会場でお会いした時は、気軽に声を掛けて下さい。

ショー会場へ行く際は、ブログで日程を公表しますので、
そちらをご覧になって、お時間があればご購入頂ければと思います。

 

復興支援ステッカー 購入希望メールフォーム

購入に関してのご質問なども、こちらからお願い致します。

お問合わせ頂いた方には、自動返信メールが届きます。
返信メールが届かない場合は、ご記入頂いたメールアドレスに誤りがある
迷惑メールとして違うフォルダーに配信されている場合があります。

返信メールが届かなかった場合は、再度メールフォームからお問合わせ頂くか、
ブログ内のコメント欄にその旨をご記入下さい。
コメント欄は認証制としているので、本名・メールアドレスを入れて下さい。
本名・メールアドレスの記載がある場合は、
コメント欄での公表は致しませんので、ご安心くださいませ。

それでは、お問合わせお待ちしております。

|

2011年4月 6日 (水)

変えるなら今しかない。

長い人生の中、ターニングポイントはいくらでもある。

『自身を変える』  『会社の方針を変える』

結構な努力と労力が必要な事だけれど、
変えなければ、変わらなければならない時期は、
いつだって、誰にだって必ずやって来る。

 

『東電は悪くない』と発言して炎上したブログもありますが
『東電社員全員が悪い』と言う事じゃないのは明確です。

でも、批判・批難されるのは、そこに勤めている以上
ある意味仕方ないのかな・・・とも思う。

でも、今まで散々お世話になっていたはずなのに、
問題が起こった途端、反旗を翻すのは残念だけどね・・・。

まぁ、毎日電気が当たり前に使える事に対して、
『誰かが作ってるから電気が使えてるんだなぁ・・・』
なんて、誰も思っちゃいないんだろうけどさ。

 

でも、これだけは言えます。(最後まで良く読んでね。)

 

東電社員の大半は、会社の意向に従っているだけで
原発の開発・運営に携わっているのはごく一部の社員です。

福島に住んでいる東電社員全員が
関東圏内の東電社員の全員が、
原発を望んでいる訳ではないと思っています。

東電だけではなく、原発に携っている社員の中にも、
原発に対して疑問を持っている社員がいるのも明らかです。

 

ただ、会社に属しているからには、会社の意向に従わなければいけない。

『意向に疑問があるなら辞めれば良い』
と思うのは浅はかな考えで、生活の為に働いている以上
疑問点を見ない様にしてやり過ごすしかない場合もあるのです。

 

って、こんなこと書いてると、私のブログも炎上するかな?(笑)

 

もう1つ、冷静に考えると疑問点にぶつかります。

電気を使用していたのは、東電から電気を受電している消費者です。

原発がなかったら、今の生活が過去の話になるのも消費者。

そう、私達です。

 

でも、電気を使用している人の中で、原発問題を真摯に考え
賛成・反対の意見を、建設前に称えた人はごく少数のはずです。

日本国民の全員が『原発反対!』と訴え
『安全性が確認出来なければ建設は反対!』と言っていたら、
原発はこんなに多く、短期間で作られたのでしょうか・・・。

 

もちろん、私自身も『反対!』と言った事はなく
『賛成!』と言った事もありません。

正直な話、原発の問題を耳にする事はあっても
『遠くの地域で起きてる話』 『他人事』
の様に思っていた所があります。

けれど、今回の地震の影響で起きた事故の後は、
遠くの地域で起きた事故の話だと思っていても、
放射能の影響や問題が、遠方の各地で起きているのは事実です。

でも、本来であれば、原発で事故が起きた場合を想定して、
自分の住む地域に影響がある事などは、
原発建設前から理解しているべき事ではなかったのでしょうか?

 

原発建設に関る問題で悩んでいる地元の方の事は知っていても、
電気を使う生活をしているのは紛れもない事実。

原発の事故以来、計画停電に不満を唱える人は多くいても、
東電を批判する人は日に日に増えて行くけども、
そう言った人も、電気に関らない人はいない矛盾が生じています。

 

でも、良く考えてみて下さい。

『生活する上で、電気を使わなければいけない』
と言う法律も無ければ、規約も無いのです。

使用するのはあくまでも自由な中で、その便利さに慣れ親しんでしまい、
電気がどうやって作られ、作る際の危険な事などを
我が身の事と思って考えた事のある人は少ないはずです。

そして、毎年の様に需要が増える電気に対して、
環境問題に関る国の政策や、今後の化石燃料の減少を踏まえて
今後も、日本以外でも原子力発電所は世界規模で増幅して行く事でしょう。

『核の平和使用』とうたわれている原発でさえ、
事故が起きれば核爆弾と同じ位の衝撃を人々に与えるのです。

 

電気のない生活は、もはや考えられなくなった今の日本で、
原子力発電所がたった1ヵ所止まっただけの話なのに、

それなのに、放射能の拡散がなかったとしても、
電気が足りないという問題に突き当たってしまう。

でも、今のこの放射能と電気の需要がままならない問題は、
今後も一生、切っても切れない問題となっています。

 

我が家は電気工事業を営んでいますが、
『コンセントにさせば、スイッチを押せば電気は使える』
と言う感覚の顧客がほとんどです。

当たり前の事が出来ないと、みなさん大慌てで連絡が来ます。

その原因が、ブレーカーが上がっていないと言う単純な原因でもです。

文章にすれば簡単に見えますが、
もし今夜、家に帰ったら電気が付かなくなっていたらどうしますか?

計画停電でも無く、自分の家だけ電気が付かなくなっていたら、
皆さんはまず、何をするでしょうか?

スイッチを何度も入切するでしょうし、
下手すれば、玄関の外に出て他のお宅の窓を見る事でしょう。

コンセントを抜き差ししてみたり、
家中の電気が使えないのかと確かめる行動に出るはずです。

でも、それが一生となったらどうしますか?

少々オーバーな話ですが、後3年、計画停電が続くとしたらどうしますか?

 

被災地が復興して行くにつれ、電気の需要はどんどん跳ね上がります。

計画停電を免れている都内の電気は、
そのほとんどを事故の起きた原発から受電しているのですが、
その原発は閉鎖が決定しましたよね?

地震の起こる前、3月10日時点の様な電気の使用方法は
今後、いつまで続くか分かりませんが、
出来ないと思った方が良いのではないでしょうか。

半年先の電気すらままならない状況で、
今まで通りの生活を続けるのは到底無理な話です。

東電を批難するのは自由ですが、
その言葉を、原発の事故で避難している人が
原発で作った電気を使用している人達に向けたとしたら・・・?

 

もちろん私自身も、返す言葉すら見つかりません。

今まで使えるのが当たり前だった電気ですが、
その使い方、電気の特徴、電気を作る方法など・・・

自分が使用する物ですら、今の日本人は余りにも知らな過ぎると思います。

もちろん私も。

 

今後、化石燃料が無くなれば、電気を作る方法は、
風力・水力・地熱・核・太陽光のどれかになります。

発電量を考えると、1番効率が良いのが核だった事から、
日本でも原発は増え続けて来ました。

けれど、原発の増加に関しては、
『電気を必要とする人がいるからこそ作られた物である』
と言う事を、電気を使用する人間が考えなければいけない、
使い方を考えなければいけないターニングポイントに
差し掛かっている事なのではないでしょうか。

 

『原発はいらない』と思っても、電気が要らない訳ではない。

その矛盾点を、国民である私達全員が考え、
その意向を電力会社へ伝え、国も国民も考え、
そして結論を出さなければいけない時期なんだと思います。

何も専門家になる必要はありません。

使用方法を考え、節電しさえすれば良い事ですが
今まで使っていた物を無視して生活し続けるのは、
その環境に慣れた人には、ちょっと無理な事かも知れません。

電球をやめて蛍光灯にする。この際だからLEDにする。
1つの照明で効率良く室内を明るくする方法を考える。

簡単な事なのに、やっていた人は少ない事ばかりです。

 

私自身の考えとしては、原発で作った電気を使用するなら、
自家発電装置を自宅に設置し、なるべく消費電力を抑えたいと考えます。

太陽光に関しても、停電時にもっと使用出来る様に開発が進み、
環境問題と原発問題が同時に解決出来る方法を、
メーカーが『儲け主義』に走らずに開発して貰える事を願ってやみません。

 

今の自分に出来る事を率先して行う。

批難してばかりでは問題が解決されないからこそ、
今後、同じ様な事が起きない様に、日本国民全員が一致団結し、
これからの日本を変えて行かなければなりません。

そして、原発に替わる発電設備が普及する事を祈るばかりです。

 

でもね、ここで間違ってはいけないよ。

『原発反対!』と唱える政治家に、貴重な1票は投じるなかれ。

今の政府に原発に対してどうのこうの言える人間はそうはいない。
と言うか、原発のお陰で良い思いをした政治家しかいないはずです。

本当の意味で『その道のプロ』と呼べる政治家が生まれる事を
執事は
ついでに願っております・・・。

 

東電社員に対しての嫌がらせをしている人もいるそうですが、
論点が違う様に思えるのは私だけでしょうか?

誰かを責めたい気持ちは分かりますが、
自分の投げた礫は、いつかは自分に投げられる事になります。

福島で原発の退避圏内に住んでいる人達にしてみれば、
原発で作っていた電気を使用していた人にこそ、
礫を投げつけたい気持ちなのではないでしょうか。

『福島で作った電気は、福島では使っていない。』

その事をしっかりと見据えて、皆さんも、この最良な機会に
電気の事についても、しっかりと考えてみて下さいね。

 

毎日の応援ありがとうございます!
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

私の祖母が健在だった頃、私はまだ10歳位だったと思いますが、
その頃に、祖母に言われた言葉があります。
『自分の背中は自分じゃ見れぬ。人の振り見て我振り直せ。』と・・・。
地震の後は、この言葉を繰り返し思い出しています。

そして、とある芸人さんが言った言葉が耳に入りました。
『ドリフのコントの中で、自分が投げたボールが後ろから飛んで来て自分の頭に当たるコントがあった。
 アレを見た時に、私はそのコントの内容を、すごくシリアスに捉えた事がある。
 あの瞬間から、私は人を批難する事を辞めようと思った。
 地球は丸い。自分が人を指した指先は、巡り巡って自分の背中に当たる。
 人に投げた礫は、周りまわっていつかは自分の背中に当たるんだよ。
 怖くて人を批難する事なんか出来ね~なぁ~って思ったんだよ。』
これを読んで、私もそうしよう!と思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

復興支援ステッカー。

私の20年来のバイク・車友達が宇都宮にいるのですが、
彼の得意とするカッティング業界でも、
今回の大地震後の復興を応援する為に何か出来ないかと考え
『そこはやっぱり、ステッカーでしょう!』と言う考えに達し
『復興支援ステッカー』なる物が出来上がりました。

 

Power1

Power2 

私個人の意見としては、
募金箱に入れたお金が何に使われるのか、
今の日本では不明のまま、『報告はあっても信頼性に掛ける』と言うのが
募金する側の1番気になる所です。

今回の復興支援ステッカーは、上記のデザインが2枚ずつ
4枚で千円のセットを購入すると、その内の700円が
日本赤十字や、仲間内で行う物資提供の際に使用されると言う事です。

また、瞬間的・一時的に購入者が増大しても、
継続して行かなければ意味のない復興支援ですし、
大量に購入して自身の利益をあげる為に使用されるのは
本来の目的から掛け離れて来る物になってしまいますので、
その辺の趣旨をよく理解して頂きたいと思います。

 

購入に関しては、常夏ファクトリー こちらのページで購入が出来ます。

また、代理販売を出来る様な環境が整いましたら、
執事も代理店として販売促進に協力して行く予定です。

 

彼自身、周囲の人達に支えられてここまで来たと自負している人間で、
20年の付き合いになりますが、その間、自身の進む道を突き進んできた奴です。

『ステッカー作ったり、看板作ったりする趣味が仕事に出来れば・・・』
と言う話を聞いたのは、彼が20歳位の時でした。

それから約15年以上の時間が経ち、彼はその夢を実現するまでになりました。

彼を見た目だけで判断すると『???』と思う所もあるとは思いますが(笑)
中身は真っ直ぐな奴なので、安心して強力して頂ければと思います。

 

そんな『頑張ってる仲間』を支え、協力する為にも宇都宮まで出向いてみました。

まぁ、執事2号の仕事が宇都宮であった事が最大の理由ですが
『北関東自動車道にも乗ってみるか!』と言う好奇心もありぃ~ので
遠路はるばる、宇都宮まで行ってみました。

がしかし、北関東自動車道を使ったら、
群馬の我が家から宇都宮の友人宅まで、キッチリ1時間半でした。

高速に乗っているのはちょうど1時間。
なんとも!宇都宮はご近所さんへ大変身していました。(笑)

 

昔はね、国道50号と新4号をひた走って、
休憩入れながらだと、爆走しても2時間は最低でも掛かったんですよ。

渋滞にはまれば3時間なんて余裕で掛かりましたっけねぇ・・・。
寒い時期にバイクで宇都宮に行くのは、結構しんどかったんですよ・・・。

それがたったの1時間半!時間にして半分ですよ!

驚いちゃうねぇ~。
20年の間でこんだけ環境が変わるんですねぇ・・・。

 

宇都宮と言えば、2月に我が家を卒業した陸・海のお家もあり、
今回の復興支援ステッカーを作った奴とはご近所さん。

同じ回覧板が周って来る位のご近所さんでしたが
執事2号の仕事が決まったのが土曜日の夕方で急だったし、
仕事の時間指定もあったので、お邪魔するのはご遠慮してみました。

 

今回出来上がった復興支援ステッカーは
『今後のショー会場で私が代理販売が出来たら・・・』
なぁ~んて事も考えていますので、
もし見掛けたら、ご協力の程、よろしくお願い致します。

ちなみに、代理販売したとしても、執事の利益は0円ですので、
そこだけはご報告しておきます(笑)

 

毎日の応援、本当にありがとうございます。
にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ 

お帰りの際にポチっと応援よろしくお願いします。

動物の世界でも、被災した動物を保護・支援する為の募金活動が行われています。
ステッカーって、案外気楽に購入出来るし、デザインが豊富だったら選ぶ楽しさもある。
配送するのもメール便や封書で手数料が少なく販売出来ますよね。
募金箱に千円を入れるのはなかなか勇気が必要だけど、買い物だったら気兼ねなく出来る。
購入する事自体が募金に繋がる方が、継続的に出来る可能性が高いと思いました。
野良ちゃんの保護活動なんかにも役立つ方法かも知れません。
執事、今回は本気で考えてみようかと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)